最新の更新

コストパフォーマンスの高さが話題!!貴重なPCOCCを使用した、BJ ELECTRIC製ケーブルの取り扱いを開始しました。

BJ ELECTRICは1991年に、 オーディオ機器メーカー出身の石河信彦氏により設立されました。 現在では生産完了となりましたが、手のひらに乗る様な小型音響機器製品の他、 音響用ケーブルの開発製造および楽器用アンプのモディファイ等を行っています。 今回取り扱いを開始...

2019年2月26日火曜日

【展示品処分】Bowers&Wilkinsのトールボーイ型スピーカー『804D3』の展示品を、決算・クリアランスセールでさらにお買い得にさせて頂きます。

Bowers&Wilkinsのトールボーイ型スピーカー『804D3』の、
訳あり展示品を決算・クリアランスセールに伴い、さらにお買い得にさせて頂きます。


※Bowers&Wilkins 804D3 (PB) トールボーイ型スピーカー

『804D3』の展示品処分のお知らせはこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2019/02/bowers_9.html


リビングサイズの部屋で取り回しの良い、
高性能、高解像度スピーカーをお探しの方におすすめの製品です。
また、大きすぎないウーハーにより、プリメインアンプを中心に添えた、
シンプルなシステムを構築するのにも、向いているモデルと言えます。


Bowers&Wilkins 804D3 トールボーイ型スピーカー
定価1,520,000円(ペア/税別) → 展示品処分価格等に関しては、お問合せ下さい
※展示品処分品の仕上げは、ピアノ・ブラック仕上げとなります

形式 : 3ウェイ・バスレフ型
搭載ユニット
 ・ツィーター : 25mmダイヤモンド・ドーム・ツィーター*1基
 ・ミッドレンジ : 130mmコンティニューム・コーンFSTミッドレンジ*1基
 ・ウーハー : 165mmエアロフォイル・コーン・ベース*2基
周波数レンジ : 20Hz~35kHz
周波数レスポンス : 24Hz~28kHz (基準軸に対し±3dB)
能率 : 89dB (2.83V/1m)
インピーダンス : 8Ω (最低3.0Ω)
サイズ : W238mm*H1,019mm*D345mm (脚部含まず)
重量 : 33kg


『804D3』の展示品は完売しました。


お電話でもご注文を承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

【期間限定デモ】FOCALの大型トールボーイ型スピーカー『Sopra No.3』を期間限定でご用意しました。

先日、期間限定デモンストレーションの予告をさせて頂いた、
FOCALの大型トールボーイ型スピーカー『Sopra No.3』が到着しました。

本日より3月10日(日)までお聴き頂けます。


※FOCAL Sopra No.3 トールボーイ型スピーカー (右)

『Sopra No.3』は、只今人気急上昇中の、
FOCAL高級ラインの中核『Sopra Series』の中でも最大サイズのモデルです。

お店に常設している『Sopra No.2』と比べても、一回り以上大きなサイズ。
実物を改めて見ると、そのサイズに驚きます。
そのサウンドも、そのサイズに負けない、威風堂々としたもの。
FOCAL独自の『Wサンドイッチコーン』を採用した、
210mmウーハーを2基搭載した低音は、まさに沈み込むようでありながら、
それでいて重くならず、しっかりとリズムを刻みます。

ピュア・ベリリウム振動を採用した逆ドーム型のツィーター、
TMD技術と、磁気回路の歪みを大幅に抑える『NIC』を搭載したミッドレンジと、
最新FOCALの流れを決定づけた『Sopra Series』の魅力を、
ぜひこの機会に、もう一度ご体験下さい。


2月26日(火)から3月10日(日)までの期間限定デモとなります。

『トールボーイ型スピーカーの低音は・・・』と思われている、
大型ウーハー・ファンの方にも、ぜひ聴いて頂きたいと思います。


『Sopra Series』のご紹介はこちらから(『Sopra No.2』のカットモデルでご説明)↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2017/09/10luxmanfocalsopra-no2.html



FOCAL Sopra No.3 トールボーイ型スピーカー
定価2,560,000円(ペア/税別)

形式 : 3ウェイ・バスレフ型
搭載ユニット
 ・ツィーター : 27mm IHL・ピュアベリリウム・インバーテッドドーム型*1基
 ・ミッドレンジ : 165mm NIC・TMD・Wサンドイッチコーン型*1基
 ・ウーハー : 210mm NIC・Wサンドイッチコーン型*2基
周波数特性 : 33Hz~40kHz (±3dB)
低域再生能力 : 26Hz (-6dB)
能率 : 91.5dB
インピーダンス : 8Ω (最低3.1Ω)
クロスオーバー周波数 : 250Hz/2,200Hz
サイズ : W402mm*H1,264mm*D565mm
重量 : 70kg




▽△

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

まずはレコードから。


※マルタ・アルゲリッチ Chopin,Brahms,Liszt,Ravel (VPC85020) 180g重量盤LP

マルタ・アルゲリッチの、1960年7月に録音されたデビュー・アルバムです。
レーベルはオランダのVinyl Passion Classical。
貴重な音源をリマスター、レコードで発売するレーベルです。
このアルバムは『DMM(Direct Metal Mastering)』カッティングにより生産されています。

1965年のショパン・コンクール直後に録音された、
マルタ・アルゲリッチ『Chopin - The Legendary 1965 Recording』の在庫もございます。
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2019/02/blog-post_19.html


もう1枚はSACD。


※ダイアナ・クラール The Look Of Love (58958972) SACDハイブリッド

ダイアナ・クラールの人気アルバム『The Look Of Love』。
2001年発売の人気アルバムのSACD盤が再入荷しました。


マルタ・アルゲリッチ : Chopin,Brahms,Liszt,Ravel
販売価格2,003円(税込) 数量限定盤
規格品番 : VPC85020
フォーマット : 180g重量盤LP/輸入盤/DMMカッティング
収録曲
 ・Side A
  1.ショパン:スケルツォ 第3番 嬰ハ短調
  2.ブラームス:2つのラプソディ Op.79 第1番 ロ短調
  3.ブラームス:2つのラプソディ OP.79 第2番 ト短調
  4.プロコフィエフ:トッカータ Op.11
 ・SideB
  1.ラヴェル:水の戯れ
  2.ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
  3.リスト:ハンガリー狂詩曲第6番
録音 : ドイツ・ハノーヴァー、ベートーベン・ホール / 1960年7月
レーベル : Vinyl Passion Classical


ダイアナ・クラール The Look of Love
販売価格2,808円(税込)
規格品番 : 5895972
フォーマット : SACDハイブリッド/輸入盤
レーベル : Verve(USA)



お電話でもご注文を承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

【期間限定デモ予告】話題のMQA対応USB-DAC、MYTEK Digitalの最上位モデル『Manhattan DACⅡ』と、スタンダードモデル『Brooklyn+DAC』を、3月中旬に期間限定でご用意します。

話題の『MQA』フォーマットのフル・デコードに対応している、
アメリカ・MYTEK DigitalのUSB-DACを、
3月14日(木)から18日(月)までの期間限定でご用意できる事が決定しました。
※曜日を間違えて掲載しておりました。申し訳ございません。

今回ご用意できるのは、最上位モデル『Manhattan DACⅡ』と、


※MYTEK Digital Manhattan DACⅡ MQAデコーダー内蔵USB-DAC

スタンダードモデルの『Brooklyn+DAC』の2モデルです。


※MYTEK Digital Brooklyn+DAC MQAデコーダー内蔵USB-DAC

両モデルともに『MQA』の認証取得済ハードウェアMQAデコーダーを内蔵しており、
最大384kHzまで展開するフルデコードに対応しています。
『MQA』に関しては、PCからのUSB入力だけでなく、
通常のCDプレーヤーからのデジタル入力(同軸等)にも対応しており、
『MQA-CD』をそのまま再生、フルデコードできる、実質唯一の方法と言えます。
※今後何社かから発売される予定の、『MQA-CD』対応プレーヤーが登場するまで。

もちろん通常のPCM信号でも最大384kHz/32bit、DSD系は最大11.2MHzまで対応します。

搭載されるD/Aコンバーターは、ともにESS社製を採用。
『Manhattan DACⅡ』には『ES9038PRO』、
『Brooklyn+DAC』には『ES9028PRO』が、それぞれ搭載されています。

両モデルともバランス駆動に対応したヘッドフォンアンプを搭載。
アナログ出力に関してはボリューム調整が可能で、プリアンプとしても使用可能です。
※『Brooklyn+DAC』にはMM/MCに対応したフォノ入力も装備されています。
さらに入力された信号をPCに取り込む為の、
オーディオインターフェイス機能も搭載されています。

また『Brooklyn+DAC』はフロントのカラーディスプレイにて、
入力信号のサンプリング、MQA信号かの表示をはじめ、出力ボリューム等、
現在の動作状況が一目で分かる様になっています。


3月14日(木)から18日(月)の期間限定デモと、
短い期間ですが、ぜひこの機会にMYTEK Digital製USB-DACの魅力をご体験下さい。



MYTEK Digital
Manhattan DACⅡ USB-DAC
定価オープン 輸入元想定販売価格780,000円(税別)前後

デジタル入力
 ・USB-B端子*1系統 : PCM系・最大384kHz/32bit、DSD系・最大11.2MHz
 ・同軸*3系統 : PCM系・最大192kHz、DSD系・最大5.6MHz(DoP)
※SDIF-3入力(S/PDIF2、3入力同時使用)*1系統 : DSD系・最大11.2MHz
 ・光*1系統 : PCM系・最大192kHz、DSD系・最大2.8MHz(DoP)
 ・AES/EBU(XLR)*1系統 : PCM系・最大384kHz、DSD系・最大5.6MHz(DoP)
MQAデコーダー : 認証取得済みハードウェアMQAデコーダ / PCM最大384kHz/32bit
アナログ入力
 ・RCA端子*2系統(内1系統オプションのフォノ・カード搭載可能)
 ・XLR端子*1系統
ワードクロック入出力 : 各1系統
アナログ出力 : RCA端子、XLR端子*各1系統
ヘッドフォン出力 : 2系統(バランス駆動対応)
サイズ : W432mm*H50mm*D267mm
重量 : 8kg


※MYTEK Digital Manhattan DACⅡ 背面


Brooklyn+DAC USB-DAC
定価オープン 輸入元想定販売価格270,000円(税別)前後

デジタル入力
 ・USB-B端子*1系統 : PCM系・最大384kHz/32bit、DSD系・最大11.2MHz
 ・同軸*2系統 : PCM系・最大192kHz、DSD系・最大5.6MHz(DoP)
※SDIF-3入力(S/PDIF1、2入力同時使用)*1系統 : DSD系・最大11.2MHz
 ・光*1系統 : PCM系・最大192kHz、DSD系・最大2.8MHz(DoP)
 ・AES/EBU(XLR)*1系統 : PCM系・最大384kHz、DSD系・最大5.6MHz(DoP)
MQAデコーダー : 認証取得済みハードウェアMQAデコーダ / PCM最大384kHz/32bit
アナログ入力
 ・RCA端子*1系統(MM/MC対応フォノ入力との兼用)
ワードクロック入出力 : 各1系統
アナログ出力 : RCA端子、XLR端子*各1系統
ヘッドフォン出力 : 2系統(バランス駆動対応)
サイズ : W216mm*H44mm*D216mm
重量 : 2kg

 
※MYTEK Digital Brooklyn+DAC 背面
 
 
 
 
▽△


2019年2月22日金曜日

【期間限定デモ予告】2月26日(火)から3月10日(日)まで、フランス・FOCALのトールボーイ型スピーカー『Sopra No.3』がお聴き頂けます。

人気急上昇中。
FOCALの高級ライン『Sopra Sereis』最大のトールボーイ型『Sopra No.3』を、
2月末から3月上旬にかけて、期間限定でお聴き頂けます。


※Focal Sopra No.3 トールボーイ型スピーカー

『Sopra No.3』は210mmウーハーを2基搭載した大型のトールボーイです。
店頭に常設している『Sopra No.2』に対し、高さで74mm、最大幅で44mm大きく、
さらに重量は70㎏(No.2比:+15kg)と堂々たるサイズのスピーカーです。

もちろんツィーターはシリーズ共通のベリリウム製逆ドーム型。
ツィーターの後方には、振動板の動作を妨げる事無く背圧をコントロールする、
ホーン形状の『IHL(Infinite Horn Loading)システム』が取り付けられています。


※ツィーターが取り付けられる『IHL』を背面より

その他、ミッドレンジとウーハーには上位モデル同様の、
ロハセルをグラスファイバーで挟み込んだ『Wサンドイッチコーン』を採用。
磁気回路には歪を抑えるショートリングを採用した、『INC技術』を搭載しています。
さらにミッドレンジには、FOCAL最新モデルの特徴でもある、
免震技術を応用したTMD技術を採用した、特殊なエッジが搭載されています。


210mm径のウーハーを2基搭載し、30cmウーハー以上の低域再生能力を持つ、
FOCAL『Sopra No.3』の魅力を、是非この機会にご体験下さい。


2月26日(火)から3月10日(日)までの期間限定デモンストレーションとなります。


『Sopra Series』のご紹介はこちらから(『Sopra No.2』のカットモデルでご説明)↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2017/09/10luxmanfocalsopra-no2.html



FOCAL Sopra No.3 トールボーイ型スピーカー
定価2,560,000円(ペア/税別)

形式 : 3ウェイ・バスレフ型
搭載ユニット
 ・ツィーター : 27mm IHL・ピュアベリリウム・インバーテッドドーム型*1基
 ・ミッドレンジ : 165mm NIC・TMD・Wサンドイッチコーン型*1基
 ・ウーハー : 210mm NIC・Wサンドイッチコーン型*2基
周波数特性 : 33Hz~40kHz (±3dB)
低域再生能力 : 26Hz (-6dB)
能率 : 91.5dB
インピーダンス : 8Ω (最低3.1Ω)
クロスオーバー周波数 : 250Hz/2,200Hz
サイズ : W402mm*H1,264mm*D565mm
重量 : 70kg




▽△

2019年2月21日木曜日

【期間限定デモ】Accuphaseの新型パワーアンプ『P-4500』とプリメインアンプ『E-480』を組み合せての、バイアンプ駆動を期間限定で実施中。

Accuphaseの新型パワーアンプ『P-4500』を期間限定でご用意しました。


※Accuphase E-480 プリメインアンプ (上段) NEW
P-4500 AB級ステレオ・パワーアンプ (下段) NEW

今回は、昨年秋に登場したばかりの最新プリメインアンプ『E-480』と、
『P-4500』を組み合せる事で、バイアンプ駆動のデモンストレーションを行います。


『E-480』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2018/10/accuphasee-480.html

『P-4500』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2018/11/tias-2018accuphasec-2150p-4500.html


Accuphaseのアンプは、プリメインアンプのパワー部と、
単体パワーアンプの増幅率(ゲイン)が同一と言う特徴があります。
しかも、初めて登場した製品から最新モデルに至るまで全ての製品で、
この増幅率が共通と言う点でも、めずらしいブランドです。

他社では、大抵の場合アンプごとに増幅率が違い(場合によっては3dB程違います)、
違うモデルを組み合せてバイアンプ駆動を行うと、
高域と低域で音量差が生まれ、バランスが崩れる事がありますが、
Accuphaseではその心配をしなくて済む・・・と言うメリットがあります。


『P-4500』は、3月4日(月)までの期間限定デモとなります。


Accuphase P-4500 AB級ステレオ・パワーアンプ NEW
定価550,000円(税別)

定格出力
 ・ステレオ時 : 90w/ch(8Ω)、180w/ch(4Ω)、360w/ch(2Ω)、500w/ch(1Ω)
 ・モノラル時(BTL) : 360w(8Ω)、720w(4Ω)、1,000w(2Ω)
※ステレオ時の1Ω、モノラル時の2Ωは、音楽信号に限る。
ダンピング・ファクター : 700(ステレオ時)
入力 : RCA端子*1系統、RCA端子*1系統
スピーカー出力 : 2系統
ゲイン切替 : MAX(28dB)、-3dB、-6dB、-12dB
サイズ : W465mm*H190mm*D427mm
重量 : 29.2kg




▽△

2019年2月20日水曜日

3月20日(水)に、ESOTERIC『名盤復刻シリーズ』のSACD-BOXが発売されます。

ESOTERIC『名盤復刻シリーズ』のSACD-BOXが、3月20日(水)に発売されます。

今回のBOXは、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏による、
チャイコフスキーの後期三大交響曲です。


※ESOTERIC 『チャイコフスキー:交響曲第4番、第5番、第6番《悲愴》』
(ESSG-90197/99) SACD3枚組BOX NEW

録音は1984年。カラヤンの晩年の演奏です。
この時期カラヤンは、終身芸術監督を務めていたベルリン・フィルとの関係が悪化。
芸術監督を務めていたウィーン・フィルとの関係を、より深めていた時期となります。
さらに持病であった腰痛が急激に悪化し、
指揮台の上に設置した椅子に腰かけ、指揮をする事になった時期でもあります。
また、目を閉じて指揮をする事が少なくなった時期でもあります。

全盛期のように俊敏に動く事が難しくなった代わりに、
オーケストラとの意思疎通は今までに無く高まる事になりました。
そんなカラヤンの意図を、ウィーン・フィルが正確に汲み取り、
より自発的な表現がなされる事になりました。
それにより、今まで以上の濃密な響きと、雄大なスケールに、
豊かな感情表現が加わり、カラヤンの新たな魅力が引き出される事になりました。


当時カラヤンは、自ら設立した映像制作会社テレモンディアル社による、
映像ソフトの製作に全総力を傾けており、大幅に進化したビデオテープによる映像で、
今まで以上に音と映像のシンクロ精度を高めていました。
この後期三大交響曲では、そのような中収録されたもので、
音声の録音をドイツ・グラモフォンのスタッフが行いました。

この録音はCDとして発売されてから現在まで、
カラヤンのチャイコフスキー交響曲の集大成として、高い評価を得ています。



チャイコフスキー:交響曲第4番、第5番、第6番《悲愴》 NEW
定価10,833円(税別) 3月20日(水)発売予定

指揮 : ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏 : ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
品番 : ESSG-90197/99
仕様 : SACDハイブリッド/3枚組
収録
 ・DISC1 : 交響曲第4番
 ・DISC2 : 交響曲第5番
 ・DISC3 : 交響曲第6番《悲愴》
録音 : ウィーン、ムジークフェラインザール
 ・交響曲第4番 : 1984年9月17日~24日
 ・交響曲第5番 : 1984年3月13日~22日
 ・交響曲第6番 : 1984年1月10~16日
レーベル : Deutsche Grammophon


数量限定となります。


ご予約受付を開始しました。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603


3月10日(日)には、『名盤復刻シリーズ』の通常盤2タイトルが発売されます。
只今、ご予約受付中です。ご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2019/02/310esoteric2.html




▽△

3月10日(日)に、ESOTERIC『名盤復刻シリーズ』の新譜2タイトルが発売されます。

ESOTERIC『名盤復刻シリーズ』の新譜2タイトルが、3月10日(日)に発売されます。


まずは、ブルックナーの交響曲第9番。


※ESOTERIC 『ブルックナー:交響曲第9番』 (ESSG-90195) NEW

指揮は、カルロ・マリア・ジュリーニ。
演奏は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団です。

レパートリーは少ないのですが、取り上げた作品に対する造詣と、
その演奏内容の質の高さで評価される、ジュリーニの貴重な録音です。
ブルックナーの交響曲第9番は、第4楽章が未完成で、
この録音も第3楽章までの演奏となっています。
※第4楽章に関しては多くの補筆完成版がありますが、多くの場合第3楽章までの演奏となります。

第9番は大作で、第3楽章まででも演奏時間が通常でも1時間を超えるものですが、
ドイツ・グラモフォンにより録音されたこの盤は、さらに長い68分と言う演奏時間。
その間、演奏の緊張感が途切れる事が無い、
壮大で豊かな響きを持つ名演として評価されています。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地ムジークフェラインザールで、
1988年6月11日と12日の2日間に行われた、第10回定期公演のライブ録音です。



もう1枚は、シューベルトの即興曲集。


※ESOTERIC 『シューベルト:即興曲集』 (ESSG-90196) NEW

ピアノ演奏は、マリア・ジョアン・ピリスです。
『名盤復刻シリーズ』としてはめずらしい、1990年代の録音となります。

ピリスのカタログを見てみると、モーツァルトのアルバムが多いのですが、
それに続くのがシューベルトになります。
彼女もシューベルトは得意としていたようで、主な録音先であったドイツ・グラモフォンでも、
移籍直後のモーツァルトに続き録音を行ったのはシューベルトでした。
今回の『即興曲集』は、1997年にシューベルト生誕200周年を記念して、
ピリスがヨーロッパ各地で演奏を行い高く評価されたものです。
彼女の作品の中でも人気の高い盤で、2つの『4つの即興曲』をまとめた盤は、
絶えず定番としてカタログに載り続けている、彼女を代表する演奏でもあります。



ブルックナー:交響曲第9番 NEW
定価3,611円(税別) 3月10日(日)発売予定

指揮 : カルロ・マリア・ジュリーニ
演奏 : ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
品番 : ESSG-90195
仕様 : SACDハイブリッド
収録曲 : 交響曲第9番 / 第1楽章から第3楽章
録音 : ウィーン、ムジークフェラインザール / 1988年6月 / ライブ・レコーディング
レーベル : Deutsche Grammophon


シューベルト:即興曲集 NEW
定価3,611円(税別) 3月10日(日)発売予定

演奏 : マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)
品番 : ESSG-90196
仕様 : SACDハイブリッド
収録曲
 ・4つの即興曲 D.899(作品 90)
 ・4つの即興曲 D.935(作品 142)
録音
 ・D.899 / オランダ、ハールレム、コンセルトヘボウ / 1996年7月
 ・D.935 / ポルトガル、リスボン、パラシオ・デ・ケルス / 1997年9月
レーベル : Deutsche Grammophon


ともに数量限定となります。


ご予約受付を開始しました。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603


3月20日(水)には、『名盤復刻シリーズ』のSACD-BOX、
カラヤン指揮、ウィーン・フィル演奏によるチャイコフスキー・後期三大交響曲集、
『交響曲第4番、第5番、第6番《悲愴)》』が発売になります。
ご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2019/02/320esotericsacd-box.html




▽△

【お休みのお知らせ】明日2月21日(木)は、湘南モール・FiLL全館休館の為、お休みとさせて頂きます。



日頃のご愛顧、誠にありがとうございます。
 
明日2019年2月21日(木)は、湘南モール・FiLLの全館休業に伴い、
ノジマ藤沢店も含めまして、完全休業となります。
 
 
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

2月20日(水) : 通常営業 
2月21日(木) : 完全休業 
  
2月22日(金)からは通常通り営業いたします。


皆様のご来店をお待ちしております。





▽△

2019年2月19日火曜日

【中古情報】DALIの人気ブックシェルフ型スピーカー『MENUET』の中古品が入荷しました。

小型ブックシェルフ型スピーカーの人気モデル、
DALI『MENUET』の中古品が入荷しました。


※DALI MENUET/MR ブックシェルフ型スピーカー

DALIを日本での人気ブランドとした最初の製品が、
『MENUET』のサブネームが付いた2代目の『Royal MENUET』でした。

その後『MENUET』の名前は、小型スピーカー愛好家の中では、
DALIと言うブランド名と、同義語と言えるほどの人気シリーズとして続いて来ました。

その最新モデルが『MENUET(正式名『DALI MENUET』)』です。
従来は『Royal Series』や『MENTOR Series』と、シリーズの中の1モデルでしたが、
このモデルからは、独立した1モデルとしてラインナップされています。



今回入荷した中古品の仕上げは、赤い木目の『ロッソ(MR)』となります。


※DALI MENUET フロント

現行モデルですから、状態はかなり良いものですが、
写真では分からない程度の小さな当てキズが片チャンネルのフロントに、
底面にこすれキズが付いていますので、店頭でご確認をお願いします。

スピーカー端子は大型のしっかりした物。


※DALI MENUET 背面

バナナプラグ、Yラグの両方に対応しています。
バスレフポートは背面の端子上部に、斜めに取り付けられています。
真後ろに向けない事で、背面の壁等の影響を最小に抑えています。


単体で使用するスピーカーとしては、
ほぼミニマムと言ってよい115mm径のウーハーですから、
スケール感のある重低音は望めませんが、充実した中音域により、
サイズ以上の実在感のある再生を実現しています。
小音量時にも明瞭なサウンドを実現するツィーターを搭載。

プライベートスペース等、音量が上げられない様な場所で、その実力を発揮します。
また、BGM的な小音量でも音が潰れる事なく、
しっかりとしたディテール表現を楽しむ事が出来ます。



DALI MENUET/MR ブックシェルフ型スピーカー
定価145,000円(ペア/税別) → 中古販売価格69,800円(税込) 55%OFF

形式 : 2Way・バスレフ型
周波数特性 : 59~25,000Hz(±3dB)
クロスオーバー周波数 : 3,000Hz
能率 : 86.0dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 4Ω
搭載ユニット
 ・ツィーター : 28mmソフトドーム型
 ・ウーハー : 115mmウッド・ファイバーコーン型
サイズ : W150mm*H250mm*D230mm
重量 : 4.1kg

取説有り


おなじ『MENUET』の代替箱をご用意できましたので、地方発送も可能になりました。


『MENUET/MR』の中古品は完売しました。


お電話でもご注文を承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

まずはSACDの新譜から。


※河野智美 ザ・スペイン (MECO-1053) SACDハイブリッド NEW

繊細なタッチで高い評価を得ている、ギタリスト・河野智美の最新版『ザ・スペイン』です。
高音質録音で有名なART INFINIレーベルからの、4枚目のアルバムとなります。
過去のアルバム、『祈り』(2013年)、『リュクス』(2015年)、『ザ・バッハ』(2017年)と、
3枚のアルバム(SACD)は全て、『レコード芸術誌』で特選盤の評価を得ています。

過去の3枚のアルバムのご紹介↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2018/02/sacd_26.html

今回のアルバムのテーマは『スペイン』。
レコーディングの為にスペインに渡り、現地で研鑽を積み完成させた、
スペイン・ギター名曲集となっています。


もう1枚はアナログレコード。


※マルタ・アルゲリッチ Chopin - The Legendary 1965 Recording <限定盤>
(2564637286) LP

1965年のショパン・コンクール優勝直後に行われた、セッション録音の初LP化です。
録音をしたのは良いけれど、版権等の関係で製品化されず、
34年の時を経て、1999年に初めてCDとして販売されました。
2011年に発売されたSACDは店頭でも人気が高いソフトです。

SACD盤のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2018/07/blog-post_21.html

ふとカタログを調べていたら、LP盤が出ているではありませんか。
元々レコードで発売予定の録音を、レコードで聴けるチャンスです。



河野智美 : ザ・スペイン NEW
定価3,000円(税別)
規格品番 : MECO-1053
フォーマット : SACDハイブリッド
レーベル : ART INFINI


マルタ・アルゲリッチ
Chopin - The Legendary 1965 Recording
販売価格2,360円(税込) 限定盤
規格品番 : 2564637286
フォーマット : LP/輸入盤
レーベル : Warner Classics


レコードは数量限定盤ですので、お早めにお声がけください。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年2月18日月曜日

【展示品処分】クリアランスセール!! イタリア・audel社のブックシェルフ型スピーカー『Amika』の展示品処分を行います。積層合板製の強固なエンクロージャーが魅力です。

イタリア・audel社のブックシェルフ型スピーカー『Amika』の展示品処分を行います。


※audel Amika ブックシェルフ型スピーカー

『Amika』は、バーチウッドの積層合板で作られたエンクロージャーが特徴です。


※Amikaのエンクロージャーの側面

バーチウッドの積層合板をCNC加工で切り抜き、
その後接着、プレスを行い完成する、強固なエンクロージャーです。
側面を見ると、薄い板が積み重なってる様子が分かります。
バスレフポートも同時に切り抜き加工されており、
通常のポートに比べ強度を高める事で、不要な共振を抑えているそうです。

加工後バリを取り、蜜ろうワックスで仕上げられたエンクロージャーは、
使い込むほど、美しい光沢を持つ事になります。

エンクロージャーは最近の製品では珍しい、奥行の浅いデザイン。
バスレフポートはフロントにありますから、棚等に設置する際にも自由度が上がります。

フロントバッフルがユニットに対して広い事もあり、
音場は横方向に広がる傾向で、音像も少し前目に定位します。



低域は量感よりもリズム感重視。
現代の多くの小型スピーカーの特徴ともいえる、
ウーハーサイズを疑うような重量感のある低域は出ませんが、
軽やかで、弾むような感じの低域が、ポンポンと出てきます。

ボーカル帯域の密度感も高く、前に出てくる、スピーカーの存在を感じさせる中域。
そこに華やかな高域がつながり、聴いてると気分が明るくなる様なサウンドが魅力です。

華やかでありながらも耳馴染みの良いサウンドなので、
生活の中で長時間音楽を聴かれる方におすすめします。


audel artloudspeakers Amika ブックシェルフ型スピーカー
定価188,000円(ペア/税別) → 展示品処分価格142,000円(税込) 30%OFF
クリアランスセール特別価格でさらにお買い得に!!

型式 : 2ウェイ・バスレフ型
搭載ユニット
 ・ツィーター : 25mm径・ソフトドーム型
 ・ウーハー : 127mm径・コーティング・ペーパーコーン
クロスオーバー周波数 : 2,200Hz
再生周波数特性 : 45Hz~20,000Hz
能率 : 88dB
インピーダンス : 8Ω
仕上げ
 ・キャビネット : バーチウッドの積層 / 蜜ろうワックス仕上げ
 ・フロントパネル : エボニー(黒檀) / 蜜ろう艶出し
サイズ : W255mm*H255mm*D180mm
重量 : 3kg
  ※サランネットは付属していない製品です。


ご販売価格等はお電話でお問合せ下さい。

また、お電話でのご注文も承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年2月16日土曜日

【中古情報】クリアランスセール!! DENONのプリメインアンプ『PMA-2000RE』の中古価格を見直しました。

DENONの『PMA-2000 Series』の最終バージョンとなる、
『PMA-2000RE』の中古価格を、クリアランスセールに伴い見直しさせて頂きました。


※DENON PMA-2000RE プリメインアンプ

『PMA-2000RE』は初代『PMA-2000』から続く、
『UHC-MOS』のシングル・プッシュプル回路を継承しています。
※最新モデルの『PMA-2500NE』も、『UHC-MOS』のシングル・プッシュプル回路を継承しています。

『PMA-2000RE』では、その『UHC-MOS』の許容電流能力のピーク電流が、
従来のおおよそ2倍の210Aとなった最新仕様を採用しました。
さらに、『UHC-MOS』とヒートシンクの間に銅板を追加する事で、
放熱性を高め、より安定した動作を実現しています。
パワーアンプの入力段には、2つのトランジスター(FET)が1つにパッケージされた、
特性のそろった『DualFET』を採用する事で、温度変化の影響を抑えています。


クラス最高レベルのパワーアンプ部を支える電源は、
2つのEI型トランスを並列接続で搭載する伝統の構成となっています。
トランスの配置をそれぞれ逆向きとする事で、
トランスから発生する磁気の影響をキャンセルする、L.C.マウント方式を採用しています。


プリ回路の出力段には、ディスクリート構成のフラットアンプを採用。
クラスとしては贅沢な27型大型ボリュームを採用し、
小音量でのリニアリティと質感も高い、『PMA-2000 Series』の集大成と言える内容です。


後継機のあたる『PMA-2500NE』は、USB-DAC機能を搭載していますが、
『PMA-2000RE』はアナログ入力のみの構成となっています。

MM/MCに対応したフォノイコライザーや、
プリアウト出力、パワーアンプ・ダイレクト入力、
録音用入出力等、豊富な端子類も『PMA-2000RE』の魅力です。



DENON PMA-2000RE プリメインアンプ
定価180,000円(税別) → 中古販売価格89,800円(税込) 53.8%OFF
                    ※旧販売価格99,800円(税込)

定格出力 : 80w+80w(8Ω)
入力
 ・RCA入力*4系統
 ・Phono入力*1系統 : MM/MC対応
 ・レコーダー用入出力(RCA)*2系統
 ・PowerAMPダイレクト入力(RCA)*1系統
出力 : PRE出力(RCA)*1系統
スピーカー出力 : 2系統(常時A+B出力)
周波数特性 : 5Hz~100kHz(+0dB、-3dB)
トーンコントロール
 ・BASS : 100Hz ±8dB
 ・TREBLE : 10kHz ±8dB
サイズ : W434mm*H181.5mm*D434.2mm(端子、ツマミ、フット含む)
重量 : 24.4kg


元箱等あり。


『PMA-2000RE』の中古品は完売しました。


フロントパネル下部に、小さな当てキズがあります。


※PMA-2000RE中古品のキズ


『PMA-2000RE』の中古品は、Webからもご注文頂けます↓
https://online.nojima.co.jp/commodity/2/PMA2000RE_102/


また、お電話でもご注文を承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

【期間限定デモ】Accuphaseのオプション・フォノイコライザーボード『AD-50』が、期間限定でお聴き頂けます。

Accuphaseのプリメインアンプと、プリアンプ『C-2100 Sereis』用の、
オプション・フォノイコライザーボード『AD-50』を期間限定でご用意しました。


※Accuphase AD-50 オプション・フォノイコライザーボード

『AD-50』はAccuphaseのプリメインアンプ、プリアンプ背面にある、
オプションスロットに挿入する事で、MM/MCに対応したフォノ入力を増設する為のものです。

1996年に登場した『AD-10』から4世代目にあたる製品で、
従来のモデルに対し、MCポジションでのS/Nが大幅に改善されています。
現行モデルでは、アンプのフロントパネルでMM/MCの切替も行えるようになっています。
フロントに切替の無い旧型製品でも、もちろん使用可能となっていますが、
その場合はボード上でMM/MCの切替を行う必要があります。


※AD-50 設定用切替スイッチの場所

本体に挿入する前に、ボード上でMCの入力インピーダンス(30/100/300Ω)と、
サブソニックフィルターのON/OFFの設定が可能となっています。
ボードの価格は定価60,000円(税別)ですが、こちらをしっかりとした筐体に入れ、
専用の電源回路と、様々なアンプとの接続に対応する出力段を組み合わせ、
単体フォノイコライザーとした場合は、この倍以上の販売価格になるとも言われています。

能力だけでなく、スペースファクターと言う面でも、
Accuphaseユーザーにはとても嬉しい製品と言えるでしょう。

元々は、プリアンプユーザーを想定した製品グレードですが、
それがエントリークラスのプリメインアンプ『E-270』でも使用可能。
レコードを多く聞かれる方には、かなり贅沢な再生が出来る点も魅力と言えます。


2月26日(火)までの期間限定デモンストレーションとなります。


期間中は、Accuphaseの最新プリメインアンプ『E-470』の、
オプションスロットに装着してデモンストレーションを行っています。


※E-470に装着した状態


Accuphase AD-50 オプション・フォノイコライザーボード
定価60,000円(税別)

入力 : RCA端子*1系統(アース端子付き)
ゲイン
 ・MM : 40dB
 ・MC : 66dB
入力インピーダンス
 ・MM : 47kΩ
 ・MC : 30/100/300Ω切替(ボード上のスイッチで切替)
サブソニックフィルター : 25Hz -12dB/octave (ボード上のスイッチで切替)
保証特性(C-2120装着時)
 ・MM : 入力感度2.5mV(2V出力時) / S/N 86dB
 ・MC : 0.126mV(2V出力時) / S/N 84dB




▽△

【期間限定デモ】Accuphaseのプリメインアンプ『E-370』を期間限定でご用意しています。店頭常設機も合わせ、Accuphaseのプリメインアンプ全モデルがお聴き頂けます。

2月25日(月)までの期間限定で、
Accuphaseのプリメインアンプ『E-370』をご用意しました。


※Accuphase E-370 プリメインアンプ

『E-370』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2015/10/accuphasetias-20152e-370p-7300.html


オーディオスクェア藤沢店では、Accuphaseのエントリーモデル『E-270』の他、
最新モデルの『E-480』、純A級アンプを搭載した『E-650』を常設していますので、
この期間中は、Accuphaseのプリメインアンプ全モデルをお聴き頂けます。


『E-370』の展示は、2月25日(月)までの期間限定となります。



Accuphase E-370 プリメインアンプ
定価400,000円(税別)

定格出力 : 100w+100w(8Ω)、150w+150w(4Ω)
入力
・RCA端子*5系統
・XLR端子*2系統
・パワーアンプ入力(RCA端子)*1系統
出力 : プリアウト出力(RCA端子)*1系統
入出力 : 録音用入出力(RCA端子)*1系統
オプションボードスロット : 2系統
ダンピングファクター : 400
サイズ : W465mm*H171mm*D422mm
重量 : 22.7kg



『E-270』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2016/11/accuphasee-270.html

『E-480』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2018/10/accuphasee-480.html

『E-650』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2017/10/tias-2017accuphasee-650mc.html




▽△

2019年2月15日金曜日

【期間限定デモ】フランス・ATOLLのプリメインアンプ『IN300』を、期間限定でご用意しています。

フランス・ATOLLのプリメインアンプ『IN300』を、期間限定でご用意しました。


※ATOLL IN300 USB-DAC機能搭載プリメインアンプ

『IN300』は、ATOLL久々の新しいラインナップの製品で、
中核モデル『IN200 Series』(現行『IN200 Signature』定価260,000円/税別)と、
トップモデル『IN400』(定価690,000円/税別)の間を埋める製品です。


内部はATOLLらしく、デュアルモノラル構成。
440VAのトロイダル型トランスを左右独立で搭載。
コンデンサーは中容量(6,800μF)を12本、合計81,600μF分搭載しています。
この電源部で、MOS-FET・3パラ・プッシュプルの出力部をドライブし、
150w/8Ω/chの定格出力を取り出しています。

また弟モデル『IN200 Signature』ではオプション扱いの、
USB入力に対応したDACボードが、標準で搭載されている点も特徴です。
搭載されるDACは、同軸*2系統、光*2系統、USB-B入力が1系統装備されています。


※ATOLL IN300 背面

USB-B入力は、PCM系・最大384kHz/32bit、DSD系・最大5.6MHzに対応しています。

アナログ入力も豊富で、RCA端子が5系統の他、XLR端子を1系統装備。
その他、プリ出力もRCA端子で2系統装備されています。

スピーカー端子はティルル銅を採用した、
ATOLLの独自設計のものが、採用されています。


強力な電源部に支えられた、エネルギー感あるサウンドが魅力です。

2月24日(日)までの、期間限定デモンストレーションとなります。



ATOLL IN300 USB-DAC機能搭載プリメインアンプ
定価420,000円(税別)

定格出力 : 150w+150w(8Ω)、260w+260w(4Ω)
アナログ入力
 ・RCA端子*6系統(内1系統、BY-PASS入力)
 ・XLR端子*1系統
アナログ出力
 ・プリアンプ(RCA端子)*2系統
 ・録音用出力(RCA端子)*1系統
その他出力
 ・ヘッドフォン出力(6.3mm標準ジャック)*1系統
 ・スピーカー端子*1系統
デジタル入力
 ・USB-B端子 : PCM系・最大384kHz/32bi、DSD系・最大5.6MHz
 ・同軸*2系統、光*2系統 : 最大192kHz/24bit
※日本の電波法未認証に付き、Bluetooth機能は使用できません
サイズ : W440mm*H100mm*D320mm
重量 : 15kg




▽△

2019年2月14日木曜日

今日は、バレンタインデーです。

今日は、バレンタインデーです。

皆様からの日頃のご愛顧に感謝して、
お店からチョコレートのプレゼントを、今年もご用意させて頂きました。


決算セールもスタートしていますので、今週末はぜひご来店ください。




▽△

2019年2月12日火曜日

【展示機導入】Pioneerの4K・Ultra HD Blu-ray対応ユニバーサルプレーヤーのフラグシップ・モデル、『UDP-LX800』の展示を開始しました。

昨年末に登場した、Pioneerの4K・Ultra HD Blu-ray対応ユニバーサルプレーヤーの、
新しいフラグシップ・モデル『UDP-LX800』の展示デモ機が到着しました。


※Pioneer 4K・Ultra HD Blu-ray対応ユニバーサルプレーヤー NEW

『UDP-LX800』は、数多くの魅力的な映像系プレーヤーを輩出してきたPioneerが、
新たなリファレンスモデルとして登場させた、高級・高性能ユニバーサルプレーヤーです。

内部は各部を独立配置した、3分割シャーシを採用。
センターに配置されたPioneer独自のハニカムメカカバーを採用したドライブメカは、
振動伝達を抑えるべくダンパーを介して、シャーシからフローティングされています。


※UDP-LX800のドライブメカ・マウント構造

フラグシップモデルらしく、高剛性で低重心なシャーシを採用。
1.6mm厚の鋼板シャーシの下には、
3mm厚の鋼板(リジッドアンダーベース)が7取り付けられています。
また、トップパネルには1mm厚の黒色鋼板を採用し、
サイドパネルには制振性の高いアルミを使用しています。
インシュレーターには亜鉛ダイキャスト製を採用するなど、
オーディオプレーヤーとしても周到なシャーシ設計が行われています。


メカ部を挟んで、左側に電源部を搭載。
アナログオーディオ回路とデジタル系に、それぞれ専用電源を搭載しています。
アナログ回路用にはトロイダル型トランスと、オリジナル・コンデンサーが採用されています。


※UDP-LX800 内部構造

右側にはD/Aコンバーター回路を搭載。
Pioneer久々の本格的SACDプレーヤーとして登場し評価も高い、
『PD-70AE』と同様のESS社製DAC『ES9026PRO』を左右独立で搭載しています。
L/Rの信号経路のパターンをはじめ、パーツの配置に至るまで同一とした、
本格的なフルバランス構成のアナログ出力段を持つD/Aコンバーターです。

純粋なオーディオプレーヤーとしてのレベルも高く、
SACDの再生時など、映像回路が必要ない際には、
デジタルオーディオ系回路とビデオ系回路をOFFするダイレクト機能が搭載されています。
また、AVアンプと接続する際にはHDMI出力を優先し、
アナログ系の電源供給をカットする、トランスポート・モードも搭載されています。


※UDP-LX800のトランスモード時に動作する回路

HDMI端子は2系統装備。


※Pioneer UDP-LX800 背面

映像と、音声を独立して出力する事で、より高品位な伝送を実現しています。


オーディオスクェア藤沢店では、
SONYのSXRDパネル採用の、リアル4Kプロジェクター『VPL-VW225』、
JVCのDLPパネル採用の、4K対応プロジェクター『LX-UH1』を使用し、
120インチでご視聴頂けます。


SONY『VPL-VW255』展示開始のお知らせ↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2019/02/4k-sxrdsonyvpl-vw255.html

JVC『LX-UH1』展示開始のお知らせ↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2019/01/4kjvclx-uh1.html


Pioneer UDP-LX800 4K・Ultra HD Blu-ray対応ユニバーサルプレーヤー NEW
定価365,000円(税別)

再生可能メディア
 ・Ultra HD Blu-ray、Blu-ray、DVD、SACD、CD、DVD-Audio、DSDディスク他
映像出力解像度 : 480/60P、720/60P、1080/60i、1080/60P、1080/24P、4K/24P、4K/60P
ネットワーク : DLNA1.5準拠(LAN端子)
出力端子
 ・HDMI*2系統 / MAIN:映像・音声、SUB:音声
 ・USB-A端子*2系統(フロント、背面各1系統)
 ・同軸、光デジタル出力*各1系統
 ・アナログ2ch音声出力 : RCA*1系統、XLR端子*1系統
対応音声、映像ファイル
 ・MP3、WMA、AAC等
 ・AIFF、ALAC : 最大192kHz/24bit
 ・WAV : 最大192kHz/24bit / 7.1ch(PCMコーデック)対応
 ・FLAC : 最大192kHz/24bit / 5.1ch対応
 ・DFF、DSF : 最大5.6MHz / 5.1ch対応
 ・JPEG、PNG、GIF、MP4、WMV、AVI3GP等の静止画、ビデオ信号
※ファイルによっては動画に対応していないものもあります。対応ファイルに関してはメーカーHPでご確認ください↓
サイズ : W435mm*H131mm*D339mm
重量 : 14.5kg




▽△

2019年2月9日土曜日

【展示品処分】クリアランスセール!! Bowers&Wilkinsのトールボーイ型スピーカー『804D3』の展示品処分を行います。

Bowers&Wilkinsのトールボーイ型スピーカー『804D3』の、展示品処分を行います。
展示期間短めの訳あり品で、クリアランスセールの目玉です。


※Bowers&Wilkins 804D3(PB) トールボーイ型スピーカー

今回の展示品の仕上げは人気のピアノ・ブラック仕上げ。

25mm径のダイアモンド・ドーム・ツィーターに、
黄色いケブラー・コーンに比べ、圧倒的に共振の減衰が早い、
130mm径のコンティニューム・コーンを採用したミッドレンジを組み合わせています。
165mmのウーハーには、より大きなウーハーを搭載した上位モデルと同様の、
エアロフォイル・コーンが採用されています。

ツィーターが収められるケースはアルミニウム削り出し。
ミッドレンジとウーハーはアルミ製のリングにより、
フロントバッフルから浮かぶ様に取り付けられており、
R面加工がされたバッフル面と合わせ、より高い空間表現を手に入れています。

ブックシェルフ型の『805D3』に対し、
バッフル面が大きくなり、その影響も大きくなってしまう事で、
定位や空間表現が乱れやすくなるトールボーイ型の弱点が、
大幅に低減されているのが『804D3』の魅力と言えます。


リビングサイズの部屋で取り回しの良い、
高性能、高解像度スピーカーをお探しの方におすすめの製品です。
また、大きすぎないウーハーにより、プリメインアンプを中心に添えた、
シンプルなシステムを構築するのにも、向いているモデルと言えます。


『804D3』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.com/2016/04/bowers.html



Bowers&Wilkins 804D3 トールボーイ型スピーカー
定価1,520,000円(ペア/税別) → 展示品処分価格1,250,000円(税込) 23.8%OFF
※展示品処分品の仕上げは、ピアノ・ブラック仕上げとなります。

形式 : 3ウェイ・バスレフ型
搭載ユニット
 ・ツィーター : 25mmダイヤモンド・ドーム・ツィーター*1基
 ・ミッドレンジ : 130mmコンティニューム・コーンFSTミッドレンジ*1基
 ・ウーハー : 165mmエアロフォイル・コーン・ベース*2基
周波数レンジ : 20Hz~35kHz
周波数レスポンス : 24Hz~28kHz (基準軸に対し±3dB)
能率 : 89dB (2.83V/1m)
インピーダンス : 8Ω (最低3.0Ω)
サイズ : W238mm*H1,019mm*D345mm (脚部含まず)
重量 : 33kg


『804D3』の展示品は完売しました。


お電話でもご注文を承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

【展示機導入】リアル4K表示!! 反射式液晶パネル『SXRD』を搭載したプロジェクター、SONY『VPL-VW255』の展示を開始しました。

SONYのリアル4K投射対応プロジェクター、『VPL-VW255』の展示を開始しました。


※SONY VPL-VW255 SXRD採用・4K HDRプロジェクター NEW

『VPL-VW255』は反射式液晶パネル『SXRD』を搭載し、
劇場のデジタルシネマプロジェクターと同様の、
リアル4K(4,096*2,160』の解像度を実現した家庭用ビデオ・プロジェクターです。

約2倍の電動ズームレンズを搭載。
フォーカス、レンズシフト機能も電動で行えます。
また120インチ投射時の投影距離は、約3.7m~7.5mと幅広く、
しかも広範囲のレンズシフト機能と合わせ、セッティングの自由度が高いのも魅力です。
ランプ寿命も『低』モード時で6,000時間と高寿命。
低モードでも、一般家庭で遮光カーテンを使用した状態でも、
必要にして十二分な明るさを確保しています。


画質は、さすがリアル4Kと言える解像度の高さが感じられるもの。
SONYらしい、青と緑の発色の良い、クリアーな映像も魅力的です。



SONY VPL-VW255 4K&3D対応SKRDパネル採用プロジェクター
定価オープン → メーカー直販サイト価格:494,880円(税別)534,470円(税込)

表示デバイス : 0.74型『SXRD』デバイス(4,096*2,160)*3枚
解像度 : 4,096*2160(リアル4K)
レンズ : 2.06倍電動ズーム・フォーカスレンズ / f=21.7~44.7mm、F3.0~4.0
レンズシフト機能 : 上85%/下80%、左右31%(電動)
光源ランプ : 高圧水銀ランプ/280W(ランプ寿命:ランプコントロール低で約6,000時間)
輝度 : 1,500lm
入力 : HDMI*2系統(HDCP2.2対応)
ファンノイズ : 約26dB
サイズ : W495.6mm*H205.3mm*D463.6mm(突起部含まず)
重量 : 約14kg


お値段等はお問い合わせください。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年2月8日金曜日

【展示機導入】発売開始以来大人気!! LUXMANのコンパクトな真空管アンプ『SQ-N150』の展示機が届きました。

昨年10月末の発売開始以来、品薄状態が続いていた、
LUXMANのコンパクトな真空管アンプ『SQ-N150』の、
店頭展示デモ機がやっと入荷しました。


※LUXMAN SQ-N150 真空管プリメインアンプ NEW

2007年に登場した、A4サイズのコンパクトな真空管アンプ『SQ-N100』と、
CDプレーヤー『D-N100』で構成された『Neo Classico Series』の第2弾となります。

『SQ-N150』は出力管にEL84(6BQ5)をプッシュプル構成で搭載し、
定格出力10w+10w(6Ω)を取り出しています。
全段のECC83(12AX7)も含め、スロバキアのJJ製を搭載し、より信頼性を上げています。

LUXMANらしくアクセサリー機能はフル装備。
MM/MCに対応したフォノ入力をはじめ、低域、高域のトーンコントロール、
左右のバランス調整機能、パワーメーター、ヘッドフォン出力の他、
別売もしくはCDプレーヤー『D-N150』の付属リモコンによる音量操作にも対応しています。

またコンパクトサイズですが、上質で精密感あふれる仕上げの筐体も魅力です。


EL84のプッシュプル回路らしい豊かな低音が魅力です。
その密度感と力強さは、その筐体サイズからは、ちょっと想像しがたい充実ぶりです。
『Neo Classico Ⅱ』としてシリーズ展開されている、
USB-DAC機能搭載CDプレーヤー『D-N150』とのデザイン的なマッチングも魅力です。
※『D-N150』のD/Aコンバーター部は、USB入力によるDSD信号には対応していませんが、
人気の高かったUSB-DAC『DA-150』をベースとした高品位な物です。



※LUXMAN Neo Classico Ⅱ Series NEW
D-N150(CDプレーヤー) & SQ-N150(真空管アンプ)


LUXMAN
SQ-N150 真空管アンプ NEW
定価228,000円(税別)

使用真空管 : EL84(6BQ5)*4本、ECC83(12AX7)*2本
定格出力 : 10w+10w(6Ω)
入力
 ・RAC端子*3系統
 ・フォノ入力(RCA端子)*1系統 : MM/MC対応
出力
 ・ヘッドフォン端子(Φ6.3mmステレオ標準ジャック)*1系統
 ・スピーカー出力*1系統
その他 : トーンコントロール(BASS、TREBLE)、左右バランス
サイズ : W297mm*H188mm*D251mm(前面ノブ20mm、背面端子21mm含む)
重量 : 12.4kg(本体)
付属品 : 電源ケーブル(JPA-10000)、真空管保護用ボンネット
オプション : リモコン(RA-25/サービスパーツ扱い:12,000円/税別)


※SQ-N150 オプション・リモコン RA-25


D-N150 USB-DAC機能搭載CDプレーヤー NEW
定価188,000円(税別)

対応ディスク : CD、CD-R
アナログ出力 : RCA端子*1系統
デジタル出力 : 光*1系統
デジタル入力
 ・USB-B端子*1系統 : PCM系・最大192kHz/32bit
 ・同軸、光*各1系統 : PCM系・最大192kHz/24bit
サイズ : W297mm*H97mm*D222mm(全面ノブ4mm、背面端子8mm含む)
重量 : 5.0kg(本体)
付属品 : 電源ケーブル(JPA-10000)、リモコン(RD-27)


『SQ-N150』と『D-N150』をセットでご購入の場合は、
『D-N150』に付属のリモコン『RD-27』で、『SQ-N150』の音量調整が行えます。




オーディオスクェアは『LUXMAN 正規取扱店』です。

http://www.luxman.co.jp/dealer/




 ▽△

2019年2月6日水曜日

【展示品処分】クリアランスセール!! 4K・Ultra HD Blu-ray再生対応のBDレコーダー、Panasonic『DMR-UBZ1』を決算処分特価でご提供!!

『4K・Ultra HD Blu-ray』の再生に対応した、
PanasonicのBDレコーダー『DMR-UBZ1』の展示品処分を行っています。


※Panasonic DMR-UBZ1 4K・Ultra HD Blu-ray再生対応BDレコーダー

 181,440円(税込)で展示品処分を行ってきましたが、
決算前のクリアランスセールに伴い、そこから大幅プライスダウン!!

皆さんが『このくらいでしょ?』と思われた価格を、
間違いなく(良い意味で)裏切る衝撃価格でご提供させて頂きます。

価格に関しては、こちらに書けませんので、
ご興味のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。


Panasonic DMR-UBZ1 Ultra HD Blu-ray対応レコーダー
定価OPEN → 展示品処分特価はお問い合わせください。
  ※発売時メーカー想定販売価格400,000円前後

HDD容量 : 3TB
チューナー数 : 地上デジタル*3、BS・110度CS*3
出力
 ・2chアナログ音声出力 : RCA*1系統、XLR*1系統
 ・デジタル音声出力 : 同軸、光*各1系統
 ・映像出力 : HDMI*2系統(4K対応は1系統)
インターネットサービス
 ・4K:NETFLIX、prime video、dTV、acTVila、Berliner Philharmoniker、YouTube
 ・hulu、TSUTAYA TV
※一部インターネットサービスはバージョンアップにて対応となります。
サイズ : W438mm*H77mm*D239mm(突起物含まず)
重量 : 約8.2kg


『DMR-UBZ1』の展示品は完売しました。


お問い合わせ、ご注文はお電話でも承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603


『DMR-UBZ1』の状態はこちらから↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2018/09/4kultra-hd-blu-raypanasonicbddmr-ubz1.html

『DMR-UBZ1』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2015/11/panasonicultra-hdbddmr-ubz1.html




▽△

2019年2月5日火曜日

【展示品処分】DALIのBluetooth対応・トールボーイ型スピーカー『ZENSOR 5AX』の展示品処分を行います。

DALIの歴史の中でもスマッシュヒットとなった、
『ZENSOR Series』のトールボーイ型スピーカー『ZENSOR 5』をベースに、
パワーアンプを内蔵させ、Bluetoothにも対応させた、
『ZENSOR 5AX』の展示品処分を行います。


※DALI ZENSOR 5AX (Lch) Bluetooth対応・アクティブ型スピーカー

『ZENSOR 5AX』は左chにアンプが内蔵されています。
こちらに50w+50wのDクラスアンプと、デジタル、アナログ入力端子、
Bluetoothの受信部などが搭載されています。

右chはベースとなった『ZENSOR 5』そのもので、
左chのパワーアンプでドライブする事になります。


※DALI ZENSOR 5AX (右ch) パッシブチャンネル

搭載されるユニットは、もちろん高い人気を誇った『ZENSOR Series』そのもの。
25mm径のソフトドームと、130mm径のウッドファイバーコーンが採用されています。


※ZENSOR 5AXに搭載されるユニット

Bluetoothスピーカーとしては大型ですが、
別途アンプが必要ありませんから、最小ピースのシンプルなシステムが構築できます。


『ZENSOR 5AX』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2017/02/bluetoothdalizensor5-ax.html




DALI ZENSOR 5AX  パワーアンプ内蔵トールボーイ型スピーカー
定価138,000円(ペア/税別) → 展示品処分価格88,200円(ペア/税込) 40.8%OFF

形式 : 2ウェイ3スピーカー・バスレフ型
搭載ユニット
 ・高域 : 25mmソフトドーム型*1基
 ・低域 : 130mmウッドファイバーコーン*2基
周波数特性 : 43Hz~26.5kHz
クロスオーバー周波数 : 2.4kHz
入力
 ・アナログ入力 : 3.5mmステレオミニ端子*1系統
 ・デジタル入力 : 角型光*1系統 / PCM信号・96kHz/24bit
 ・Bluetooth : Apt-X対応
出力
 ・スピーカー端子 : 右ch接続用*1系統
 ・サブウーハー用出力 : RCA端子・モノラル出力、クロスオーバー80Hz
搭載アンプ : フルデジタル・Dクラスアンプ / 50w+50w
消費電力 : 160W / スタンバイ時 0.5W
サイズ : W212mm*H840mm*D282mm(ベース、端子含む)
重量 : 11.0kg(左ch)
仕上げ : ライトウォルナット
付属品 : リモコン、光ケーブル


メーカー保証付き。
リモコンに若干のキズがありますのでご了承ください。


『ZENSOR 5AX』の展示品は完売しました。


お電話でもご注文を承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年2月4日月曜日

今週入荷した、おすすめソフトのご紹介です。

今週末、おすすめソフトのご紹介です。
今回は、アート・ペッパーの代表作『Meets The Rhythm Section』の、
アナログ・レコードが入荷しました。


※Art Pepper Meets The Rhythm Section <限定盤> (JIMLP37103) NEW

JAZZ黄金期に活躍した写真家、ウィリアム・クラストンが撮影した、
演奏家たちの貴重な写真をジャケットにしたシリーズからの1枚です。

『Meets The Rhythm Section』のオリジナルは1957年の録音。
今回のジャケット写真は1956年に、
ロス周辺のアート・ペッパーの自宅そばの坂で撮影されたものです。

タイトルのリズム・セクションとは、
当時のマイルス・デイヴィスのリズム・セクションの事を指します。
メンバーは、レッド・ガーランド(ピアノ)、ポール・チェンバース(ベース)と、
フィリー・ジョー・ジョーンズ(ドラム)の3人。
当時、東海岸を主な活動拠点としていたマイルス・デイヴィスが、
西海岸を訪れていた際に録音されたアルバムで、
アート・ペッパーの代表的アルバムであるのと同時に、
オーディオファンの間では、高音質なアルバムとしても有名です。



Art Pepper
Art Pepper Meets The Rhythm Section NEW
販売価格2,370円(税込) 限定盤
規格品番 : JIMLP37103
フォーマット : 180g重量盤LP/輸入盤
レーベル : Jazz Images



数量限定となりますので、お早めにお声がけ下さい。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年2月3日日曜日

【展示品処分】DALIのブックシェルフ型スピーカー『ZENSOR 1』の展示品処分を行います。

DALIのブックシェルフ型スピーカー『ZENSOR 1』の展示品処分を行います。


※DALI ZENSOR 1 ブックシェルフ型スピーカー

『ZENSOR 1』は、DALIの名前を一躍有名にしました。
また、世界のエントリーモデル達の基本能力を一気に高める事になりました。

ツィーターの振動板も、発売当時は『ZENSOR Sereis』の上位モデルよりも、
薄く、軽いものを採用するなど、積極的に最新の技術を取り込んでいました。

昨年、新製品の『OBERON Series』が登場し、『ZENSOR Sereis』は完了となりました。
最終入荷分を数多く抑えさせて頂き、その販売の為に『ZENSOR 1』は、
そのまま店頭でデモンストレーションを続けていましたが、
そちらもそろそろ完売となりそうなので、展示機の処分をさせて頂きます。


コンパクトなサイズと、すこし明るめのサウンドが魅力。
ミニコンポやセットコンポの、スピーカーグレードアップにも最適な鳴らしやすさも魅力です。



DALI ZENSOR 1 ブックシェルフ型スピーカー
定価43,800円(ペア/税別) → 展示品処分価格21,800円(税込) 53%OFF

構成 : 2Way・バスレフ形
使用ユニット
 ・ツイーター : 25mmソフト・ドーム型*1基
 ・ウーハー : 135mmウッドファイバー・コーン型*1基
周波数特性 : 53Hz~26.5kHz(±3dB)
クロスオーバー : 2.9kHz
能率 : 86.5dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 6Ω
サイズ : W162mm*H274mm*D228mm
重量 : 4.2kg

メーカー保証付き
展示品処分品の仕上げは、ライト・ウォルナット調仕上げとなります。


『ZENSOR 1』の展示品は完売しました。


お電話でもご注文を承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2019年2月2日土曜日

【期間限定デモ】最上位モデルの振動板技術を継承した、MonitorAudioの新製品・ブックシェルフ型スピーカー『Studio』を期間限定でご用意しました。

イギリス・MonitorAudioの新しい、そしてシンプルなデザインをまとった、
ブックシェルフ型スピーカー『Studio』を、期間限定でお聴き頂けます。


※MonitorAudio Studio ブックシェルフ型スピーカー NEW

『Studio』はサランネットすら無い、シンプルなデザインが特徴ですが、
搭載されるドライバー(ツィーター、ウーハー)には、
最上位シリーズである『Platinum Ⅱ』直系の振動板が採用されています。

ツィーターには、カプトン素材を使用したフィルムを採用した、
『MPD(Micro Plated Diaphragm』が採用されています。


※MonitorAudio MPD ツィーター

『MPD』はカプトン・フィルムをプリーツ状に折りたたんだ形状で、
同じサイズのドーム型振動板に対し約8倍の振動板面積を持っています。
一般的にはハイル・ドライバーと呼ばれる形式のユニットとなります。
『Studio』用にサイズを見直すと共に、
ウーハーとの近接配置を実現するようリデザインされています。

近接配置されるウーハーユニットの振動板には、
『RDT Ⅱ Driver(Rigid Diaphragm Technology 2hd Generation)』が採用されました。


※RDT Ⅱ Driver カットモデル

『RDT Ⅱ』はノーメックス製のハニカム構造体を、
表側はMonitorAudioを代表する振動板素材『C-CAM』で、
裏面はカーボンファイバーで挟み込んだ、複合素材性の振動板です。
※C-CAM : アルミ・マグネシウム合金の表面をセラミック化した振動板用素材

ツィーターを挟んでウーハーが2基搭載されており、
3つのユニットはダイキャスト製のサブバッフルに取り付けられています。


※ユニットが取り付けられたサブバッフル

このサブバッフルごと、キャビネットの後方からテンションロッドで固定されています。


※MonitorAudio Studio カットモデル

バスレフポートは背面の上下に配置されています。
2ヶ所のポートによりウーハーの背圧が、エンクロージャー内で均等になるそうです。
ポートの形状は通常の円形ではなく、スリット状とする事で、
ポートノイズの低減と、レスポンスの向上を狙っています。


ウーハーは10cm径を2発搭載のコンパクトなスピーカーですが、
サイズ以上の豊かさを感じさせる低域が魅力です。
『Platinum Ⅱ』と同じ、『MPD』をツィーターに採用していますが、
こちらの方が少しやさしい質感を持っている事も、
低域がより豊かに聞こえる理由かもしれません。
スピーカーのセンターにしっかりと音像が定位しながらも、
左右方向へ広がっていく空間表現も魅力的です。


2月12日(火)までの期間限定展示となります。


また今回は、専用スタンド『STAND』と組合わせてデモンストレーションを行っています。


※MonitorAudio Studio 専用スタンドとのセット NEW


MonitorAudio
Studio ブックシェルフ型スピーカー NEW
定価220,000円(ペア/税別)

形式 : 2ウェイ・3スピーカー・バスレフ型
搭載ユニット
 ・ツィーター : MPDトランジューサー*1基
 ・ウーハー : 100mm・RDT Ⅱ ドライバー*2基
周波数特性 : 48Hz~60kHz(-6dB)
クロスオーバー周波数 : 2,700Hz
能率 : 86dB/1w/1m
インピーダンス : 4Ω(最低2.9Ω @3.5kHz)
サイズ : W156.2mm*H340mm*D360.9mm
重量 : 7.1kg/台
仕上げ : Satin White、Black、Grey(受注オーダー)


※Studio 仕上げ

STAND Studio専用スタンド NEW
定価60,000円(ペア/税別)

素材 : アルミニウム
サイズ : W296.2mm*H605.5mm*D324.7mm(スパイク使用時:H625.5mm)
重量 : 4.1kg/1台
仕上げ : White、Black


※MonitoAudio STAND Black仕上げ




▽△

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。