最新の更新

アキュフェーズE-800の展示機導入!

アキュフェーズ50周年記念モデル、 超弩級の純A級動作プリメインアンプE-800の 展示機をついに導入しました! アキュフェーズ主催の試聴会も大盛況で、 皆さま熱心に聴いて頂くことができましたが、 今後は試聴室にて、 じっくりとご試聴いただくことができます。 お客...

2019年5月30日木曜日

【期間限定デモ】Phasemationの最上位MCカートリッジ『PP-2000』と、左右独立型の真空管フォノイコライザー『EA-1000』を期間限定でご用意しました。

Phasemationの最上位MCカートリッジ『PP-2000』と、
左右独立筐体を採用した、こちらも最上位真空管フォノイコライザー『EA-1000』を、
今週末と短いですが期間限定でご用意しました。


※Phasemation PP-2000 MCカートリッジ

ごそん時の通りフォノイコライザー『EA-1000』は、電源も別筐体ですが、
今回は電源部『PS-1000』をもう1台ご用意して、
電源部も左右独立でデモンストレーションさせて頂きます。


※Phasemation EA-1000 左右独立、電源部独立真空管フォノイコライザー
PS-1000 EA-1000用追加電源ユニット

またMCカートリッジは『PP-2000』の弟モデルですが、
それでも高級機である『PP-1000』も、期間限定でご用意しています。


※Phasemation PP-1000 MCカートリッジ


『PP-2000』は従来の最上位モデルであった『PP-1000』を超えるべく開発されたモデル。
より沈み込む低音域と、密度感のある中音域が特徴。
太さとエネルギー感をより感じさせながらも、ディテール表現の優れています。
広い空間表現だけでなく、音色の豊かさも魅力的で、さすが上位モデルと言ったところ。

ところが『PP-1000』を、PS-1000を増設したEA-1000で聴くと、
まるで音量が上がったかのような、エネルギー感あふれるサウンドに変身。
音の実在感が1ランク以上アップします。

贅沢な話ですが、『PP-1000』(もしくはPhasemationの弟MCカートリッジ)と、
『EA-1000』を既にお持ちの方であれば、
ぜひ『PS-1000』を追加して頂きたいと思う、魅力的な変化をご体験頂けます。


6月3日(月)までの、期間限定デモンストレーションとなります。


また、Phasemationのバランス伝送用フォノケーブル『CC-1000D』もご用意して、
『EA-1000』に搭載されるMC用昇圧トランスとの、バランス伝送も行っています。



Phasemation
PP-2000 MCカートリッジ
定価440,000円(税別)

発電方式 : ムービングコイル(MC)式
インピーダンス : 4Ω
適正針圧 : 1.7~2.0g
出力電圧 : 0.3mV(1kHz 50mm/s 水平方向)以上
コンプライアンス : 8.0*10(e-6)cm/dyne
再生周波数範囲 : 10Hz~30kHz
セパレーション : 30dB以上(1kHz)
チャンネルバランス : 1dB以内(1kHz)
スタイラスチップ : ダイヤモンド(ラインコンタクト/曲率0.03*0.003mm)
カンチレバー : Φ0.26mm、ボロン無垢
コイル線材 : 6N無酸素銅
自重 : 14.3g


PP-1000 MC型カートリッジ
定価320,000円(税別)

形式 : ムービングコイル(MC)型
インピーダンス : 4Ω
適正針圧 : 1.7g~2.0g
出力電圧 : 0.29mV(1kHz 50mm/s 水平方向)以上
コンプライアンス : 8.0*10(e-6)cm/dyne
再生周波数範囲 : 10Hz~30kHz
セパレーション : 30dB以上(1kHz)
チャンネルバランス : 1dB以内(1kHz)
スタイラスチップ : ダイヤモンド(ラインコンタクト/曲率0.03*0.003mm)
カンチレバー : Φ0.26mm、ボロン無垢
コイル線材 : 6N無酸素銅
自重 : 14.3g


EA-1000 MC対応真空管フォノイコライザー
定価900,000円(税別)

方式 : 無帰還管球式CR型
入力感度 : MM/2.3mV、MC Low/0.09mV、MC High/0.22mV
適合カートリッジインピーダンス : MM/47kΩ以下、MC Low/10Ω以下、MC High/10Ω以上
利得 : MM/39dB、MC Low/67dB、MC High/59dB
最大許容入力 : MM/250mV、MC Low/11mV、MC High/25mV
定格出力電圧 : 200mV(1kHz)
RIAAカーブ偏差 : ±0.3dB(20Hz~20kHz)
サイズ
・増幅部 : W210mm*H103mm*D347mm(1台)
・電源部 : W210mm*H103mm*D333mm
重量
・増幅部 : 4.5kg(1台)
・電源部 : 7kg

PS-1000 EA-1000専用追加強化電源 ※EA-1000の電源部の、単体販売です
定価320,000円(税別)

直熱整流管5U4G採用
Rコアトランス採用
チョークトランス搭載
サイズ : W210mm*H103mm*D333mm
重量 : 7kg




▽△

2019年5月28日火曜日

イギリス・Harbethの主要モデルが、8月1日(木)受注分より値上げされます。

イギリス・Harbethの主要モデルが、8月1日(木)受注分より値上げされます。

Harbethは、BBCでスピーカー開発を行っていた中心人物の1人、
ダッドリー・ハーウッド氏により1977年に創業されました。
通称BBCモニターと呼ばれるスピーカーを基本としたエンクロージャー設計と、
オリジナル技術によるユニットを組み合せた、繊細で端正でありながら、
どこか懐かしさを感じさせるサウンドにより、多くのファンを持つブランドです。

製品数は少なめですが、発表された製品のほとんどがロングランを続けるなど、
時代を超える完成度と普遍性を持つ製品を提供しています。


今回価格改定が行われるのは、スピーカー4モデルと、
それらの専用スタンド3モデルとなります。


8月1日(木)以降の定価は、以下の様になります。
現行価格→改定価格、全てペア、税別での表記となります。

HL-P3ESR : 290,000円 → 340,000円
HL Compact7ES-3 : 396,000円 → 460,000円
Monitor 30.1 : 540,000円 → 620,000円
Super HL5 Plus : 600,000円 → 690,000円

専用スタンド
HSS-7C(HL Compact7ES-3用) : 68,000円 → 72,000円
HSS-30C(Monitor 30.1用) : 80,000円 → 84,000円
HSS-5(Super HL5 Plus用) : 68,000円 → 72,000円


詳細はHarbethの輸入代理店、M-plus Conceptのホームページでご確認下さい。
https://www.mplusconcept.com/news



オーディオスクェア藤沢店では、BBCモニターの代表格『LS3/5A』の流れを汲む、
小型密閉型スピーカー『HL-P3ESR』をお聴き頂けます。


※Harbeth HL-P3ESR ブックシェルフ型スピーカー

ご購入をお考えの皆様は、お早めにお声がけ下さい。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年5月27日月曜日

DENONの主要レコードプレーヤーとMCカートリッジが、6月21日(金)受注分より値上げされます。

DENONの主要レコードプレーヤーとMCカートリッジが、
6月21日(金)受注分より値上げされる事となりました。

ご購入をご検討の皆様は、お早めにお声がけ下さい。


レコードプレーヤーは、DENONの最上位モデル『DP-1300MK2』をはじめ、
ロングランを続ける主要5モデルが対象となります。


※DENON DP-1300MK2 ダイレクトドライブ式レコードプレーヤー

MCカートリッジは全5モデルが対象。
針交換価格も同時に改定となります。


※DENON DL-103 MCカートリッジ

6月21日(金)以降の定価は、以下の様になります。
現行価格→改定価格、全て税別での表記となっています。

レコードプレーヤー
・DP-1300MK2 : 200,000円 → 220,000円
・DP-500M : 85,000円 → 93,500円
・DP-300F(K/SP) : 43,000円 → 47,300円
・DP-200USB(K/SP) : 30,000円 → 33,000円
・DP-29F(K/SP) : 14,500円 → 15,950円

MCカートリッジ
・DL-103 : 35,000円 → 41,600円
・DL-103R : 42,000円 → 50,000円
・DL-301Ⅱ : 38,000円 → 44,800円
・DL-110 : 24,000円 → 27,900円
・DL-102 : 27,000円 → 32,100円

針交換価格(パーツ扱いの為お値引等はございません)
・DL-103針交換 : 22,800円 → 27,000円
・DL-103R針交換 : 27,295円 → 33,000円
・DL-301Ⅱ針交換 : 24,695円 → 29,000円
・DL-110針交換 : 15,600円 → 18,000円
・DL-102針交換 : 17,600円 → 21,000円


詳細はDENONのホームページでご確認ください。
https://www.denon.jp/jp/news/news/1968




▽△

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。その2。

先日のジャズのアナログレコードのご紹介に続き、
今週入荷したその他のジャンルの、おすすめソフトのご紹介をさせて頂きます。


まずは、オーディオ・ファンのリファレンス音源としても人気の高い、
高音質な作品を多く発表しているシンガー・藤田恵美の、
最新作『camomile colors』のアナログレコード盤から。


※藤田恵美 / camomile colors <限定プレス盤> (HDI-10001) NEW

前作『camomile smile』から9年、
ベスト盤の『comomile Best Audio2』からも3年ぶりとなる、シリーズの最新作です。
今回は、シリーズ初となるアナログレコードが限定でプレスされました。
『close to you』、『you raise me up』、『someday』等、有名曲のカバー集です。


クラシック2タイトルのアナログレコードも入荷しています。


※ヒラリー・ハーン / アントン・ガルシア・アブリル:6つのパルティータ
(4834778) 180g重量盤LP NEW
アリソン・バルサム / サウンド・ザ・トランペット <限定盤>
(9029546017) 180g重量盤LP/2枚組 NEW

ヒラリー・ハーンの『アントン・ガルシア・アブリル:6つのパルティータ』は、Decca移籍第2弾。
彼女自身が作曲家に委嘱し、彼女の為のに書かれた曲の、初の全曲録音となります。
2016年の来日公演では、この中の2曲を演奏したとの事です。
今回はレコードのみでの発売となります。

もう1枚は、女流トランペット奏者の中でも人気の高いアリソン・バルサムの、
2012年発売の『サウンド・ザ・トランペット』の限定アナログレコードです。
イギリス・バロック音楽の有名作曲家の作品の主旋律をトランペットで演奏しています。
イングリッシュ・コンサートとの共演という事もあり、
ピストン無しのバロック・トランペットで演奏している点にも注目です。



藤田恵美 : camomile colors NEW
定価4,167円(税別) 限定プレス盤
規格品番 : HDI-10001
フォーマット : LP
レーベル : HD Impression


ヒラリー・ハーン : アントン・ガルシア・アブリル:6つのパルティータ NEW
販売価格3,297円(税込)
規格品番 : 4834778
フォーマット : 180g重量盤LP/輸入盤
収録曲 : アブリル : 無伴奏ヴァイオリンのための6つのパルティータ
録音 : アメリカ、ロセル、Gore Recital Hall / 2017年6月28日~30日
レーベル : Decca


アリソン・バルサム : サウンド・ザ・トランペット NEW
販売価格3,384円(税込) 限定盤
規格品番 : 9029546017
フォーマット : 180g重量盤LP/2枚組/輸入盤
演奏
 ・アリソン・バルサム / バロック・トランペット
 ・イングリッシュ・コンサート
指揮 : トレヴァー・ピノック
収録曲
 ・ヘンデル : 組曲ニ長調(「水上の音楽」より)他
 ・パーセル : 『アーサー王』組曲他
録音 : 2012年4月
 ・ハムステッド、St Jude-on-the-hill
 ・ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール
レーベル : Warner Classics



数量限定となりますので、お早めにお声掛け下さい。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年5月26日日曜日

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。その1。

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。
今週は入荷タイトルが多かったので、2回に分けてご紹介させて頂きます。


1回目は、JAZZのアナログレコードのご紹介です。
まずはお馴染みになった、Jazz Imagesのシリーズから5タイトルをご用意しました。
オリジナル・ジャケットではなく、録音当時に活躍した写真家による、
貴重なジャズメン達の写真をアルバムカバーに採用したシリーズです。
今回の5タイトルは、ブルーノートのジャケット写真で有名な、
フランシス・ウォルフ(Francis Wolff)の作品を使用しています。


※Donald Byrd、Herbie Hancock / Royal Flush <限定盤> (JIMLP37140)
Miles Davis / Cookin' <限定盤> (JIMLP37146)
Grant Green / Grant's First Stand <限定盤> (JIMLP37159)
Jimmy Smith(Organ) / Bashin' <限定盤> (JIMLP37176)
Stanley Turrentine / Look Out! <限定盤> (JIMLP37178)
左上より右下へ 全て180g重量盤LP NEW

1枚目は、トランペット奏者ドナルド・バード、1961年のリーダー作『Royal Flush』。
1960年前後アート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズで活躍した奏者です。
アルバムにはバードが見出した、当時20歳のハービー・ハンコックが参加。
ハンコックはこのアルバムを足掛かりに、マイルス・ディヴィスのバンドに参加する事になり、
その後の時代を代表するピアニストと飛躍して行きます。

2枚目は、マイルス・ディヴィス、1957年発売の『Cookin’』。
プレスティッジ・レコードから最後に発売された、
通称『マラソン・セッション』4部作の1枚目です。
※『マラソン・セッション』とは、マイルスがプレスティッジ・レコードからコロムビア・レコードへ移籍する際に、
プレスティッジとの『LP4枚を作成する』と言う契約を履行する為に、
たった2日間の2回のセッションで4枚分の録音を行った事に由来するものです。
殆どの曲がワンテクで録音されたと言う、奇跡の様な録音であるのと同時に、
このセッションから作成されたアルバム4タイトルが、マイルスの代表作揃いと言う事でも有名です。
特に1曲目の『My Funny Valentine』が有名です。

3枚目は、ブルーノートを代表するジャズ・ギタリスト、
グラント・グリーン1961年発売の、初リーダー作で代表作の『Grant's First Stand』。

4枚目は、ハモンド・オルガンの名手ジミー・スミス、
1962年ヴァーブより発売された『Bashin'-The Unpredictable Jimmy Smith』。
ソウル・ジャズと呼ばれるスタイルを確立し、活躍した奏者です。
A面がビックバンド演奏、B面がトリオ演奏と大きく変わるのも特徴です。

最後は、サックス奏者スタンリー・タレンタイン、1960年発売の『Look Out!』。
タレンタインは、ジミー・スミスとともにソウル・ジャズを確立した奏者としても有名ですが、
このアルバムはピアノ・トリオ(ホレス・パーラン・トリオ)をバックに演奏をしています。


ジャズのレコードは、もう3タイトル。


※Oscar Peterson Trio / We Get Requeste (7708989) LP NEW
Thelonious Monk、Jhon Coltrane / With Jhon Coltrane <限定盤>
(JWR4595) 180g重量盤LP NEW
Miles Davis / Bags' Groove (WAX772267) 180g重量盤LP NEW

まずは、モダン・ジャズの入門アルバムとして高い人気を誇る、
オスカー・ピーターソン・トリオ、1964年発売の『We Get Requests』。
録音当時、アメリカで人気のあった曲『イパネマの娘』や『酒とバラの日々』等を中心に、
オリジナル曲等も収録された、親しみやすさが人気のアルバムです。
原曲から大きく離れる事の無いアレンジであり、
初心者にもジャズの楽しみを伝えてくれる名盤です。

2枚目は、ジャズ・ピアノの巨人セロニアス・モンクと、
ジャズ・サックスの巨人ジョン・コルトレーンの共演、1961年発売の『With Jhon Coltrane』。
録音自体は、1957年に行われています。
ちょうどコルトレーンが、マイルス・デイヴィスのグループを脱退した直後となります。
またコルトレーンが麻薬中毒を克服し、
彼の才能を高く評価していたモンクの下で再出発するとともに、
彼の指導の下ジャズ・テナーの巨人へと大きく躍進する時期にあたります。
その後コルトレーンは、1958年にマイルスのバンドへ再加入。
ジャズの歴史の中でも屈指の名盤『カインド・オブ・ブルー』の収録に参加します。

最後は、マイルス・デイヴィス、ソニー・ロリンズ、セロニアス・モンクと、
ジャズ界の巨人が名を連ねる1957年発売の『Bags' Groove』。
録音は1954年で、12月24日のセッション録音に、同年6月のセッション録音を加えた、
コンピレーションアルバム的な内容となっています。



Donald Byrd、Herbie Hancock : Royal Flush+1 NEW
販売価格2,365円(税込) 限定盤
規格品番 : JIMLP37140
フォーマット : 180g重量盤LP/輸入盤
レーベル : Jazz Images
 
 
Miles Davis : Cookin'+2 NEW
販売価格2,365円(税込) 限定盤
規格品番 : JIMLP37146
フォーマット : 180g重量盤LP/輸入盤
レーベル : Jazz Images
 
 
Grant Green : Grant's First Stand+2 NEW
販売価格2,365円(税込) 限定盤
規格品番 : JIMLP37159
フォーマット : 180g重量盤LP/2枚組
レーベル : Jazz Images
 
 
Jimmy Smith(Organ) : Bashin'+2 NEW
販売価格2,365円(税込) 限定盤
規格品番 : JIMLP37176
フォーマット : 180g重量盤LP/輸入盤
レーベル : Jazz Images
 
 
Stanley Turrentine : Look Out!+1 NEW
販売価格2,365円(税込) 限定盤
規格品番 : JIMLP37178
フォーマット : 180g重量盤LP/輸入盤
レーベル : Jazz Images
 
 
Oscar Peterson Trio : We Get Requeste NEW
販売価格3,009円(税込)
規格品番 : 7708989
フォーマット : LP/輸入盤
レーベル : Verve
 
 
Thelonious Monk、Jhon Coltrane : With Jhon Coltrane+1 NEW
販売価格2,822円(税込) 限定盤
規格品番 : JWR4595
フォーマット : 180g重量盤LP/輸入盤
レーベル : Jazz Wax Records


Miles Davis : Bags' Groove+1 NEW
販売価格2,822円(税込)
規格品番 : WAX772267
フォーマット : 180g重量盤LP/輸入盤
レーベル : Wax Time



全て数量限定となりますので、お早めにお声がけ下さい。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年5月25日土曜日

【期間限定デモ】Dynaudioの新シリーズ『Evoke Series』の、ブックシェルフ型スピーカー『Evoke 10』を期間限定でご用意しました。

デンマーク・Dynaudioからこの春、新たに登場した新シリーズ『Evoke Series』の、
ブックシェルフ型スピーカー『Evoke 10』を期間限定でご用意しました。


※Dynaudio Evoke 10 ブックシェルフ型スピーカー NEW

上位モデルにあたる『Focus Series』(日本未導入のアクティブ型スピーカー)や、
Dynaudioの40周年記念モデル『Special Forty』の技術を継承した、
ミドルクラスの製品で、Dynaudioの新しいエントリーモデルです。

搭載されるツィーターは、『Special Forty』の『Esotar Tweeter』と、
高級機『CONFIDENCE Series』の『Esotar3 Tweeter』をベースに、
新規開発された『Cerotar Tweeter』が採用されています。

ツィーターの振動板は、28mm径のソフトドーム。
振動板の内側に『Hexisインナードーム』を配置する事で、
ツィーター背面の気流の流れをコントロールしています。
『Hexisインナードーム』は、『CONFIDENCE Series』に採用された、
『Esotar3 Tweete』に初めて採用された、Dynaudioの最新技術です。

ウーハーは『Focus Series』に採用された『Esotec+ Woofer』を搭載しています。
振動板にはDynaudioが、長く研究開発を続ける、
『MSP(ケイ酸マグネシウム・ポリマー)』を採用しています。


エンクロージャーの形も、より上位モデルに近づきました。


※Dynaudio Evoke 10 上面

Dynaudioのこのクラスのエンクロージャーは、シンプルな四角に近い形状でしたが、
より後方を絞り、平行面を無くした形状が採用されています。
『Special Forty』等、上位モデルのエッセンスを、
ユニット以外にも積極的に採用しています。


5月25日(土)より6月3日(月)までの、期間限定デモンストレーションとなります



Dynaudio Evoke 10 ブックシェルフ型スピーカー NEW
定価210,000円(ペア/税別)

形式 : 2Way・バスレフ型
搭載ユニット
 ・ウーハー : 140mm MSPコーン型*1基
 ・ツィーター : 28mm Cerotayソフトドーム型(Hexis装着)*1基
能率 : 84dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 6Ω
周波数特性 : 47Hz~23kHz(±3dB)
クロスオーバー周波数 : 1,400Hz
サイズ : W180mm*H315mm*D266mm(D277mm/グリル装着時)
重量 : 6.7kg




▽△

2019年5月20日月曜日

6月20日(木)に、ESOTERIC『名盤復刻シリーズ』のSACDソフト、通常盤2タイトルとBOX1タイトルの計3タイトルが発売となります。

ESOTERICの『名盤復刻シリーズ』のSACDが、6月20日(木)に発売となります。

今回は普段と違い、通常盤2タイトルと、
3枚組のBOX1タイトルの、計3タイトルの同時発売となります。


まずは通常盤。

1枚目は、クラウディオ・アバド指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏による、
ブラームスのハンガリー舞曲集(全曲)です。


※ESOTERIC 『ブラームス:ハンガリー舞曲集(全曲)』 (ESSG-90200) NEW

(アバド以前の)巨匠と呼ばれる指揮者の多くが持つ『伝統的』と言う雰囲気に対し、
『革新的』と言う言葉が似合うアバドが50歳代を迎え、
有能な指揮者から、時代を代表する指揮者へと昇り詰めていく時期である、
『充実の80年代』のスタートを告げるとともに、アバドを代表するアルバムの一つです。

『ハンガリー舞曲』は、もともとピアノ連弾に作曲され、大変な人気を誇りました。
その後ブラームス本人(行ったのは3曲)も含め、多くの人々により、
オーケストラ用(管弦楽版)に編曲されてきました。
この全集でも、ブラームスの手による第1番、第3番、第10番をはじめ、
合計7名によるオーケストラ用編曲を使用して演奏、録音が行われています。

録音が行われた時期は、ちょうどブラームスの生誕150周年にあたりました。
ドイツ・グラモフォンが威信をかけて企画した『ブラームス大全集』の中の、
目玉の新録音として、レーベル初のオーケストラによるハンガリー舞曲の全曲録音であり、
ウィーン・フィルとしても全曲録音は初めてという意味でも貴重な盤となりました。
※ウィーン・フィルにとっては、現在に至るまででも、唯一の全曲盤となっています。


通常盤のもう1枚は、ミッシャ・マイスキー(チェロ)による、
シューベルトのアルペジオーネ・ソナタと、
シューベルトの幻想小曲集&民謡風の5つの小品です。


※ESOTERIC
『シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ&シューマン:幻想小曲集/民謡風の5つの小品』
(ESSD-90201) NEW

ミッシャ・マイスキーは旧ソ連出身のチェリスト。
17歳で全ソビエト連邦音楽コンクール優勝するなど才能を認められながらも、
家族の亡命により反体制的人物とみなされ、強制収容所での生活を強いられたりしました。
多くの苦難を乗り越えて、24歳で国外移住を認められ渡米し、本格的な活動を開始しました。
その後マルタ・アルゲリッチと出会い、共演、録音を数多く行っていきます。

今回のアルバムは、マイスキーの名を世界的に有名にした、
1980年代初期の代表的なアルバムの1枚です。
アルゲリッチと共演をしており、2人の個性が互いを高め合い、
素晴らしいアンサンブルを奏でているアルバムとして、高い評価を得ています。



従来は発売時期がずれるBOXも、今回は同時発売です。

こちらは、ハイドンの交響曲集。


※ESOTERIC 『ハイドン:交響曲集』 (ESSD-90202/04) SACD3枚組BOX NEW

指揮はフランス・ブリュッヘン。
リコーダー奏者としてキャリアをスタートし、次第に古楽器の演奏家へと移行。
1980年代からピリオド楽器(古楽器、オリジナル楽器)のオーケストラ、
18世紀オーケストラを結成し、指揮者として活躍しました。

第二次世界大戦以後、おもにヨーロッパでバロック音楽の演奏が盛んになります。
もちろん最初はモダン楽器による演奏で行われましたが、
徐々に作品が作曲されていた時代と同時代の楽器、
ピリオド楽器での演奏が注目されるようになります。

特に1970年代はピリオド楽器を主体としたオーケストラが設立され、
18世紀オーケストラも、それらの流れの中で生まれたオーケストラでした。
名前の通りレパートリーは、バッハを筆頭とするバロック音楽から、
ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン等古典派音楽までの『18世紀の傑作に限定』し、
さらに、活動の中心はコンサートと言う他には無い特徴を持ったオーケストラです。

今回は彼らの得意とするハイドンの交響曲から、『驚愕』や『時計』、『ロンドン』と言った、
愛称で呼ばれる作品を中心に8曲が選ばれています。
ベートーヴェン以降は交響曲そのものと、それらを演奏するオーケストラの規模が、
どんどん大きくなりましたが、ハイドンの時代は、まだまだそれぞれがコンパクトな時代。
現代のコンサートでは第1部で、さらりと演奏されてしまう事もある曲ですが、
それらをプログラムのメインとして捉え、向い合い、演奏してきたからこその、
充実した演奏をぜひ楽しんで頂きたい名盤と言えます。



ブラームス:ハンガリー舞曲集(全曲) NEW
定価3,611円(税別) 6月20日(木)発売予定

指揮 : クラウディオ・アバド
演奏 : ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
品番 : ESSG-90200
仕様 : SACDハイブリッド
収録曲 : ハンガリー舞曲・全21曲
オーケストラ編曲
 ・ヨハネス・ブラームス : 第1番、第3番、第11番
 ・ヨハン・アンドレアス・ハレン : 第2番
 ・パウロ・ユオン : 第4番
 ・マルティン・シュメリング : 第5番~第7番
 ・ハンス・ガル : 第8番、第9番
 ・アルバート・パーロウ : 第11番~第16番
 ・アントニン・ドヴォルザーク : 第17番~第21番
録音 : ウィーン、ゾフィエンザール / 1982年4月5日、6月1日~2日
レーベル : Deutsche Grammophon


シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ
シューマン:幻想小曲集/民謡風の5つの小品 NEW
定価3,611円(税別) 6月20日(木)発売予定

演奏 : ミッシャ・マイスキー(チェロ)、マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
品番 : ESSD-90201
仕様 : SACDハイブリッド
収録曲
 ・シューベルト : アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D.821
 ・シューマン
  ・幻想小曲集 作品73
  ・民謡風の5つの小品 作品102
録音 : スイス、ラ・ショー・ド・フォン、サル・ド・ムジーク / 1984年1月7日~10日
レーベル : PHLIPS(DECCA)


ハイドン:交響曲集 NEW
定価10,833円(税別) 6月20日(木)発売予定

指揮 : フランス・ブリュッヘン
演奏 : 18世紀オーケストラ
品番 : ESSD-90202/04
仕様 : SACDハイブリッド盤/3枚組
収録
 ・DISC1
  ・交響曲第88番《V字》
  ・交響曲第92番《オックスフォード》
  ・交響曲第94番《驚愕》
 ・DISC2
  ・交響曲第96番《奇跡》
  ・交響曲第100番《軍隊》
  ・交響曲第101番《時計》
 ・DISC3
  ・交響曲第103番《太鼓連打》
  ・交響曲第104番《ロンドン》
録音
 ・ユトレヒト、フレーデンブルフ音楽センター
  ・交響曲第88番 : 1988年11月
  ・交響曲第92番 : 1995年1月29日~31日
  ・交響曲第96番 : 1993年5月
  ・交響曲第100番 : 1990年6月
  ・交響曲第104番 : 1990年10月
 ・ユトレヒト、フレーデンブルフ音楽センターおよびナイメヘン、コンサートホール
  ・交響曲第94番 : 1992年3月
 ・アムステルダム、コンセルトヘボウ
  ・交響曲第101番 : 1987年11月
 ・ナイメヘン、コンサートホール
  ・交響曲第103番 : 1987年11月
レーベル : PHLIPS(DECCA)


全て数量限定となります。



ご予約受付を開始しました。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年5月17日金曜日

【期間限定デモ】MYTEK Digitalの最上位USB-DAC『Manhattan DACⅡ』を期間限定でご用意します。

アメリカ、ニューヨークを本拠地とするプロ用レコーディング機器メーカー、
MYTEK Digitalの高性能USB-DAC『Manhattan DACⅡ』を期間限定でご用意します。

同社のD/Aコンバーター、A/Dコンバーターは多くのスタジオで使用されており、
特に現行モデルは『MQA』のフルデコードに対応している事で、注目されています。

それらの製品のトップとなるモデルが『Manhattan DACⅡ』。


※MYTEK Digital Manhattan DACⅡ USB入力対応D/Aコンバーター

『MQA』に関しては、認証取得済ハードウェアMQAデコーダーを内蔵しており、
最大384kHzまで展開するフルデコードに対応しています。
また『MQA』に関しては、PCからのUSB入力だけでなく、
通常のCDプレーヤーからのデジタル入力(同軸等)にも対応しており、
『MQA-CD』をそのまま再生、フルデコードできる、実質唯一の方法と言えます。

USB-DACとしても高性能。
DACチップには、ESS社製の『ES9038PRO』を採用し、
PCM系・最大384kHz/32bit、DSD系・最大11.2MHzまで対応しています。

機能面も充実しており、アナログ出力に関してはボリューム調整が可能。
アナログ入力も装備されており、プリアンプとしても使用可能です。
また入力されたアナログ信号をPCに取り込む為の、
オーディオインターフェイスとしての機能も搭載されています。



5月18日(土)から20日(月)までの期間限定デモンストレーションとなります
大変短い期間ですが、ぜひご来店、ご試聴ください。



MYTEK Digital Manhattan DACⅡ USB-DAC
定価オープン 輸入元想定販売価格780,000円(税別)前後

デジタル入力
 ・USB-B端子*1系統 : PCM系・最大384kHz/32bit、DSD系・最大11.2MHz
 ・同軸*3系統 : PCM系・最大192kHz、DSD系・最大5.6MHz(DoP)
※SDIF-3入力(S/PDIF2、3入力同時使用)*1系統 : DSD系・最大11.2MHz
 ・光*1系統 : PCM系・最大192kHz、DSD系・最大2.8MHz(DoP)
 ・AES/EBU(XLR)*1系統 : PCM系・最大384kHz、DSD系・最大5.6MHz(DoP)
MQAデコーダー : 認証取得済みハードウェアMQAデコーダ / PCM最大384kHz/32bit
アナログ入力
 ・RCA端子*2系統(内1系統オプションのフォノ・カード搭載可能)
 ・XLR端子*1系統
ワードクロック入出力 : 各1系統
アナログ出力 : RCA端子、XLR端子*各1系統
ヘッドフォン出力 : 2系統(バランス駆動対応)
サイズ : W432mm*H50mm*D267mm
重量 : 8kg


※MYTEK Digital Manhattan DACⅡ 背面




▽△

2019年5月16日木曜日

【期間限定デモ】McIntoshのSACDプレーヤー『MCD600』と、セパレートSACDプレーヤー『MCT500』&『D150』を、今週末から期間限定でご用意します。

海外ブランドの中では、おそらく最も積極的にSACDプレーヤーの開発を行っている、
McIntoshのSACDプレーヤー2モデルを、期間限定でご用意します。


まずは一体型モデル『MCD600』。


※McIntosh MCD600 SACDプレーヤー NEW

『MCD600』はステレオ専用プレーヤー。
D/AコンバーターにはESS社のDACチップ『ES9028PRO』を採用。
8ch回路を各チャンネルに4回路づつ割り振り、
それぞれ2回路をホット、コールドに当てる事で、バランス構成としています。

SACDメカはD&M製を採用。
フロントにはUSB-A端子を装備しており、USBメモリ等に収めた、
音楽ファイル(PCM:192kHz/24bit、DSD:5.6MHz)の再生に対応しています。
また、同軸と光のデジタル入力を各1系統装備しています。
※McIntoshは一時D&Mグループの傘下に居た事があり、
その際にSACDメカの供給に関する契約を結んでいます。
その利点を生かし、積極的なSACDプレーヤーの展開を行っています。

アナログ出力は、固定と可変をそれぞれ装備しており、
パワーアンプとのダイレクト接続にも対応しています。



SACD対応トランスポート『MCT500』は、『MCD600』と同等のメカを搭載しています。


※McIntosh MCT500 SACDトランスポート NEW

デジタル出力は3系統。
SACDのDSD出力はMcIntoshの専用リンクシステム『MCT』により行います。

『MCT』は、McIntoshの最新D/Aコンバーターの他、
『DA1』DACモジュールを載のプリメインアンプ『MA7200』等や、
『C52』等のプリアンプにも採用されており、それらでもSACDの再生を行えます。

フロントパネルのトレーの横には、USB-A端子が装備されており、
『MCD600』と同じく音楽ファイルの再生にも対応しています。

『MCT500』と組合わせる為に、D/Aコンバーターの『D150』もご用意しました。


※McIntosh D150 MCT入力対応・USB-DACプリアンプ

『D150』は、『MCT』入力を装備したUSB-DAC。
可変出力を装備しており、デジタル入力専用のプリアンプとしても使用可能です。
D/AコンバーターにはESS社の『ES9016』を採用。
こちらも『MCD600』と同じく、8回路を左右4回路づつに割り振って、
それぞれ2回路をホットとコールドに当てる事で、バランス構成としています。

またUSB-B入力に関しては、
PCM系・最大384kHz/32biti、DSD系・最大5.6MHzに対応しています。


5月18日(土)から26日(日)までの期間限定デモンストレーションとなります



McIntosh
MCD600 SACDプレーヤー NEW
定価900,000円(税別)

対応ディスク : SACD、CD
アナログ出力端子
 ・固定 : RCA、XLR端子*各1系統 / 出力レベル:RCA・2.0V、XLR・4.0V
 ・可変 : RCA、XLR端子*各1系統 / 出力レベル : RCA・~8.0V、XLR・~16.0V
 ・ヘッドフォン出力(6.3mm)*1系統
デジタル出力端子 : 同軸、光各1系統 / 最大194kHz/24bit
デジタル入力端子
 ・同軸 : PCM系・最大96kHz/24bit
 ・光*1系統 : PCM・最大192kHz/24bit
 ・USB-A端子*1系統 : PCM系・最大192kHz/24bit、DSD系・最大5.6MHz
サイズ : W444mm*H152mm*D416mm
重量 : 12.8kg


MCT500 SACDトランスポート NEW
定価650,000円(税別)

対応ディスク : SACD、CD
デジタル出力端子
 ・同軸、光*各1系統 / PCM
 ・Digital MCT*1系統 / PCM、DSD
サイズ : W445mm*H152mm*D416mm
重量 : 11.8kg


D150 USB入力対応D/Aコンバータープリアンプ
定価400,000円(税別)

デジタル入力端子
 ・同軸、光*各2系統 / PCM系・最大192kHz/24bit
 ・USB-B端子*1系統
  ・PCM系・最大384kHz/32biti
  ・DSD系・最大5.6MHz
  ・DXD・352.8kHz、384kHz
 ・Digital MCT*1系統 / PCM、DSD
アナログ出力端子
 ・固定 : RCA、XLR端子*各1系統 / 出力レベル:RCA・2.0V、XLR・4.0V
 ・可変 : RCA、XLR端子*各1系統 / 出力レベル : RCA・~8.0V、XLR・~16.0V
 ・ヘッドフォン出力(6.3mm)*1系統
サイズ : W445mm*H98mm*D357mm(突起部含む)
重量 : 6.1kg




▽△

2019年5月14日火曜日

【期間限定デモ】ベリリウム・ツィーターを搭載した、アメリカ・REVELのブックシェルフ型スピーカー『PERFORMA M126Be』を、期間限定でご用意します。

昨年の秋に登場したアメリカ・REVELのブックシェルフ型スピーカー、
『PERFORMA M126Be』を期間限定でご用意します。


※REVEL PERFOMA M126Be ブックシェルフ型スピーカー NEW
 
REVELは、JBLやMark Levinson等有名なブランドを有する、
ハーマンインターナショナル・グループの中でも、
特にハイエンド・マーケットを主な主戦場とするスピーカーブランドです。

今回ご用意する『PERFORMA M126Be(以下M126Be)』は、
同社の最上位シリーズ『ULTIMA2 Series』(現在日本未導入モデル)と、
ミドルレンジの『PERFORMA3 Series』の間を埋めるべく生まれた、
新シリーズ『PERFORMA Be Series』のブックシェルフ型スピーカーです。
世界的に評価の高い『PERFORMA3 Series』をベースに、
ユニットやネットワークを大幅にグレードアップした、ハイグレード・モデルです。


シリーズ名の『Be』は、『ULTIMA2 Series』にも採用される、
ツィーター振動板の素材・ベリリウム(Beryllium)の事を指しています。


※REVEL PERFOMA Be Series ベリリウム・ツィーター

ツィーター径は25mm。
こちらに第5世代となるアルミダイキャスト製ウェーブガイドを組合せ、
水平&垂直方向の指向性をコントロールし、広範囲に均一な音を届けるとともに、
ウーハーとのつながり(指向性等も含む)をスムーズにしています。


『M126Be』は『M106』(日本未導入)をベースに、ベリリウムツィーターを搭載するとともに、
ウーハーに『DCCコーン』を採用した最新型を採用しました。

『DCC(Deep Ceramic Composite)』は、アルミニウム製振動板の両面を、
高圧プラズマでアルミナ処理(セラミック化)を施したものです。
セラミック化された表面は、いわゆる『粗』の状態になっており、
そのままのアルミに対して軽量になるのと同時に、
内部損失が高く、共振が起こりづらくなります。
厚みに関しても、素材そのままの状態に対し、同じ質量でより厚くする事が可能となり、
剛性および、ダンピング性能も向上させる事が出来るというメリットもあります。
※同様のアルミナ処理、ただしセラミック化される部分の厚みが少ない、
『MCC』を採用した『PERFORMA3 Series』の振動板に対し、
『DCC』を採用した『PERFORMA Be Series』の振動板の剛性は、3倍になっているそうです。


REVELは1996年に登場した、比較的新しいブランドです。
ハーマンインターナショナル・グループの高級機専門ブランドとして、
Infintyの『IRS』、『Kappa』等のマーケットを引き継ぐ形でスタートしました。

最初期から革新的な設計のエンクロージャーとユニットを搭載していましたが、
なにせ当時のアメリカ製ハイエンドモデルは、音は魅力的でも、
ツィーターとミッドレンジ部分がお面の様になったデザインが多く、
正直恰好が悪かったものが多くありました。
特に最初の『PERFORMA Series』のデザインの評判は良くありませんでした。
その為か、早々に日本やその他の国から撤退する事になりました。

その後、2000年代初頭のあのアメリカン・デザインは何だったんだろう?という感じで、
お面をかぶったようなデザインは消えていきましたが・・・。

現在では、落ち着きのある仕上げも美しいシリーズが展開され、
お聴き頂いた方々から高い評価を得ています。
『雑誌とかでは見た事あるけれど・・・』と、
なかなか試聴する機会にも恵まれていませんが、侮れないブランドです。

是非この機会にご体験下さい。



5月16日(木)から19日(日)までの、期間限定デモンストレーションとなります。



REVEL PERFORMA M126Be ブックシェルフ型スピーカー NEW
定価460,000円(ペア/税別)

形式 : 2ウェイ・バスレフ型
搭載ユニット
 ・高域 : 25mm径ベリリウム・ドーム型ツィーター*1基
 ・低域 : 165mm径DCC・コーン型ウーハー*1基
周波数特性 : 54Hz~44kHz(-6dB)
クロスオーバー周波数 : 1.7kHz
能率 : 86dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 8Ω
サイズ : W211mm*H386mm*D262mm
重量 : 10kg
仕上げ
 ・ハイグロス・ウォールナット、ハイグロス・ブラック
 ・受注生産 : ハイグロス・ホワイト、ハイグロス・シルバー


M STAND M126Be・オプション専用スタンド NEW
定価60,000円(ペア/税別)

サイズ : W238mm*H635mm*D291mm(W、Dは底板のサイズ)
重量 : 4kg
仕上げ : ブラック、ホワイト 




▽△

2019年5月13日月曜日

【期間限定デモ】イギリス・PMCのブックシェルフ型スピーカー『twenty5-22』が、この週末お聴き頂けます。

イギリス・PMCの25周年記念モデルであり、
コンシューマー・ラインの中核となる『twenty5 Series』のブックシェルフ型スピーカー、
『twenty5-22』を期間限定でご用意します。


※PMC twenty5-22 ブックシェルフ型スピーカー

PMCの特徴は、トランスミッションラインと呼ばれるエンクロージャー形式を発展させた、
『ATL(Advanced Transmission Line)』と名付けられた構造を採用したエンクロージャー。
ウーハーユニットの後方に音の道を作り、ウーハーと同相の低域をポートから放出します。


※PMC ATL・カットモデル

『twenty5 Sereis』では、『ATL』のポート部の空気の流れに注目し、
よりスムーズな空気の流れを実現した進化版『ATL Laminair』を採用しました。


※ATL Laminair

『ATL Laminair』は、ポート出口部に縦型のフィンを設ける事で、
乱気流を抑える事でノイズや歪みを低減するとともに、
スムーズな空気の流れを実現する事で効率を高め、低音の再現性を高めています。


『ATL』を活かすこれらの技術により、
バスレフ型の様な最低音域の遅延が起きない低域再現を実現。
搭載されるウーハーの、ワンサイズ、ツーサイズ上のユニットと、
容積の大きな密閉型エンクロージャーを組合せた様なサウンドを、
コンパクトなサイズで実現しているのがPMCの人気の秘密と言えます。


PMC『twenty5 Sereis』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2016/11/pmctwenty5.html



『twenty5-22』は、5月16日(木)から19日(日)までの期間限定でお聴き頂けます



PMC twenty5-22 ブックシェルフ型スピーカー
定価480,000円(ペア/税別)

形式 : 2ウェイ・ブックシェルフ型
エンクロージャー形式 : ATL(アドバンスド・トランスミッションライン)
ATL長 : 2.0m
搭載ユニット
 ・高域 : 27mm SONOLEXソフト・ドーム型*1基 / 磁性流体冷却方式
 ・低域 : 170mm Gファイバー・コーン型*1基
周波数特性 : 39Hz~25kHz
クロスオーバー : 1.8kHz
能率 : 89dB(1w/1m)
インピーダンス : 8Ω
サイズ : W192mm*H410mm*D373mm
重量 : 10kg




▽△

2019年5月12日日曜日

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

今週入荷したのは、クレア・マーティンの新譜『バンピン』のアナログレコードです。


※クレア・マーティン バンピン~セレブレーティング・ウェス・モンゴメリー
(STULP18111) LP NEW

クレア・マーティンは、2018年に『英国ジャズ賞2018』で、
『ベスト・ヴォーカリスト』にも選ばれた、イギリスを代表するジャズシンガーです。
同じく『英国ジャズ賞2018』で『ベスト・ギタリスト』に選ばれた、
ジム・ミューレンと共に録音を行ったのが、
今回のウェス・モンゴメリーへのトリビュート・アルバムです。

こちらは3月に、先行でCDが発売されています。
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2019/03/blog-post.html



また、ゴールデンウィーク前に入荷しましたが、
連休の前半で完売してしまい、ご迷惑をお掛けしました、
イーグルス『Hell Freezes Over』の25周年記念盤のLPが再入荷しました。

 
※Eagles Hell Freezes Over (25th Anniversary/Black Vinyl)
(7718985) 180g重量盤LP/2枚組 NEW

オリジナルはライブ編成版としては、異例の800万枚以上を売り上げた、
イーグルスを代表するアルバムの1枚となっています。

『Hell Freezes Over』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2019/04/blog-post_21.html




クレア・マーティン : バンピン~セレブレーティング・ウェス・モンゴメリー NEW
販売価格4,305円(税込)
規格品番 : STULP18111
フォーマット : LP/輸入盤
レーベル : Stunt Records


Eagles : Hell Freezes Over(25th Anniversary/Black Vinyl) NEW
販売価格3,873円(税込)
規格品番 : 7718985
フォーマット : 180g重量盤LP/2枚組/輸入盤
レーベル : Geffen


共に数量限定となりますので、お早めにお声がけください。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年5月11日土曜日

【展示品処分】STAX・イヤースピーカーの上位モデル『SR-007A』と、真空管式の専用ドライバー『SRM-007tA』の展示品処分を行います。

円形ユニットを採用したSTAX・イヤースピーカーの上位モデル『SR-007A』と、
推奨組合せとなる真空管式・専用ドライバー『SRM-007tA』の、展示品処分を行います。


『SR-007A』は、現在のSTAXの前身となる、
スタックス工業株式会社の最後期に登場した高級機『SR-Ω』を、
現在に甦らせた『SR-007』の後継機となります。


※STAX SR-007A イヤースピーカー

心臓部とも言えるユニットには、最上級ラインナップのみに採用される、
大型円形ユニットが採用されています。
従来の楕円形ユニットに比べ、より広い面積の円形ダイヤフラムを採用する事で、
より優れた低音域の再生を実現しています。

アルミ削り出しのエンクロージャーをはじめ、
本革(ラムスキン)を採用したイヤーパッドなど、
作り込みも高級機らしいこだわりにあふれる製品です。



『SRM-007tA』は、出力段に真空管を使用した高性能専用ドライバーです。


※STAX SRM-007tA 専用真空管式ドライバー

出力はPROタイプが2系統。
増幅、駆動を完全バランスで行っています。


※STAX SRM-007tA 背面

入力はXLR端子が1系統、RCA端子が2系統の計3系統。
内RCA端子の1系統には、スルー出力が装備されています。
RCA入力は、アース側も切替える事で、
接続された機器間での干渉を抑えています。

初段にはローノイズFETを採用。
真空管のヒーター回路はDC添加方式。
電源回路にはショットキーバリアダイオードと、
大容量電解コンデンサーを組合せるなど、徹底的な低ノイズ設計となっています。



STAX
SR-007A イヤースピーカー
定価200,000円(税別) → 展示品処分価格133,500円(税込) 38%OFF

周波数特性 : 6Hz~41kHz
静電容量 : 94pF(ケーブル含む)
インピーダンス : 170kΩ/10kHz(ケーブル含む)
音圧感度 : 100dB/100V r.m.s./1kHz
成極電圧 : 580V DC
ケーブル : HiFC導体平行6芯低容量ケーブル / 2.5m
イヤーパッド : 本革(羊皮)・肌に触れる部分/人工皮革・取付部
重量 : 約512g(ケーブル含む)、約365g(本体のみ)


SRM-007tA SR-007A推奨・専用真空管式ドライバー
定価147,000円(税別) → 展示品処分価格99,560円(税込) 37%OFF

使用真空管 : 6FQ7/6CG7*各2本
周波数特性 : DC~100kHz(+0、-3dB) (SR-007*1台使用時)
高調波歪率 : 0.01%以下/1kHz 100V r.m.s. (SR-007*1台使用時)
増幅度 : 54dB
最大出力電圧 : 340Vr.m.s./1kHz
入力端子
・XLR*1系統 : 入力インピーダンス/50kΩ*2
・RCA*2系統(内1系統、パラレルアウト端子装備) : 入力インピーダンス/50kΩ
バイアス電圧 : DC580V
サイズ : W195mm*H103mm*D420mm(突起部含む)
重量 : 4.7kg



それぞれ、メーカー保証付きでのお渡しとなります。



お電話でもご注文を承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年5月9日木曜日

【展示品処分】STAXのイヤースピーカー・システム『SRS-5100』の、展示品処分を行います。

STAXのイヤースピーカー・システムの中核モデル、『SRS-5100』の展示品処分を行います。


※STAX SRS-5100 イヤースピーカー・システム

『SRS-5100』は、静電型イヤースピーカー『SR-L500』と、
バランス入力を装備した専用ドライバー『SRM-353X』のパッケージ製品です。



※STAX SR-L500 イヤースピーカー

『SR-L500』は、ステンレス製電極を採用した新型発音ユニットを採用。
※6月登場予定の後継モデルと同等の発音ユニットです。
位置調整には10段階のクリック機構を採用する事で、より最適な装着を実現しました。
ケーブル長は2.5m。
HiFCを導体に採用した、平行6芯低容量ケーブルは伝送特性に優れるだけでなく、
柔らかさも持っており取り回しの面でも従来以上に有利になっています。


専用ドライバー『SRM-353X』は、半導体方式のスタンダードモデル。


※STAX SRS-353X 専用ドライバー

ボリュームには2軸4連タイプを採用。
出力はPROタイプを2系統装備しています。

入力はRCA端子と、XLR端子を各1系統装備しています(背面切替式)。


※STAX SRS-353X 背面

RCA入力に関してはスルー出力も装備されています。
キレのあるサウンドは、現代的な録音や、ハイレゾファイルの魅力を引き出してくれます。



STAX SRS-5100 イヤースピーカー・システム
定価149,000円(セット/税別) → 展示品処分価格106,200円(セット/税込) 32%OFF

システム構成 : SR-L500(イヤースピーカー)+SRM-323X(ドライバーユニット)

SR-L500 : イヤースピーカー
定価68,000円(税別)
・周波数特性 : 7Hz~41kHz
・静電容量 : 110pF(ケーブル含む)
・インピーダンス : 145kΩ/10kHz(ケーブル含む)
・音圧感度 : 101dB/100V r.m.s.
・最大音圧レベル : 118dB/400Hz
・成極電圧 : 580V DC
・ケーブル : HiFC導体平行6芯低容量ケーブル / 2.5m
・イヤーパッド : 高級人工皮革
・重量 : 465g(ケーブル含む)、339g(本体のみ)

SRM-323X : 専用ドライバーユニット
定価81,000円(税別)
・周波数特性 : DC~90kHz(SR-L Series*1台使用時)
・高調波歪率 : 0.01%以下/1kHz 100V r.m.s.(SR-L Series*1台使用時)
・最大出力電圧 : 400V r.m.s./1kHz
・増幅度 : 60dB(1,000倍)
・入力インピーダンス : 50kΩ(RCA端子)、50kΩ*2(XLR端子)
・入力端子 : RCA*1系統(パラレルアウト端子)、XLR*1系統(どちらか1方のみ接続可)
・バイアス電圧 : 580V DC
・サイズ : W150mm*H100mm*D360mm(ツマミ等突起物含む)
・重量 : 3.0kg


セットのみでのご販売となります。

メーカー保証付きです。



お電話でもご注文を承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年5月5日日曜日

皆さんからのお問い合わせも多い、JBLの人気エントリーシリーズ『STAGE A Sereis』の在庫をご用意しています。

JBLの新しいエントリーシリーズの『STAGE A Series』。
価格は手頃ながら、なかなかどうして。
しっかりとしたサウンドを聴かせてくれると、エントリーユーザーだけでなく、
ベテランの方も、サブシステムに・・・と数多くご購入頂いています。

市場での評価も高く、ちょくちょく品切れとなり、お持たせする事も・・・。
そんな『STAGE A Series』の人気モデルの在庫をご用意しています。


まずは、20cmウーハーを2基搭載した、
ちょっと大きめのトールボーイ型スピーカー『STAGE A190W』。


※JBL STAGE A190W トールボーイ型スピーカー

高さ1mを超える堂々としたサイズながら、価格は90,000円(ペア/税別)。
従来は、この価格帯でこのサイズのスピーカーは、
低域がブーミーで、ベテランの方には敬遠されていましたが、
『STAGE A190W』では、その様な感じはありません。

高級モデルの為のエンクロージャー設計の考え方が取り入れられる事で、
内部補強の場所や量がより最適化された結果、
余計な響きの無い、それでいて大型トールボーイの魅力を感じられる製品となっています。
2本のウーハーの内、下の1本は1.4kHz以下を再生する2.5ウェイ構成も、
中音域の抜けの良さに貢献している様です。

エントリークラスのプリメインアンプや、AVアンプでも十分に楽しめるスピーカーです。
またバイワイヤリング接続にも対応しており、
この頃のAVアンプでは標準的となる機能、
アンプのアサイン機能を利用しての、バイアンプ駆動も楽しめます。

『STAGE A190W』のご紹介と試聴ブログはこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2018/07/ototen-2018jblstage-seriesstage-a190.html



ブックシェルフ型スピーカーの『STAGE A130W』は、シリーズでも1番人気。


※JBL STAGE A130W ブックシェルフ型スピーカー

ステレオ再生のエントリーモデルとして、当店でも高い人気を誇っています。
13.3cmのウーハーは、サイズ以上の弾む様な、豊かな低音域を提供してくれます。
marantzの人気CD/ネットワークレシーバー『M-CR611』との組合せが定番でしたが、
新しい『M-CR612』のBTLモードで駆動すると、
JBLらしいパンチのあるサウンドをより楽しめます。

『STAGE A130W』の展示開始とご紹介のブログはこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2018/09/jblstage-seriesstage-a130.html



JBLからは『STAGE A Series』とデザインも揃えられ、
お値段的にもお手頃なサブウーハーもラインナップされています。


※JBL STAGE A100PW パワーアンプ内蔵サブウーハー

『STAGE A100PW』は25cmウーハーに、出力150wのパワーアンプが組合されています。
定価35,000円(税別)と、能力、価格ともに国内ブランドと同等。

同一シリーズでサラウンドシステムを組もうとした時に、
海外ブランドでネックとなるサブウーハーの価格が抑えられている事で、
『STAGE A Series』で5.1ch分そろえた場合でも、
定価175,000円(セット/税別)と、憧れのブランドをより身近な存在としてくれます。
※フロント『STAGE A190W』、サラウンド『STAGE A130W』、
センタースピーカー『STAGE A125CW』、サブウーハー『STAGE A100PW』のセットで。


ご興味のある方はお早めにお声掛け下さい。
サラウンドシステムをお考えの方には、
お買い得なDENON『AVR-X1500H』をお薦めします。



JBL
STAGE A190W トールボーイ型スピーカー
定価90,000円(ペア/税別)

形式 : 2.5Wayバスレフ型
使用ユニット
 ・ツィーター : 25mmアルミニウム・ドーム型*1基
 ・ウーハー : 200mmPolycelluloseコーン・ウーハー*2基
周波数特性 : 36Hz~40kHz
能率 : 91dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 6Ω
クロスオーバー周波数 : 1.4kHz、2.0kHz
サイズ : W260mm*H1,070mm*D390mm(グリル含む)
重量 : 22.6kg


STAGE A130W ブックシェルフ型スピーカー
定価25,000円(ペア/税別)

形式 : 2Wayバスレフ型
使用ユニット
 ・ツィーター : 25mmアルミニウム・ドーム型*1基
 ・ウーハー : 133mmPolycelluloseコーン・ウーハー*1基
周波数特性 : 55Hz~40kHz
能率 : 86dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 6Ω
クロスオーバー周波数 : 3.2kHz
サイズ : W190mm*H321mm*D245mm(グリル含む)
重量 : 5.5kg


STAGE A100PW パワーアンプ内蔵サブウーハー
定価35,000円(1台/税別)

型式 : バスレフ型
使用ユニット : 250mmPolycelluloseコーン・ウーハー*1基
搭載パワーアンプ : 定格出力150w / 最大出力300w(Peak)
周波数特性 : 35Hz~150kHz
クロスオーバー周波数 : 50Hz~150Hz(可変)24dB/オクターブ
入力 : RCA端子*1系統 / ラインレベル
その他 : 位相切替スイッチ
サイズ : W335mmH380mm*D405mm(グリル、端子等含む)
重量 : 13.7kg




▽△

2019年5月3日金曜日

【展示機導入】JBLの人気コンパクトスピーカー『4312M2 WX』の展示を再開しました。

JBLの小型ブックシェルフ型スピーカー『4312M2 WX』の展示を再開しました。


※JBL 4312M2 WX 小型ブックシェルフ型スピーカー

『4312M2』は、30cmウーハーを搭載した『4312 Series』のサウンドを、
133mm径の小型ウーハーをベースに目指した、小型スピーカーです。

1999年に初代モデル『4312M』が登場し、
2008年に現行の『4312M2』にモデルチェンジしました。
それから11年と、JBLのラインナップの中でも指折りのロングランを続けています。

『4312M2』はカタログ上では、3ウェイ・スピーカーと記載されていますが、
実際には2ウェイ+スーパー・ツィーターと言える内容となっています。

133mm径のウーハーはフルレンジ的に使用。
ミッドレンジの50mm径・ピュアパルプ製コーン型ユニットとは、
少々高めの7kHzでクロスオーバーを取っています。
こちらにピュアチタン振動板を採用したツィーターを、
12kHzでクロスさせ、スーパー・ツィーター的に動作させています。
少し高めの帯域まで再生させるウーハーと、
ミッドレンジとして使用される、コーン型ツィーターの独特の音色を組合せる事で、
オリジナル『4312 Series』の持つ、独特のざっくりとした質感の中音域を再現しています。


『4312M2』がロングランを続けるのには、様々な理由があるとは思いますが、
一番の理由はオモチャ感の無い、こだわりにあふれた本格的な造りではないでしょうか。

ウーハーのフレームはアルミダイキャスト製。
50mm径ミッドレンジのフレーム形状も、オリジナルにそっくり。
19mm径の高域用ツィーターは、コストもかかるピュアチタン製。
これらのユニットを、オリジナル1/4サイズのバッフルに、左右ミラーイメージでレイアウト。
その佇まいは、大きさを比較するモノがとなりに無ければ、
『4312』なのか、『4312M2』なのかが、すぐにはわからない程と言えます。

さらにそのサウンドは、先に書いたように『4312』をダイレクトにイメージさせます。


小さなスピーカーですが、そばに置いておきたくなる魅力的な製品です。



JBL 4312M2 WX ブックシェルフ型スピーカー
定価78,000円(ペア/税別)

型式 : 3ウェイ・ブックシェルフ、バスレフ型
搭載ユニット
 ・高域 : 19mm径テンパード・ピュアチタン・ドーム型ツィーター
 ・中域 : 50mm径ピュアパルプコーン型ミッドレンジ
 ・低域 : 133mm径ピュアパルプ・ホワイトコーン型ウーハー
インピーダンス : 6Ω
能率 : 90dB(2.83V/1m)
周波数特性 : 55Hz~50kHz(-6dB)
クロスオーバー周波数 : 7kHz、12kHz
サイズ : W181mm*H300mm*D180mm
重量 : 4.0kg(グリル装着時)


4312M2には、PA用機器等に使用されるブラックアッシュ調シートを採用し、
価格面も抑えられた『4312M2 BK』もラインナップされています。


※JBL 4312M2 BK 小型ブックシェルフ型スピーカー

JBL 4312M2 BK ブックシェルフ型スピーカー
定価68,000円(ペア/税別)




▽△

2019年5月1日水曜日

【期間限定デモ】お待たせしました。LUXMAN史上最高峰の真空管プリアンプ『CL-1000』が到着しました。

ゴールデンウィーク後半のサプライズ・デモンストレーションの主役、
4月末に発売開始となったばかりのLUXMANの最新モデルであり、
LUXMAN史上最高峰の真空管プリアンプ、『CL-1000』のデモ機が到着しました。


※LUXMAN CL-1000 真空管プリアンプ NEW

もちろんペアとなる、出力管に300Bを採用したLUXMAN90周年記念モデルの、
ステレオ・パワーアンプ『MQ-300』もご用意。


※LUXMAN CL-1000 真空管プリアンプ(上段)
MQ-300 高槻電器工業株式会社製300B搭載・真空管パワーアンプ(下段)
LUXMAN・90周年記念モデル

3年半という時を超えて、やっと純正の組合せが完成しました。
純正の組合せは、いままで色々なプリアンプと組合わせながら、
何かが違う、何かが足りないと言う思いを払拭する、素晴らしい完成度のサウンドです。


ゴールデンウィーク期間中の5月5日(日)までの期間限定デモンストレーションとなります。
ぜひこの機会に、このサウンドをご体験下さい。


『CL-1000』、『MQ-300』の試聴予告ブログはこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2019/05/luxmancl-1000.html



LUXMAN CL-1000 真空管プリアンプ NEW
定価1,600,000円(税別)

回路方式 : 2弾増幅P-K NF型
使用真空管 : E88CC(JJ製・高信頼管)*6本
入力
 ・RCA端子*4系統
 ・XLR端子*1系統
出力 : 切替式
 ・RCA端子*2系統
 ・XLR端子*2系統
周波数特性 : 20Hz~20,000Hz(±3dB、LINE STRAIGHT ON)
トーンコントロール : 1弾増幅P-G NF型
 ・BASS/TREBLE : 各3段階周波数切替対応
音量調整機構 : 電子制御・トランス式34接点アッテネーター『LECUTA』
サイズ : W460mm*H166mm*D454mm(前面ノブ、背面端子含む)
重量 : 24.4kg(本体)
付属品 : 電源ケーブル(JPA-15000)


オーディオスクェアは『LUXMAN 正規取扱店』です。

http://www.luxman.co.jp/dealer/





▽△

【期間限定デモ予告】ゴールデンウイークのサプライズ・デモンストレーション。LUXMAN史上最高峰の真空管プリアンプ『CL-1000』を期間限定でご用意します。

LUXMANの最新作であり、LUXMAN史上最高峰の真空管プリアンプ、
『CL-1000』をゴールデンウィークの後半、機関限定でご用意できる事になりました。


※LUXMAN CL-1000 真空管プリアンプ NEW

『CL-1000』は、2015年にLUXMANの90周年記念モデルとして登場した、
真空管ステレオ・パワーアンプ『MQ-300』と対をなす製品として登場しました。

『MQ-300』は、出力管に高槻電器工業株式会社製300B・『TA-300B』を採用し、
その能力をフルに引き出すべく、弩級の物量投入が行われた高級機です。


※LUXMAN MQ-300 真空管ステレオ・パワーアンプ
LUXMAN・90周年記念モデル

『MQ-300』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.com/2015/09/luxman-90631300bmq-300.html

『MQ-300』の試聴ブログはこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.com/2015/10/luxman300b90mq-300.html



『CL-1000』は、『MQ-300』開発過程で新開発された、
オリジナル・オイルコンデンサーをはじめとしたパーツを採用するとともに、
真空管アンプを多く手掛けてきた同社の技術を注ぎ込んだ回路、内部構成と、
それらを収めるこだわりのシャーシ、外装が採用されました。

音量調整には、1990年代初期に登場したアッテネーター『AT-3000』以来、
26年ぶりにトランス式アッテネーターを採用しました。
トランスは34接点。抵抗器を使用せずに音量調整を行います。
音量によるインピーダンスの変化が少ないトランスを使用する事で、
小音量と大音量での音色の変化を抑え、音痩せを防いでいます。

フロントパネルのボリュームは、リレー切替の為の位置情報を検出する為のもの。
音量の切替は同社の音量調整システム『LECUA』をベースとした、
『LECUTA(Luxman Electric Controlled Ultimate Transfomer Attenuator)』を採しています。

トランス式の弱点となる帯磁による性能劣化対策として、
電源投入時に常に動作するアーティキュレーター(消磁機能)を搭載。
こちらはフロントスイッチで、マニュアル動作させる事も可能です。


『CL-1000』は、5月2日(木)から5月5日(日)までお聴き頂ける予定です。
もちろん、ペアとなるパワーアンプ『MQ-300』もご用意します。



LUXMAN CL-1000 真空管プリアンプ NEW
定価1,600,000円(税別)

回路方式 : 2弾増幅P-K NF型
使用真空管 : E88CC(JJ製・高信頼管)*6本
入力
 ・RCA端子*4系統
 ・XLR端子*1系統
出力 : 切替式
 ・RCA端子*2系統
 ・XLR端子*2系統


※LUXMAN CL-1000 背面

周波数特性 : 20Hz~20,000Hz(±3dB、LINE STRAIGHT ON)
トーンコントロール : 1弾増幅P-G NF型
 ・BASS/TREBLE : 各3段階周波数切替対応
音量調整機構 : 電子制御・トランス式34接点アッテネーター『LECUTA』
サイズ : W460mm*H166mm*D454mm(前面ノブ、背面端子含む)
重量 : 24.4kg(本体)
付属品 : 電源ケーブル(JPA-15000)


オーディオスクェアは『LUXMAN 正規取扱店』です。

http://www.luxman.co.jp/dealer/




▽△

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。