最新の更新

コストパフォーマンスの高さが話題!!貴重なPCOCCを使用した、BJ ELECTRIC製ケーブルの取り扱いを開始しました。

BJ ELECTRICは1991年に、 オーディオ機器メーカー出身の石河信彦氏により設立されました。 現在では生産完了となりましたが、手のひらに乗る様な小型音響機器製品の他、 音響用ケーブルの開発製造および楽器用アンプのモディファイ等を行っています。 今回取り扱いを開始...

2019年7月13日土曜日

7月20日(土)、21日(日)の2日間、オーディオスクェア相模原店で、第3回・Technics Presents・音楽が家族をつなげる『ファミリータイム』を開催します。


オーディオスクェア藤沢店、オーディオスクェア・トレッサ横浜店で開催させて頂いた、
Technics Presents・音楽が家族をつなげる『ファミリータイム』の第3弾を、
オーディオスクェア相模原店で、7月20日(土)、21日(日)の2日間開催させて頂きます。

今回も、お子様やお孫様とご一緒に、
家族全員でアナログレコードや、DJイベントを通じて、
音楽を体で感じて頂けるオーディオイベントを開催します。


今、見直されているアナログレコードを中心としたオーディオ再生の他、
世界で活躍するDJのパフォーマンスを間近にご覧頂けます。
またテクニクスの移動する試聴室『サウンド・トレーラー』も来場します。


オーディオスクェア店内の試聴室では、
テクニクスのトップレンジ製品や、最新モデルの試聴会も開催します。


イベントの詳細は、オーディオスクェア相模原店のブログでご確認ください↓
https://sagamihara-audiosquare.blogspot.com/2019/07/technics-presents_12.html



Technics Presents・音楽が家族をつなげる『ファミリータイム』 in ノジマ相模原本店

開催日 : 2019年7月20日()~21日(
開催場所 : オーディオスクェア相模原店&ノジマ相模原本店
開催時間 : 11:00~19:00 ※会場により開催時間が異なります。




▽△

2019年7月10日水曜日

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

今回は、SACDハイブリッド盤が2タイトル入荷しました。
また、スコット・ハミルトンの『Pure Imagination』も再入荷しています。


※ヴァネッサ・フェルナンデス I Want You (GNR12003) (左) NEW
ファウスト・メッゾレラ TAXIDI (SACD172F) (中央) NEW
スコット・ハミルトン Pure Imagination (SACD205) (右) NEW
SACDハイブリッド盤


まずはシンガポール出身のシンガー、
ヴァネッサ・フェルナンデスの新しいアルバム『I Want You』。
同じくシンガポール出身のシンガー・ジャシンタや、
PREMIUM RECORDレーベル等がお好きな方のおすすめのアルバムです。
マーヴィン・ゲイや、マイケル・ジャクソン、レディオヘッド等のカバーアルバム。

発売元の『Groove Note』は高音質レーベルとしても有名。
収録はSTUDERの24トラック・レコーダーでアナログ録音された後、
バーニー・グランドマンによりDSDマスターが作成されています。


もう1枚は、イタリアを代表するJAZZギタリスト、ファウスト・メゾレッラの、
2017年発売のアルバム『TAXIDI』(現在最新版)がSACDハイブリッド盤で登場です。
ジャケットの雰囲気とは全く違う、繊細なギターの響きをお楽しみください。



ヴァネッサ・フェルナンデス : I Want You NEW
販売価格3,440円(税込)
規格品番 : GNR12003
フォーラム : SACDハイブリッド/輸入盤
レーベル : Groove Note


ファウスト・メッゾレラ : TAXIDI NEW
販売価格3,010円(税込)
規格品番 : SACD172F
フォーマット : SACDハイブリッド/輸入盤
レーベル : Fone


再入荷した、スコット・ハミルトン『Pure Imagination』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2019/06/blog-post_21.html



数量限定となりますので、お早めにお声がけ下さい。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年6月30日日曜日

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

まずは、SACDから。


※ファビオ・ボニッツォーニ、ラ・リゾナンツァ
J.S.バッハ:チェンバロ協奏曲集 Vol.1 (CC72773) (左)
J.S.バッハ:チェンバロ協奏曲集 Vol.2 (CC72800) (中央) NEW
ユリア・フィッシャー、ダニエル・ミュラー=ショット
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 Op.77、ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 Op.102
(KKC6023) (右) NEW
SACDハイブリッド

まずは今月(6月)初旬に入荷した、ファビオ・ボニッツォーニ&ラ・リゾナンツァによる、
バッハのチェンバロ協奏曲全曲録音の第2弾、『J.S.バッハ:チェンバロ協奏曲集 Vol.2』です。
ファビオ・ボニッツォーニはオルガン、チェンバロ奏者。
トン・コープマンに師事した後、自身も古楽器アンサンブル、ラ・リゾナンツァを結成。
2017年よりバッハのチェンバロ協奏曲の全曲録音をスタートしています。
今回の『Vol.2』には、『ブランデンブルク協奏曲』が収録されています。

また『J.S.バッハ:チェンバロ協奏曲集 Vol.1』も再入荷しています。


もう1枚はユリア・フィッシャーによるブラームスのヴァイオリン協奏曲。
2007年に高品位な録音で有名なPentaTone Classicsから発売されたアルバムです。
2016年に新しいジャケットで輸入盤が再販されましたが、
国内流通仕様はしばらく廃盤状態となっていましたが、
フォンからの要望に応え、再登場となりました。



レコードはJAZZが2タイトル入荷です。


※クリフォード・ブラウン Jazz Immortal <限定盤> (MATCH29016) NEW
キャノンボール・アダレイ、ビル・エヴァンス
Know What I Mean? <限定盤> (MATCH29017) NEW
180g重量盤LP

ジャズの名盤のジャケットに、当時活躍した有名カメラマンの写真を使用した、
MatchBall Recordsの新シリーズから2タイトルをご用意しました。

1枚目はクリフォード・ブラウンの『Jazz Immortal』。
1954年に西海岸で活躍するジャズ奏者と録音したアルバム。
ジャケット写真はブルーノートのジャケット写真も手掛けたフランシス・ウォルフ。

2枚目は、キャノンボール・アダレイとビル・エヴァンスによる、
1961年録音の名盤『Know What I Mean?』。
リズムセクションにはM.J.Q.のバーシー・ヒース(b)と、コニー・ケイ(ds)が参加しています。
ジャケット写真は録音時にスティーブ・シャピロが撮影したものを使用しています。



ファビオ・ボニッツォーニ、ラ・リゾナンツァ
J.S.バッハ:チェンバロ協奏曲集 Vol.2 NEW
販売価格2,808円(税込)
規格品番 : CC72800
フォーマット : SACDハイブリッド/輸入盤
収録曲 : J.S.バッハ、チェンバロ協奏曲
 ・ブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調 BWV1050
 ・第6番ヘ長調 BWV1057
 ・第3番ニ長調 BWV1054
 ・フルート、ヴァイオリンとチェンバロのための三重奏曲イ短調 BWV1044
録音 : 2018年9月21日~25日、イタリア、サン・ドナート教会
レーベル : Challenge Classics

『J.S.バッハ:チェンバロ協奏曲集 Vol.1 (CC72773)』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2019/06/blog-post_10.html


ユリア・フィッシャー、ダニエル・ミュラー=ショット
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲、ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 NEW
定価3,000円(税別)
規格品番 : KKC6023
フォーマット : SACDハイブリッド/輸入盤/国内流通仕様
収録曲 : ヨハネス・ブラームス
 (1)ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.77
 (2)ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲イ短調 Op.102
演奏
 ・ユリア・フィッシャー : ヴァイオリン
 ・ダニエル・ミュラー=ショット : チェロ(2)
 ・ヤコフ・クライツベルク : 指揮
 ・オランダ・フィルハーモニック管弦楽団
録音 : セッション録音
 (1)2006年12月、(2)2005年12月、アムステルダム、ヤクルト・ホール
レーベル : King International


クリフォード・ブラウン : Jazz Immortal NEW
販売価格3,218円(税込) 限定盤
規格品番 : MATCH29016
フォーマット : 180g重量盤LP/輸入盤
レーベル : MatchBall Records


キャノンボール・アダレイ、ビル・エヴァンス : Know What I Mean? NEW
販売価格3,218円(税込) 限定盤
規格品番 : MATCH29017
フォーマット : 180g重量盤LP/輸入盤
レーベル : MatchBall Records



数量限定となりますので、お早めにお声がけ下さい。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年6月24日月曜日

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

今回入荷したのは、ビル・エヴァンスの貴重なライブ音源のアナログレコードです。


※ビル・エヴァンス・トリオ
LIVE'80~最後のヨーロッパ~ <完全限定プレス盤> (SCLP4016) 2LP NEW (左)
LIVE’66~北欧の枯葉~ <完全限定プレス盤> (SCLP4015) LP NEW (右)

共にノルウェー放送協会が所有する音源で、
今まではTV用ライブとしての映像作品として、DVDやBlu-rayでのみ、
世に出ていた素材ですが、2016年に初めて公式なCD化をされた音源です。

今回は、ビル・エヴァンス生誕90周年を記念して、
限定プレスでアナログレコード化されました。


ビル・エヴァンス・トリオのベーシストは、
『ワルツ・フォー・デビィ』や『ポートレイト・イン・ジャズ』等に参加した、
スコット・ラファロの交通事故による突然の死(1961年)ののち、
1962年から66年までチャック・イスラエルが務めます。
その後、1978年まで10年以上メンバーとなったエディ・ゴメス(当時21歳)を迎えます。
そのゴメスを伴い北欧遠征を行うのですが、
その際にノルウェーで収録されたライブ音源が『LIVE'66~北欧の枯葉~』です。

もう1枚の『LIVE'80~最後のヨーロッパ~』は、
ビル・エヴァンスが無くなる1ヶ月前の1980年8月9日に、
ノルウェーで行われたライブ音源です。
通称ラストトリオと呼ばれているメンバーで、
ベースはマーク・ジョンソン、ドラムはジョー・ラバーべラが務めています。



ビル・エヴァンス・トリオ
LIVE’66~北欧の枯葉~ NEW
定価4,200円(税別) 完全限定プレス盤
規格品番 : SCLP4015
メンバー
 ・ビル・エヴァンス : ピアノ
 ・エディ・ゴメス : ベース
 ・アレックス・リール : ドラム
録音 : 1966年10月28日、ノルウェー、オスロ、ライブ録音
フォーマット : LP
レーベル : SOMETHING' COOL

LIVE'80~最後のヨーロッパ~ NEW
定価5,800円(税別) 完全限定プレス盤
規格品番 : SCLP4016
メンバー
 ・ビル・エヴァンス : ピアノ
 ・マーク・ジョンソン : ベース
 ・ジョー・ラバーベラ : ドラム
録音 : 1980年8月9日、ノルウェー、モルデ、ライブ録音
フォーマット : LP2枚組
レーベル : SOMETHING' COOL



数量限定となりますので、お早めにお声がけ下さい。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年6月22日土曜日

【展示機導入】プロジェクターを使用したホームシアターをお考えの方の入門AVアンプ、DENON『AVR-X2600H』の展示を再開しました。

プロジェクターを使用したホームシアターをお考えの方に最適な、
HDMI出力を2系統装備したAVアンプのエントリーモデルが『AVR-X2600H』です。
 

※DENON AVR-X2600H DolbyATMOS&DTS:X対応7chアンプ搭載AVアンプ NEW

毎年確実で、効果的なモデルチェンジにより絶えずアップデートされ、
今ではこのクラスを代表する、人気定番シリーズとなっています。


※DENON AVR-X2600H 背面

HDMIは入力8系統、出力2系統で、『eARC』と『ALLM』に対応しています。
デジタル映像コンテンツ著作権保護に関しても『HDCP 2.3』に対応しました。

『eARC』は『Enhanced ARC』の略。従来の『ARC』ではサポートされていなかった、
テレビからAVアンプへの5.1ch、7.1chのリニアPCM信号や、
『Dolby TrueHD』、『DTS-HD Master Audio』等のロスレスオーディオ信号、
『DolbyATMOS』、『DTS:X』等のオブジェクトオーディオ信号の伝送を可能にします。
『ALLM(Auto Low Latency Mode)』はゲーム等で、
音声に対し映像が遅れる『遅延』を低減する技術。
『ALLM』対応のゲーム機およびテレビと接続し、ゲームを楽しむ際に、
テレビのモードを遅延が発生しやすい画質優先モードを、
自動的に低遅延モードに切り替えてくれる便利な機能です。


サラウンドフォーマットに関しては、『DolbyATMOS』、『DTS:X』に対応。
ハイトスピーカーやサラウンドスピーカーを使用せずに、
仮想的な3Dサラウンド再生を可能にする『DTS Virtual:X』に加え、
ファームウェアアップデートにより『DolbyATMOS Height Virtualizer』にも対応予定です。


ネットワーク関連には『HEOSテクノロジー』を搭載し、快適な操作環境を提供しています。
さらに『Amazon Alexa』による音声コントロールにも対応しました。

またマルチルーム再生が可能になると話題の『AirPlay2』にも対応しました。
もちろん『Bluetooth』にも対応。
今回からは受信機能だけでなく、送信機能も追加され(アップデート対応)、
再生中の音声をBluetoothヘッドフォンやスピーカーに送る事も可能になります。


これらの機能アップに加え、今回はパワーアンプ部の電源供給を大幅に見直しました。
従来は7ch分のパワーアンプへの電源供給を1系統で行っていましたが、
今回は電源供給ラインを2系統に分割し、
チャンネル間のクロストーク、S/Nを改善しています。
またパワートランジスタの駆動方式を、
『AVR-X4500H』以上の上位モデルの仕様にする事で、
より見通しが良く、立ち上がりの良いサウンドへと進化させている点にも注目です。



DENON AVR-X2600H DolbyATMOS&DTS:X対応7chアンプ内蔵AVアンプ NEW
定価90,000円(税別)

定格出力 : 95w/ch/8Ω(20Hz~20kHz、THD 0.08%、2ch駆動時)
パワーアンプch数 : 7ch
対応インピーダンス : 4~16Ω
周波数特性 : 10~100kHz(+1、-3dB、ダイレクトモード時)

HDMI入力 : 入力*8系統(フロント*1系統) HDCP2.3、ALLM対応
HDMI出力 : 2系統 HDCP2.3、ALLM (内1系統 / eARC対応)
映像入力 : コンポーネント*2系統、コンポジット*2系統
映像出力 : コンポーネント*1系統、コンポジット*1系統
音声入力
 ・光デジタル入力*2系統
 ・アナログ入力(RCA端子)*4系統
 ・フォノ入力(RCA端子)*1系統 / MM対応
音声出力 : ゾーンプリアウト*1系統、サブウーハープリアウト*2系統
スピーカー出力端子 : 7系統(バナナプラグ対応)
その他出力端子 : ヘッドフォン出力*1系統

無線LAN : Wi-Fi準拠(2.4/5GHz、IEEE802.11a/b/g/n準拠)、MIMO対応
ネットワーク機能
 ・PCM系 : 最大192kHz/24bit(WAV、FLAC、AIFF、ALAC)
 ・DSD系 : 最大5.6MHz
インターネットラジオ : TuneIn(MP3/WMA/AAC)
その他
 ・HEOSテクノロジー搭載
 ・AirPlay2
 ・Blutooth受信、送信対応(送信は固定出力のため、受信側で音量調整が必要)
  ・バージョン : 4.1
  ・対応プロファイル : A2DP 1.2、AVRCP 1.5
  ・対応コーデック : SBC
  ・送信出力 : 2.4GHz帯 / 通信距離 Class1 / 約30m(見通し距離)
 ・AWA、Spotifi、SoundCloud、Amazon Music対応
※AWA、Spotifi等をご利用の際には、各サービスの有料プラン・アカウントが必要になります。
 ・Amazon Alexaによる音声コントロール
チューナー : FM(ワイドバンドFM対応)、AM
サイズ : W434mm*H167mm*D341mm(H237mm・Wi-Fiアンテナを立てた場合)
重量 : 9.5kg




▽△

2019年6月21日金曜日

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

今回はJAZZのSACD。
ハイブリッド盤ですので、通常のCDプレーヤーでもお聴き頂けます(CD層のみ)。


※スコット・ハミルトン Pure Imagination (SACD205) SACD NEW

スコット・ハミルトンは1954年生まれのジャズ演奏家。
17歳の時にテナー・サックスに転向し、ニューヨークに進出(1976年8月)。
当時はフュージョン全盛期でしたが、伝統的な演奏が評価され、
一躍若手テナー・サックス奏者として注目される事になりました。
ハンク・ジョーンズや、アニタ・オディ等有名処との共演を皮切りに、
翌年にはベニー・グッドマンのツアーに参加するなど、
現在を代表するテナー・サックス奏者と言えます。

今回のアルバムは、イタリアのジャズ・ピアニスト、パオロ・ビッロとの、
スタンダードを中心としたデュオ作品です。



スコット・ハミルトン : Pure Imagination NEW
販売価格3,095円(税込)
規格品番 : SACD205
フォーマット : SACDハイブリッド/輸入盤
レーベル : Fone



数量限定となりますので、お早めにお声がけ下さい。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

【展示機導入】薄型だけど本格派。marantzの大ヒットAVアンプの最新モデル『NR1710』の展示を開始しました。

本体の高さが105mmと、AVアンプとしては大変薄型でありながら、
本格的な内容で人気の高いmarantzの『NR1609』がモデルチェンジし、
新たに『NR1710』としてとして登場しました。

デザインがmarantzのHi-Fi製品と共通と言う事もあり、
AVアンプとしてはめずらしいゴールド仕上げもラインナップされています。
そんな事もあり、今回は同社のCDプレーヤー『CD5005』と合わせて、
ゴールド仕上げの方を展示させて頂きました。


※marantz NR1710 DolbyATMOS&DTS:X対応7chアンプ内蔵AVアンプ NEW

このシリーズはAVアンプでありながら、5.1chなどのサラウンドでの使用よりも、
スピーカーをフロントのみに設置して使用している方の割合が多い製品です。

前作『NR1609』も、藤沢店ではステレオ使用の方が圧倒的に多い製品でした。
人気CD/ネットワークレシーバー『M-CR610 Series(現M-CR612)』をお考えの方で、
『TVとの接続が出来ればさらにうれしいのだけれど・・・』と言う方に、
デザインの揃うCDプレーヤーと組合せておすすめしたいです。


今回のモデルチェンジでは、『NR1609』で評価の高かった部分を活かしながら、
機能面のアップと音質向上を目指しています。

サラウンドフォーマットに関しては、
従来の『DolbyATMOS』、『DTS:X』といったオブジェクトオーディオフォーマットの他、
ハイトスピーカーやサラウンドスピーカーを設置していない状況で、
イマーシブオーディオ再生を可能にする、
バーチャル3Dサラウンドテクノロジー『DTS Virtual:X』に加え、
アップデートによる『DolbyATMOS Height Virtualizer』にも対応します。

また、従来デジタル/ネットワーク基板上に配置されていたD/Aコンバーターを、
上位モデル同様に専用基板上に移動する事で、
アナログオーディオ信号へのデジタル系回路の影響を抑えています。



※marantz NR1710 背面

HDMI端子は従来通り、入力8系統の出力1系統と豊富。
デジタル映像コンテンツ著作権保護に関しては『HDCP 2.3』に対応しました。

さらに『eARC』と、『ALLM』にも対応しています。

『eARC』は『Enhanced ARC』の略。従来の『ARC』ではサポートされていなかった、
テレビからAVアンプへの5.1ch、7.1chのリニアPCM信号や、
『Dolby TrueHD』、『DTS-HD Master Audio』等のロスレスオーディオ信号、
『DolbyATMOS』、『DTS:X』等のオブジェクトオーディオ信号の伝送を可能にします。
『ALLM(Auto Low Latency Mode)』はゲーム等で、
音声に対し映像が遅れる『遅延』を低減する技術。
『ALLM』対応のゲーム機およびテレビと接続し、ゲームを楽しむ際に、
テレビのモードを遅延が発生しやすい画質優先モードを、
自動的に低遅延モードに切り替えてくれる便利な機能です。


ネットワーク関連には、ディーアンドエムが展開する『HEOSテクノロジー』を搭載。
様々な音楽をより直感的に楽しむ事が出来るだけでなく、
『HEOS』搭載機器の同時コントロールや、音楽のシェアに対応します。
また『Amazon Alexa』での音声コントロールにも対応しました。

さらに『AirPlay2』にも対応。
iOSデバイスからのApple Musicの再生や、
複数の『AirPlay2』対応機器によるマルチルーム再生にも対応しました。


もちろん『Bluetooth』にも対応。
『NR1710』では新たに『Bluetooth送信機能』も追加され(アップデート対応)、
再生中の音声をBluetoothヘッドフォンやスピーカーに贈る事も可能になります。


定価はこれらの機能アップを果たしながら、
従来の『NR1609』と同じ90,000円(税別)となっています。



marantz NR1710 DolbyATMOS&DTS:X対応7chアンプ内蔵AVアンプ NEW
定価90,000円(税別)

定格出力(20Hz~20kHz) : 50w/ch/8Ω
パワーアンプch数 : 7ch
対応インピーダンス : 4~16Ω
周波数特性 : 10~100kHz(+1、-3dB、ダイレクトモード時)

HDMI入力 : 入力*8系統(フロント*1系統) HDCP2.3、ALLM対応
HDMI出力 : 1系統 HDCP2.3、ALLM、eARC対応
映像入力 : コンポーネント*2系統、コンポジット*3系統
映像出力 : コンポーネント*1系統、コンポジット*1系統
音声入力
 ・デジタル*2系統(同軸*1系統、光*1系統)
 ・アナログ(RCA端子)*3系統
 ・フォノ入力(RCA端子)*1系統 / MM対応
音声出力 : ゾーンプリアウト*1系統、2.2chプリアウト(RCA端子/FL、FR、SW)*1系統
スピーカー出力端子 : 7系統(バナナプラグ対応)
その他出力端子 : ヘッドフォン出力*1系統

無線LAN : Wi-Fi準拠(2.4/5GHz、IEEE802.11a/b/g/n準拠)
ネットワーク機能
 ・PCM系 : 最大192kHz/24bit(WAV、FLAC、AIFF、ALAC)
 ・DSD系 : 最大5.6MHz
インターネットラジオ : TuneIn(MP3/WMA/AAC)
その他
 ・HEOSテクノロジー搭載
 ・AirPlay2
 ・Blutooth受信、送信対応(送信は固定出力のため、受信側で音量調整が必要)
  ・バージョン : 3.0+EDR
  ・対応プロファイル : A2DP 1.2、AVRCP 1.5
  ・対応コーデック : SBC
 ・送信出力 : 通信距離 Class1 / 約30m(見通し距離)
 ・AWA、Spotifi、SoundCloud、Amazon Music対応
※AWA、Spotifi等をご利用の際には、各サービスの有料プラン・アカウントが必要になります。
・Amazon Alexaによる音声コントロール
チューナー : FM(ワイドバンドFM対応)、AM
サイズ : W440mm*H105mm*D378mm(H175mm・Wi-Fiアンテナを立てた場合)
重量 : 8.4kg



展示色の他、AVアンプの定番色ブラックもラインナップされています。


※marantz NR1710 BLACK仕上げ NEW




▽△

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。