最新の更新

【展示機導入】Accuphaseの純A級ステレオパワーアンプの新製品、『A-75』の展示を開始しました。

Accuphaseの純A級ステレオパワーアンプの最上位モデル『A-75』の出荷が開始されました。 お店にもデモ用展示機が到着。展示を開始させて頂きました。 ※Accuphase A-75 純A級ステレオパワーアンプ NEW 『A-75』はAccuphaseのトッ...

2017年12月31日日曜日

『アナログ祭』のメインカートリッジ。今回はAccuphaseの『AC-6』を使用します。

『アナログ祭』のメインシステムに使用するカートリッジ、
今回は、Accuphaseの新型MCカートリッジ『AC-6』に決定しました。


※Accuphase AC-6 MCカートリッジ NEW

取り付けたプレーヤーは、Nottinghamの『Spacedeck』。


※Nottingham Analogue Studio Spacedeck ベルトドライブ式レコードプレーヤー

『AC-6』は内部インピーダンスが1.8Ωと大変低いのですが、
その出力は0.4mVと、大変高い値となっています。
このスペックだけを聞いても、
MCカートリッジファンなら一度は聴いてみたいと思われるのではないでしょうか。

AccuphaseのMCカートリッジは歴代素晴らしい物が多かったのですが、
今回の『AC-6』のスペックは、専業メーカーが驚くほどのものとなっています。

なかなかご試聴機をご用意できないものですので、この機会にぜひお楽しみください。


『TIAS2017』での発表&展示の様子はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/10/tias-2017accuphasee-650mc.html


Accuphase AC-6 MC型フォノカートリッジ NEW
定価370,000円(税別)

型式 : MC型
周波数特性 : 10Hz~50kHz
出力電圧 : 0.4mV(1kHz)
インピーダンス : 1.8Ω
針圧 : 1.9~2.2g(2.0g標準)
針先 : セミ・ラインコンタクト(3μm*30μm)
カンチレバー : Φ0.3mm無垢ボロン
自重 : 13.5g


『アナログ祭』は1月1日から5日まで開催します。
詳細、過去のイベントはこちらからご確認下さい↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/aud.html

アナログ祭 2018年・お正月

開催日 : 2018年1月1日(月)~1月5日(金)
開催時間 : 10:00から閉店まで
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店・試聴室


ご希望の組みあわせで、アナログレコードの魅力をお楽しみください。
1時間を目処に、お部屋のご予約も承ります。
レコードの持ち込みも、大歓迎です。


ご予約等は、お電話でお願いいたします。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

オーディオスクェア藤沢店、2017-2018年末年始営業時間のお知らせ。




日頃のご愛顧、誠にありがとうございます。
 
『湘南モール FiLL』の営業時間に合わせ、
年末年始の営業時間に変更がございますのでお知らせいたします
 
12月31日(日) : 短縮営業 10:00~19:00
1月1日(元旦) : 短縮営業 10:00~19:00
 
1月2日(火) : 通常営業 10:00~21:00
 
 
また、1月1日より5日までは、毎年恒例の『アナログ祭』を開催します。
 
今回は、話題のフォノイコライザー・SoulNote『E-2』をはじめ、
今年より正式取り扱いを開始しました、ヨシノトレーディング扱いの、
Nottingham、clearaudio、EARの人気商品もお聴き頂けます。
 
 
皆様のご参加、お待ちしております。

それでは皆様、良いお年を。
 
 
『アナログ祭』特設ページはこちらをクリック↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/aud.html




▽△

2017年12月30日土曜日

『アナログ祭』で使用する、レコードプレーヤーのご紹介です。今年から正式取扱を開始したヨシノトレーディング取り扱いの主要モデルをご用意しました。

お正月に開催する『アナログ祭』で使用するレコードプレーヤー等のご紹介です。

今回メインで使用するレコードプレーヤーは2機種。
共に、今年より正式取扱を開始したヨシノトレーディング扱いの製品です。


1台目は、藤沢店で展示をしているclearaudioの『concept』の上位モデル、『Performance DC』。


※clearaudio Performance DC ベルトドライブ式レコードプレーヤー

メインシャーシは、HDF材をアルミで挟み込む事で不要な振動伝達を抑えています。
この様に比較的柔らかい素材を金属で挟む構造は、
最先端な設計を行っているレコードプレーヤーのトレンドと言える方法。
リジッド構造に近い剛性を持ちつつ、
フローティング方式と同等と言える振動吸収性を併せ持っています。
シャーシの上に設置されているのが、厚さ40mmのPOM製プラッター。
このプラッターをマグネットの反発力を利用した、
フローティングタイプの軸受け『セラミック・マグネット・ベアリング』で、
プラッターに振動を伝えずにスムーズに回転させています。

付属されるトーンアームは『Satisfy』。


※clearaudio Satisfy カーボンファイバー製トーンアーム

『Satisfy』はカーボンファイバー製のトーンアームパイプを採用。
上下の動きをつかさどる垂直方向にはサファイヤ製のベアリングを、
左右の動きをつかさどる水平方向にはセラミック製のベアリングを、
それぞれ採用する事でスムーズな動きを実現しています。
アンチスケーティング機構に、マグネットを使用した非接触方式を採用するなど、
clearaudioのこだわりが詰まった、高品位なトーンアームです。



もう1台は、Nottingham Analogue Studioを代表し、ロングランを続けている『Spacedeck』。


※Nottingham Analogue Studio Spacedeck ベルトドライブ式レコードプレーヤー

発売当時は高トルクモーターの全盛期。
そこに、起動すら出来ない程の極小トルクのモーターを採用して登場しました。
なにせスタートする際に、手でターンテーブルを回してあげないといけない・・・。
初めて試聴させて頂いたときは、本当にびっくりしたものです。

回転を維持する事に最低限必要なモーターにより、
モーターに起因する振動を極限までカット、今までにない静かなプレーヤーでした。

異なる素材を組合せ、形状を吟味する事で共振を抑える設計が特徴。
それでいて構造はシンプル。
『Spacedeck』がロングランを続ける魅力は、そこにあると言えます。


ヨシノトレーディング扱いの製品をもう1つ。
EARのエントリーであり人気モデルのフォノイコライザー『834P MM/MC』もご用意します。


※EAR 834P MM/MC Black MM/MC対応フォノイコライザー

こちらもロングランを続ける真空管式のフォノイコライザー。
MCの入力は昇圧トランスを使用します。
シンプルな構成を採用する事で価格を抑えつつ、EARの魅力が味わえると、
高い評価を得ているフォノイコライザーを、ぜひご体験頂きたいと思います。


clearaudio Performance DC TypeS カートリッジレス・ベルトドライブ式レコードプレーヤー
定価468,000円(税別)

駆動方式 : ベルトドライブ
ドライブユニット : 半独立型ハイトルク振動制御DCモーター
対応回転数 : 33・1/3、45、78回転
プラッター : 40mm厚高密度POM製、CNC精密表面加工
ベアリング : セラミック・マグネット・ベアリング(CMB)
スピード許容誤差 : ±0.03%
搭載トーンアーム : Satisfy(サティスファイ)カーボン製トーンアーム
 ・実効長/有効長 : 9インチ(239.3mm)/222mm
 ・適応カートリッジ重量 : 2.5~17g
 ・オーバーハング : 17.31mm
サイズ : W420mm*H130mm*D330mm
重量 : 約11.5kg

Performanc DC カートリッジ付属仕様
定価498,000円(税別)
付属カートリッジ : Virtuoso V2 / MMカートリッジ

Preformance DC アームレス仕様
定価390,000円(税別)


Nottingham Analogue Studio Spacedeck ベルトドライブ式レコードプレーヤー
定価498,000円(税別)

駆動方式 : ベルトドライブ
ドライブユニット : 24極シンクロナスモーター
対応回転数 : 33・1/3、45回転 / 手動切替
プラッター : 37mm厚/重量7kg特殊アルミ合金製
ターンテーブルベース : 60mmブナ材HDFウッド
付属トーンアーム : 10インチSPACEARM/カーボンファイバー製アーム
 ・適応カートリッジ重量 : 6~13g
 ・軸受け : 特殊コバルト合金によるワンポイントベアリング方式
サイズ : W460mm*H210mm*D360mm
重量 : 21.5kg

ロングアーム(12インチ)仕様はプラス50,000円(税別)


EAR 834P MM/MC Black 真空管フォノイコライザー
定価238,000円(税別)

使用真空管 : 13D16*3本
入力感度(1kHz@1V output) : MM2.2mV、MC0.22mV(5Ω)
出力 : RCA端子*1系統
サイズ : W140mm*H105mm*D325mm
重量 : 3.2kg



『アナログ祭』のご紹介はこちらの特設ページでご確認ください↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/aud.html

アナログ祭 2018年・お正月

開催日 : 2018年1月1日(月)~1月5日(金)
開催時間 : 10:00から閉店まで
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店・試聴室


ご希望の組みあわせで、アナログレコードの魅力をお楽しみください。
1時間を目処に、お部屋のご予約も承ります。
レコードの持ち込みも、大歓迎です。


ご予約等は、お電話でお願いいたします。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2017年12月29日金曜日

【展示機導入】LUXMANの新しい真空管セパレートアンプ『CL-38uC』と『MQ-88uC』の展示を開始しました。

LUXAMNのセパレートアンプの中でも人気が高く、ロングランを続けていた、
真空管セパレートアンプがモデルチェンジし、
『CL-38uC』(プリアンプ)と『MQ-88uC』(パワーアンプ)として登場しました。

年末ぎりぎりに、デモ機のご用意が出来ましたので、早速展示させて頂きました。


※LUXMAN CL-38uC(下段) 真空管プリアンプ NEW
MQ-88uC(上段) 真空管パワーアンプ NEW

プリアンプの『CL-38uC』は前作より幅が40mm大きくなりました。
これは先行で発売された、真空管アンプ『LX-380』と、
真空管バッファ搭載CDプレーヤー『D-380』のサイズに幅を合わせた事によるものです。

『LX-380』と『D-380』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/09/luxman10cd.html

サイズアップにより背面スペースに余裕が生まれた為、
要望の多かったXLR端子によるバランス入力(トランス使用)が搭載されています。

基本構成は前作『CL-38u』を継承。
特にご購入の決め手になる事も多かったフォノ回路は、そのまま搭載されています。
MC入力用の昇圧トランスは、L/R独立、Low/High2段階のゲイン毎に独立の計4個を搭載、
アナログレコード・ファンには嬉しい仕様となっています。

木製のケースに囲まれた筐体は、
内部シャーシを全方位シールドの金属製とする事で、高いシールド性を誇ります。
電源にはチョークトランスも搭載。
電源トランスと共に一体型のシールドケースで覆う事で、磁束の漏れを抑えています。
真空管プリながら、聴感上のS/N感が高いと評価される『CL-38uC』の基本性能は、
こう言った周到な設計から生まれたものと言えます。

また、LUXMANのアンプの中でも、最も充実したアクセサリー回路も魅力。
ターンオーバー周波数をそれぞれ3つから選べる、BASS、TREBLEのトーンコントロール、
ステレオ、モノラルの切り替え、LOWカットスイッチ等々、
レコード再生時にあると便利な回路がしっかりと搭載されています。
また音量調整をリモコンで行える点も、高い評価を頂いています。


『MQ-88uC』も前作同様、『KT-88』の3極接続・プッシュプル構成を継承。
定格出力は必要にして十分な25w+25wを確保しています。
さらに今回は、4、8、16Ωそれぞれに独立したスピーカー端子を設けています。

入力は2系統。
1系統はボリュームをパスするダイレクト入力。
もう1系統は、フロントのボリュームで音量調整が出来るバリアブル入力となっています。
CDプレーヤーのみのシンプルなシステムであれば、直接接続も可能な仕様です。


ともに搭載される真空管は、スロバキアのJJ社製を採用。
信頼性を更にアップさせています。


『CL-38uC』と『MQ-88uC』の『TIAS2018』での発表の様子はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/10/tias-2017luxmancl-38umq-88ucustom-serise.html


この組み合わせで無ければ手に入れられない、繊細で緻密な絹の様な肌触りが魅力。
その肌触りにウォームさが加わり、何とも言えない豊かさを感じさせます。
また、歪の少ない出力トランスと、高いS/N感を誇るプリアンプにより、
広がり感のある、高い空間表現能力をもつ現代的な表現もあわせ持っています。
独特の浮遊感は、この組み合わせで無ければ手に入らない、オンリーワンの魅力と言えます。


LUXMAN
CL-38uC 真空管プリアンプ NEW
定価360,000円(税別) 

搭載真空管 : ECC83S*3本、ECC85*5本
入力 : RCA端子*3系統、XLR端子*1系統、フォノ入力(RCA端子)*1系統
録音用入出力 : RCA端子*1系統
プリ出力 : RCA端子*2系統
サイズ : W440mm*H169mm*D307mm
重量 : 13.3kg
付属品 : 音量調整用リモコン(RA-19)、電源ケーブル(JPA-10000)


MQ-88uC 真空管ステレオ・パワーアンプ NEW
定価390,000円(税別)

搭載真空管 : KT-88*4本、ECC83S*2本、ECC82*2本
定格出力 : 25w+25w(4、8、16Ω)
入力 : ダイレクト入力(RCA端子)*1系統、バリアブル入力(RCA端子)*1系統
出力 : スピーカー端子*1系統(4、8、16Ω独立)
サイズ : W440mm*H184mm*D230mm
重量 : 16.1kg
付属品 : ボンネット、電源ケーブル(JPA-10000)


オーディオスクェアは『LUXMAN 正規取扱店』です。

http://www.luxman.co.jp/dealer/




▽△

ステレオサウンド社の『SS Laboratory Series』のSACDソフト、ショルティ指揮『ワーグナー:歌劇《ラインの黄金》』が入荷しました。

ショルティ指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による、
『ワーグナー:舞台祝典劇《ニーベルングの指輪》』の歴史的名演が、
ステレオサウンド誌からSACDとして発売されました。

今回発売されたのは、序夜にあたる『歌劇《ラインの黄金》』です。


※『ワーグナー:歌劇《ラインの黄金》』 SSHRS-017/018 NEW

この音源は、アナログレコードの時代から、名演、名録音の誉れ高い物です。
現在CD等で発売されている物は、
アナログ・マスターテープからデジタル・リマスターされた音源を使用していますが、
実はかなり傷みがひどく、最新技術を駆使してノイズやキズ等を消しているそうです。
※ESOTERICが販売したSACD-BOX『ニーベルングの指輪』も、このリマスター音源を使用しました。

そんな中、アナログ時代にDECCAから日本に送られた、
レコード制作用のマスターテープとは別に、
もう1本、事故等の緊急時用バックアップテープが有ったという記録に基づき、
ユニバーサルミュージックが総力を挙げて捜索していたバックアップが発見されました。

今回のステレオサウンド誌によるSACDは、このバックアップテープから、
ほぼ無加工でDSD化された音源を使用して作成されています。
※話題となった、松田聖子の初期アナログ音源のSACD化プロセスと同じです。

原則として、超低域のカット、音を聴きやすくする為のイコライジング、
マスターテープに起因するノイズのカット、音飛びの補正等は行われていません。
このSACDの中には、限られた製作関係者のみが聴く事が出来た、
マスターテープに最も近い音が収められていると言えるでしょう。


数量限定生産品です。


『ワーグナー:歌劇《ラインの黄金》』 NEW
定価13,000円(税別)

指揮 : サー・ゲオルグ・ショルティ
演奏 : ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
品番 : SSHRS-017/18
仕様 : SACDシングルレイヤー
レーベル : SS Laboratory Series

一般CD販売店には並ばない商品となります。


これが発売される事を知った際、
『4つの作品の内、序夜だけが見つかった何てことはないよね』と、
スタッフ同士で話したのですが、やはりと言うか当たり前と言うか、
残り3作、『ワルキューレ』、『ジークフリード』、『神々の黄昏』も、
2018年に順次発売される事になりました。




▽△

2017年12月28日木曜日

【OUTLET特価情報】ミニマムサイズのFMチューナー、Pro-Ject『Tuner Box S』をお買い得価格でご提供します。

幅10cmの超小型FMチューナーの、OUTLET特価品をご用意しました。


※Pro-Ject Tuner Box S FMチューナー

『Tuner Box S』は、先日ご紹介した『DAC Box S USB』と同サイズのFMチューナーです。
横に置かせて頂いたCDジャケットとの比較で、そのサイズ感が分かると思います。


※Pro-Ject Tuner Box S 背面

アンテナの入力は75ΩのF型コネクタ。
ケーブルTV(J-comやフレッツ光TV等)に加入の方であれば、
TVへのアンテナ線を分岐して入力して頂ければ、FM放送を楽しめます。
※地デジアンテナはUHFの為、FM受信は出来ませんのでご注意ください。
アナログ放送時代のVHFアンテナがまだ取り付けられていれば、FMアンテナの代わりとして使用出来ます。

電源は付属のACアダプターで行います。


また、カード型のリモコンが付属しています。

またFM周波数は日本向け(76~90MHz)に変更されていますので、ご安心を。
チューニングはマニュアル、オート両方式。
プリセットも可能です。


Pro-Ject Tuner Box S 小型FMチューナー
旧定価45,000円(税別) → 台数限定OUTLET特価14,580円(税込) 70%OFF!!

アンテナ入力 : 75Ω
感度 : 7dB/μV(MONO)、17dB/μV(STEREO)
アナログ出力 : RCA端子*1系統
プリセット : 99局
サイズ : W103mm*H36mm*D103mm(D122mm/端子等含む)
重量 : 670g(本体のみ)
付属品 : ACアダプター、カード型リモコン

RCAケーブル、アンテナ線は付属しておりませんのでご注意ください。


OUTLET品の為、外箱等に痛みがありますのでご了承ください。

正規輸入品。2年のメーカー保証が付きます
  ※保証書はPro-Jecの輸入代理店となっているD&Mホールディングス発行です。




▽△

『アナログ祭』で話題のフォノイコライザー、SoulNoteの『E-2』がお聴き頂けます。

お正月恒例イベント『アナログ祭』(1月1日~5日開催)に、
話題のフォノイコライザー・SoulNOte『E-2』が登場します。


※SoulNote E-2 MM/MC/光電式対応フォノイコライザー NEW

『E-2』はSoulNoteの製品らしく、完全バランス無帰還回路を採用しています。
さらにイコライザー回路は左右独立基板となっています。

入力は4系統。
MCカートリッジ専用のバランス入力端子が1系統、
MM/MC両方に対応したアンバランス入力が2系統、
さらに、DS Audio社の光電式カートリッジ専用入力が1系統、
それぞれが装備されています。

また、RIAAカーブ以前のイコライザーカーブにも幅広く対応。
合計144種類のイコライザーカーブを、本体左側の3つのノブを使用して再現できます。

その他にもMCカートリッジに合わせての負荷インピーダンスの切替、
MMカートリッジの負荷容量切替も行えるなど、
レコード再生で必要な幅広い機能がほとんど装備されています。


SoulNote『E-2』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/10/soulnote.html

SoulNoteの音質検討用の部屋での、『E-2』の先行試聴ブログはこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/11/soulnotecsr11e-2.html


『アナログ祭』のご紹介はこちらの特設ページでご確認ください↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/aud.html

アナログ祭 2018年・お正月

開催日 : 2018年1月1日(月)~1月5日(金)
開催時間 : 10:00から閉店まで
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店・試聴室


ご希望の組みあわせで、アナログレコードの魅力をお楽しみください。
1時間を目処に、お部屋のご予約も承ります。
レコードの持ち込みも、大歓迎です。


ご予約等は、お電話でお願いいたします。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

【OUTLET特価情報】この頃よくある話『TVとオーディオ機器をつないで楽しもうと思ったら、アナログの音声出力が無い!!』そんな時にはこれを。小型D/Aコンバーター・Pro-Ject『DAC Box S USB』の、OUTLET特価品のご紹介。

この頃よくある話。
『TVとオーディオ機器をつないで楽しもうと思ったら、アナログの音声出力が無い!!』

皆さんも経験ありませんか?
昨今、TVとAVアンプやBDレコーダー等の接続は、HDMIケーブルで行う事もあり、
TVやレコーダーにアナログの音声出力が無いと言うケースが増えてきました。
付いている場合も、TVではヘッドフォン端子と併用と言うケースがほとんどです。
レコーダーに関しては、アナログの音声出力だと思ったら、
ダビング用の入力と言うケースがほとんどです。

AVアンプを購入して、HDMIのARC機能を使用すれば問題解決ではあるのですが、
サラウンドに興味がないのにAVアンプを買うのには、正直抵抗があります。


さて、どうします?


そんな時におススメなのが、今回ご紹介するお手頃価格のD/Aコンバーターです。


※Pro-Ject DAC Box S USB 小型D/Aコンバーター

『DAC Box S USB』は名前の通りUSB入力に対応したD/Aコンバーターです。
USBの入力に関しては、ベーシックな48kHz対応ですが、
注目は光と同軸のデジタル入力を各1系統装備している点。


※Pro-Ject DAC Box S USB 背面

さらに給電はACアダプターで行いますので、
低価格の単機能USB-DACとは違い、PCからの給電無しで使用できます。
しかも、光と同軸は最大96kHz/24bitの入力に対応しています。

そして、うれしいのがそのサイズ。
幅103mm、高さ36mm。奥行きは端子を含めても115mm。
CDのケースとの比較で、そのコンパクトさが実感できると思います。
フロントパネルは3mm厚のアルミ製。
持ってみると、コンパクトながら重量感があります。


お持ちのTVに光デジタル出力等が装備されているのであれば、ぜひ。


Pro-Ject DAC Box S USB 小型D/Aコンバーター
旧定価45,000円(税別) → 台数限定OUTLET特価14,580円(税込) 70%OFF!!

デジタル入力
 ・USB-Mini端子*1系統 : 最大48kHz対応
 ・同軸、光*各1系統 : 最大96kHz/24bit対応
アナログ出力 : RCA端子*1系統
サイズ : W103mm*H36mm*D103mm(D115mm/端子等含む)
重量 : 680g(本体のみ)
付属品 : ACアダプター、USB-Miniケーブル


RACケーブル、デジタルケーブルは付属していませんのでご注意ください。
TV、レコーダー等のデジタル音声出力を、
ビットストリームからPCM変換に切り替えてご使用ください。


OUTLET品の為、外箱等に痛みがありますのでご了承ください。

正規輸入品。2年のメーカー保証が付きます
 ※保証書はPro-Jecの輸入代理店となっているD&Mホールディングス発行です




▽△

2017年12月27日水曜日

【期間限定デモ】SoulNoteの新しいフラグシップ・プリメインアンプ『A-2』が年末年始お聴き頂けます。

2017年の最後を飾る新製品、SoulNoteのフラグシップ・プリメインアンプ『A-2』を、
年末年始の間の期間限定でご用意させて頂きました。


※SoulNote A-2 プリメインアンプ NEW

完全バランス無帰還回路を採用しており、
音量調整に関してはリレーで高精度抵抗を切り替える独自の方法を採用。
もちろん音量調整機構も、バランス構成となっています。
電源トランスには600VAのトロイダル型を採用し、
電源用のコンデンサーも小容量のものを多数パラレル接続しています。
また、電源トランスを直接スパイク接地させた3点支持や、
天板をあえて固定しない独自の筐体設計にもSoulNoteらしさが感じられます。

さらに、2台の『A-2』を使用しての、
BTL接続による左右独立のモノラル・プリメインアンプへの発展や、
モノラル入力の信号を左右に振り分ける事で、
左右独立のバイアンプ駆動を実現するなど、さまざまな使用法も提案されています。


SoulNote『A-2』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/12/soulnote.html


また、発売を記念してのバランスケーブル・プレゼントキャンペーンもスタートしています。


プレゼントされるケーブルは、SoulNoteの内部配線にも使用されるケーブルを使用した、
ノンシールドタイプのXLRケーブル『SBC-1』です。

キャンペーンのご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/12/soulnotea2.html


2018年1月8日(月・祝)までの期間限定展示となります(予定)。


SoulNote A-2 プリメインアンプ NEW
定価500,000円(税別)

定格出力
 ・ステレオ、バイアンプ・モード : 100w+100w(8Ω)、200w+200w(4Ω)
 ・BTL(モノラル)・モード : 400w(8Ω)
周波数特性 : 3Hz~240kHz(±1.0dB) 8Ω/1w出力時
入力
 ・バランス(XLR端子)*3系統 / LINE1、2、3
 ・アンバランス(RCA端子)*3系統 / LINE4、5、6
S/N比 : 110dB(IHF Aネットワーク)
サイズ : W430mm*H160mm*D410mm(端子等含む)
重量 : 約20kg
付属品 : リモコン、スパイク、電源ケーブル




▽△

2017年12月26日火曜日

【期間限定デモ】アメリカ・REVELのミドルレンジ『PERFOMA3 Series』の大型トールボーイ型スピーカー『F208』が年末年始お聴き頂けます。

アメリカの高級スピーカーブランド・REVEL、
『PERFOMA3 Sereis』の大型トールボーイ型スピーカー『F208』のデモ機を、
年末年始の間の期間限定でご用意させて頂きました。


※REVEL F208-BK トールボーイ型スピーカー

REVELは、JBLやMark Levinson等をラインナップに持つ、
ハーマン・グループの高級スピーカー・ブランドで、
1996年にスタートした比較的新しいスピーカー・ブランドです。

JBLとは全く違う方向のサウンドで、どちらかと言えば1990年代から2000年代に、
同じくハーマン・グループで人気の高かったInfinityの、
特にヨーロッパ系のモデル達に置き換わる様なブランドです。

そのサウンドイメージは、アメリカよりもヨーロッパ的なもの。

REVELのサウンド・コンセプトは、『Mark Levinsonがスピーカーを作ったら』。
陰影に富み、趣のある細やかな表現は、
まさに最新のMark Levinsonにも通じるところがあります。
決して派手な音ではありませんが、じっくりと沁み込んでくるサウンドが魅力です。


今回ご用意した『F208』は、200mmウーハーを2基搭載した、
トールボーイ型スピーカーとしては大型のモデル。
そんな事もあり、よりその陰影表現が際立ちます。
搭載されるユニットの振動板はアルミニウムで統一されています。
同一素材を用いる事で全ユニットの音色を整えています。
振動板表面に特殊処理を施す事で金属系素材の鳴きを抑え、
歪み感の無いクリアなサウンドとを実現しています。
ツィーターの前面にウェーブガイドを装着する事で、
ミッドレンジとの音のつながりをコントロールするとともに、指向性をコントロールしています。


※REVEL F208 内部

さらに、プレス加工成型により背面に向かって絞り込む馬蹄型のエンクロージャーと、
ユニット配置により、リスニングルームの壁等からの反射の影響を抑え、
リスニングポイントでののフラットな特性を実現しているそうです。
また絞り込まれたエンクロージャーは、高い剛性を確保でき、
バッフルの幅をを抑える事で、サウンドステージの改善にも一役買っています。


2018年1月4日(木)までの期間限定デモとなります。


REVEL PERFORMA3 F208 フロア型スピーカー
定価600,000円(ペア/税別)

形式 : 3Way4スピーカー/バスレフ型
ウーハー : アルミニウム・コーン 200mm*2基
ミッドレンジ : アルミニウム・コーン 130mm*1基
ツィーター : アルミニウム・ドーム 25mm*基
周波数特性 : 25Hz~40kHz(-6dB)
インピーダンス : 8Ω
能率 : 88.5dB(2.83V/1m)
クロスオーバー : 270Hz/2.2kHz
サイズ : W300mm*H1,182mm*D375mm
重量 : 36.3kg

仕上げ : ウォルナット突板ハイグロス仕上げ、ピアノブラック仕上げ





▽△

2017年12月25日月曜日

【期間限定キャンペーン】本日より開始。SoulNoteの新型プリメインアンプ『A-2』ご購入者を対象としたプレゼント・キャンペーンがスタートします。

SoulNoteの新型プリメインアンプ『A-2』の発売を記念した、
プレゼント・キャンペーンが、本日25日(月)よりスタートしました。


『A-2』は完全バランス無帰還回路を採用した、意欲的な製品です。
音量調整は高精度抵抗をリレーで切り替える方式を採用しています。


※SoulNote A-2 プリメインアンプ NEW

定格出力はステレオ・モードで100w+100w(8Ω)、
BTL接続時(モノラル・モード)には400w(8Ω)の高出力アンプとなります。
さらにモノラル入力を左右チャンネルに分配するバイアンプ・モードも搭載されています。

これらの3モードは、プリメインアンプ、パワーアンプそれぞれの使用方法で選択が可能です。


SoulNote『A-2』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/12/soulnote.html


キャンペーン期間は2017年12月25日(月)から2018年3月31日(土)まで
期間中に『A-2』をご購入頂いた方に、
先日発売されたばかりのバランスケーブル『SBC-1』がプレゼントされます。

『SBC-1』は長さ1.5m。定価は15,000円(税別)となっています。
SoulNoteのアンプ内部の配線と同じケーブルを使用した、ノンシールドタイプのケーブルです。


※SoulNote SBC-1 ノンシールド・バランスケーブル NEW

プレゼントは、毎月末に集計を行い翌月より順次発送されます。


SoulNote A-2 プリメインアンプ NEW
定価500,000円(税別)

定格出力
 ・ステレオ、バイアンプ・モード : 100w+100w(8Ω)、200w+200w(4Ω)
 ・BTL(モノラル)・モード : 400w(8Ω)
周波数特性 : 3Hz~240kHz(±1.0dB) 8Ω/1w出力時
入力
 ・バランス(XLR端子)*3系統 / LINE1、2、3
 ・アンバランス(RCA端子)*3系統 / LINE4、5、6
S/N比 : 110dB(IHF Aネットワーク)
サイズ : W430mm*H160mm*D410mm(端子等含む)
重量 : 約20kg
付属品 : リモコン、スパイク、電源ケーブル
仕上げ : プレミアム・シルバー / プレミアム・ブラック




▽△

2017年12月24日日曜日

【OUTLET特価情報】DALIの人気トールボーイ型スピーカー『RUBICON6』のOUTLET品が入荷しました。

人気ブランド・DALIを代表する『RUBICON Series』の中でも、
特に人気の高いトールボーイ型スピーカー『RUBICON6』の特価品が入荷しました。


※DALI RUBICON6 トールボーイ型スピーカー

今回入荷したのは、赤い木目のROSSO(MR)。
今年の秋のオーディオイベントの為に開封された、メーカーデモ機です。

保証に関しては通常通りお付けいたします。


DALI RUBICON6 トールボーイ型スピーカー
定価560,000円(ペア/税別) → OUTLET特価362,880円(税込) 40%OFF

構成 : 2 1/2+1/2way・バスレフ型
搭載ユニット
 ・ツィーター : 29mmソフトドーム*1基、17mm*45mmリボン*1基
 ・ウーハー : 165mm*2
周波数特性 : 38Hz~34,000Hz(±3dB)
クロスオーバー : 800/2,600/14,000Hz
能率 : 88.5dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 4Ω
バスレフチューニング周波数 : 33.0Hz
サイズ : W200mm*H990mm*D380mm
重量 : 20.2kg


『RUBICON6』のOUTLET品は完売しました。


『RUBICON Series』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/11/11dalirubicond.html


なお、片方の天板左前側に、小さな当キズが1つございますのでご了承ください。


※OUTLET品のRUBICON6のキズ

写真の赤い円の中心に見える点が、当キズです。


お電話でもご注文承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2017年12月23日土曜日

『ヨルのスクェア』でも人気の、イギリスのシンガーソングライター・Rumerのレコード、3タイトルをご用意しました。

オーディオスクェア藤沢店の自主イベント『ヨルのスクェア』でも人気の高い、
イギリスのシンガーソングライター・Rumerのアナログ・レコード3タイトルをご用意しました。


※Boys Don't Cry(上/5310523071) Into Colour(左下/2564621091)
This Girl's in Love:A Bacharach & David Songbook(右下/2564648230)

Rumerは2010年にアルバム『Seasons Of My Soul』でデビュー。
下積み期間が長く、メジャーデビューが31歳と遅咲きのシンガーソングライターです。

ただし、カーペンターズのカレンを思い起こさせる、美しいアルトの歌声が人々の心をつかみ、
デビューアルバムはイギリスで50万枚を販売し、プラチナ・ディスクとなりました。

今回は2ndアルバム、全曲男性シンガーの曲のみをカバーした『Boys Don't Cry』、
オリジナル曲のみで構成され3rdアルバム『Into Colour』、
昨年発売された4thアルバム『This Girl's in Love』の3枚をご用意できました。
4thアルバムはカバーアルバムで、サブタイトルの通り、
全曲、作曲家バート・バカラックと作詞家ハル・デヴィッドのコンビの曲となります。


Rumer
Boys Don't Cry
販売価格 : 2,730円(税込)

規格品番 : 5310523071
フォーマット : LP/輸入盤
レーベル : WM UK
オリジナル発売 : 2012年5月


Into Colour
販売価格 : 2,960円(税込)

規格品番 : 2564621091
フォーマット : LP/輸入盤
レーベル : WM UK
オリジナル発売 : 2014年11月


This Girl's in Love:A Bacharach & David Songbook
販売価格 : 2,695円(税込)

規格品番 : 2564648230
フォーマット : LP/輸入盤
レーベル : Rhino
オリジナル発売 : 2016年11月


数量限定となります。
お早めにお声がけください。




▽△

なでしこリーグ1部に所属する『ノジマステラ神奈川相模原』が、皇后杯決勝に進出しました。キックオフは明日12月24日、午後2時10分です。

女子サッカーリーグの、なでしこリーグ1部に所属する『ノジマステラ神奈川相模原』が、
12月21日(木)のジェフユナイテッド市原・千葉レディースとの準決勝に勝利し、
女子サッカーの日本一を決定する、第39回・皇后杯決勝に進出しました。


対戦相手は、浦和レッズレディースを破り、
同じく決勝に進出した女子サッカーの名門、日テレ・ベレーザです。

キックオフは12月24日(日)、午後2時10分から。
大阪市にある、ヤンマースタジアム長居で行われます。

試合の様子はNHK-BS1にて、午後2時より生中継されますので、ぜひご覧ください。
NHK-BS1放送予定↓
http://www1.nhk.or.jp/sports2/soccer/



※ノジマステラ神奈川相模原

ノジマステラ神奈川相模原・オフィシャルホームページはこちら↓
http://stellakanagawa.nojima.co.jp/index.html




▽△

2017年12月22日金曜日

お正月のアナログ祭に参加する機器が、徐々に入荷してきました。レコードクリーナー『IQ1100A』のご体験が可能です。

お正月に開催する『アナログ祭』に参加する機器が、先行で徐々に入荷してきました。

今日は、バキューム式のレコードクリーナー、
アイコール株式会社のCleanMate・『IQ1100A』がメーカーより到着しました。


※アイコール株式会社 CleanMate IQ1100A バキューム式レコードクリーナー

『IQ1100A』は、セットしたレコードに洗浄液をかけ、溝の中の汚れを浮かし、
バキュームの力で吸引する事で汚れを落とすクリーナーです。
クリーニング終了後には、非接触方式の除電ブラシを使用して、
静電気を抑える事もできると、話題の製品です。

価格面でも、バキューム式レコードクリーナーとしては抑えられている事もあり、
発売以来大ヒットを続けているモデルです。

皆様から、その使用感等を確認したいと言うお声が多い事もあり、
今回の『アナログ祭』でご用意させて頂きました。


アイコール株式会社 CleanMate IQ1100A バキューム式レコードクリーナー
定価92,000円(税別)

サイズ : W420mm*D370mm*H250mm
重量 : 11.2kg
付属品 : レーベルカバー、洗浄液2種類、クリーニングブラシ、クリーンアップクロス

アクセサリー、消耗品(別売品)
 ・クリーナー液タイプA・洗浄用300cc : 定価2,100円
 ・クリーナー液タイプB・仕上げ用300cc : 定価1,700円
 ・クリーニングブラシ・長さ110mm : 定価3,500円
 ・吸引アーム : 定価3,500円
 ・クリーンアップクロス・30枚 : 定価550円
 ・乾燥用スタンド・組立式/5枚用 : 定価3,500円


『IQ1100A』の使用方法を動画撮影させて頂きました↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/11/iq1100a.html



『アナログ祭』のご紹介はこちらの特設ページでご確認ください↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/aud.html

アナログ祭 2018年・お正月

開催日 : 2018年1月1日(月)~1月5日(金)
開催時間 : 10:00から閉店まで
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店・試聴室


ご希望の組みあわせで、アナログレコードの魅力をお楽しみください。
1時間を目処に、お部屋のご予約も承ります。
レコードの持ち込みも、大歓迎です。


ご予約等は、お電話でお願いいたします。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

本日より発売開始。ESOTERICのJAZZ-BOX・第6弾『GREAT JAZZ Selection』が入荷しました。ESOTERICのSACDソフト発売開始10周年を記念した豪華な内容です。

ESOTERICの『名盤復刻シリーズ』から本日(12月22日)より発売される、
JAZZ-BOXの第6弾『GREAT JAZZ Selection』が入荷しました。


※ESOTERIC 『GREAT JAZZ Selection』 SACD6枚組BOX
ESSO-90173/178 NEW

今回のBOXは、ESOTERICのSACDソフト発売開始10周年を記念したもので、
レーベルを超え、1960年前後のモダン・ジャズの名盤が揃っています。
収録される6タイトルは、どれもがみなんさんが1度は聴いた事があるであろう、
もしくはそのジャケットを目にした事があるであろうと言う、名盤ぞろいです。

収録される6タイトルは以下になります。

①ウィントン・ケリー : ケリー・ブルー
②ビル・エヴァンス : ワルツ・フォー・デヴィ
③ウェス・モンゴメリー : フル・ハウス
④バド・パウェル : ザ・シーン・チェンジズ
⑤リー・モーガン : ザ・サイドワインダー
⑥オスカー・ピーターソン : プリーズ・リクエスト

内容のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/11/esotericjazz-box6great-jazz.html



ESOTERIC 『GREAT JAZZ Selection』 NEW

品番 : ESSO-90173/78(6枚組BOX)
定価 : 21,667円(税別)
仕様 : SACDハイブリッド
レーベル : リヴァーサイド、ブルーノート、ヴァーブ

2,000セット限定生産


数量限定ですので、お早めにお声がけ下さい。

12月8日(金)発売の、ESOTERIC『名盤復刻シリーズ』の、
クラシックの名盤シリーズ、2タイトルも若干在庫がございます↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/12/128esotericsacd2.html




▽△

2017年12月21日木曜日

【展示機導入】Monitor Audio・『Silver Series』の最もコンパクトなブックシェルフ型スピーカー『Silver 50』の展示を開始しました。ニアフィールド・リスニングにも最適なモデルです。

先日の『Silver300』に続き、Monitor Audioの中核モデル『Silver Series』の、
最もコンパクトなブックシェルフ型スピーカー『Silver50』の展示を開始しました。

展示色は『Silver Studio 1』(2003年登場)から、
『Silver Series』のイメージカラーとも言える赤い木目の仕様をご用意しました。
※『Silver Studio 1』の赤い木目はRoseMahoganyでした。現代ではRosenutにあたります。


※Monitor Audio Silver50 ブックシェルフ型スピーカー NEW

搭載されるユニットは、Monitor Audio独自の振動板素材、
『C-CAM(Ceramic-Coated Alminiumu/Magnesium)』が採用されています。

『C-CAM』はアルミとマグネシウムの合金に表裏の表面にセラミック処理を行ったもので、
ツィーターからウーハーまで、全帯域のユニットに使用可能な点が特徴です。


※Gold C-CAMを採用したツィーター

ツィーターには表面に金をコーティングした『Gold C-CAM』を採用。
前面のパンチングメタルが、振動板を保護するとともに、
放射特性を改善するディフューザーの役目をになっています。

ツィーターに近接配置された13cmウーハーはティンプル状の補強がされており、
ワンサイズ大きなウーハーが鳴っているかの様な豊かな低域を再現します。
振動板とボイスコイルの連結部には『PlatinumⅡ Sereis』で初採用された、
ナイロンリング製の『DCF(ダイナミック・カップリング・フィルター)』が採用されています。
バネの様に働き、振動板の振幅を素早く収束させる事で歪みの低減を行う『DCF』は、
『Silver50』の様なニアフィールドで聴く事が多いサイズのスピーカーでこそ、
その実力を発揮するのではないでしょうか。

前作の『Silver1』から、なんと20mmも横幅を削っているコンパクトなエンクロージャーは、
より正確な定位と空間表現力を『Silver50』に与えており、
限られた空間で上質な音楽を楽しませてくれる、魅力的なモデルとなっています。

サイズ以上の豊かな低域再現能力は、あまり大げさではないサイズの、
それでいてリビングスペースでも使用できるスピーカーをお探しの方にもおススメです。


MonitorAudio Silver50 ブックシェルフ型スピーカー NEW
定価142,000円(ペア/税別/ハイグロス・ブラック)
定価130,000円(ペア/税別/その他仕上げ) 今回の展示色はRosenutになります。

形式 : 2ウェイ・バスレフ型
搭載ユニット
 ・ツィーター : 25mm Gold C-CAM ドーム型ツィーター*1基
 ・ウーハー : 130mm C-CAM RST Bass/Midドライバー*2基
周波数特性 : 52Hz~35,000Hz(-6dB)
クロスオーバー : 3,000Hz
能率 : 87dB/1w/1m
インピーダンス : 8Ω
サイズ
 ・W165mm*H270mm*D240mm(D269mm/突起物を含む)
重量 : 6kg
仕上げ : Satin White、High Gloss Black、Natiral Oak、Walnut、Black Oak、Rosenut


※Silver Seriesの仕上げサンプル


『Silver Series』のトールボーイ型スピーカー『Silver300』の展示も行っています↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/12/monitor-audiosilver300.html




▽△

2017年12月20日水曜日

今年のオーディオ市場を賑わし続けているOPPOの人気モデル、USB-DAC『Sonica DAC』と、4K・Ultra HD Blu-ray Player『UDP-205』の在庫を確保しました。

次回入荷が年明けとなっているOPPOの人気モデル、

10万円前後を代表する人気のUSB-DAC『Sonica DAC』と、


※OPPO Sonica DAC ネットワークプレーヤー機能搭載USB-DAC NEW

音楽再生レベルも高い『Ultra HD Blu-ray』対応プレーヤー『UDP-205』の、


※OPPO UDP-205 4K・Ultra HD Blu-ray Player NEW

2モデルの在庫をご用意しています。


『Sonica DAC』はESS社の最新DACチップ『ES9038PRO』を搭載した、高性能DAC。
USB接続時には、DSD系・最大22.6MHz、PCM系・最大768kHz/32bitの入力に対応。
※DSD・22.6MHzはASIO nativeでの接続時。DoP時は最大11.2MHzまでとなります。
さらにWi-Fi接続とBluetooth接続にも対応。
Wi-Fi接続時にはDSD系・最大2.8MHz、PCM系・最大192kHz/24bitに対応する、
ネットワークプレーヤーとしても使用する事ができます。
さらには、Spotify、TIDAL(日本でのサービス開始は未定)等の、
ストリーミングサービスにも対応する、多機能高性能モデルです。


『UDP-205』は、高性能な4K・Ultra HD Blu-ray Playerであるだけでなく、
『Sonica DAC』と同じく、D/Aコンバーターに『ES9038PRO』を採用し、
同じく同等のネットワークプレーヤー機能、USB-DAC機能も搭載されています。
ステレオ再生だけでなく、マルチチャンネル再生にも積極的で、
こちらにも『ES9038PRO』を使用した7.1ch音声出力を搭載しています。
Ultra HD Blu-ray、Blu-ray、DVDと言った映像系ディスクだけでなく、
SACD、DVD-Audioにも対応した、マルチディスクプレーヤーです。
CD、SACDの再生クオリティも、映像系プレーヤーとは思えない高品位なものです。


『Sonica DAC』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/05/opposonica-dac.html

『UDP-205』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/10/oppo4kultra-hd-blu-ray-playerudp-205jp.html


年末年始にお楽しみになりたい方は、お早めにお声がけ下さい。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603


『Sonica DAC』『UDP-205』の年内最終在庫分は完売しました。
次回入荷は『Sonica DAC』が1月中旬以降、
『UDP-205』は2月中旬以降の予定となっております。




▽△

【展示機導入】Monitor Audioの新型トールボーイ型スピーカー『Silver300』の展示を開始しました。

Monitor Audioの中核モデル『Silver Series』が6世代目になりました。
トップモデル『PlatinumⅡ Series』の技術も取り入れ大幅に進化しています。

先日の試聴会でも好評だった、
リビングサイズのトールボーイ型スピーカー『Silver300』の展示機が到着しました。


※Monitor Audio Silver300(HGB) トールボーイ型スピーカー NEW

搭載されるユニットは、Monitor Audioの特徴でもある、
『C-CAM(Ceramic-Coated Alminiumu/Magnesium)』を全ユニットに採用しています。


※Silver300のツィーターとミッドレンジ

『C-CAM』はアルミとマグネシウムの合金にセラミック処理を行ったもの。
セラミック層→アルミ/マグネシウム合金→セラミック層と3層になっており、
軽さと共振点を分散させながら、高い強度を持っています。

ツィーターは金をコーティングした『Gold C-CAM』を使用。
前面のパンチングメタルは、振動板を保護するとともに、
放射特性を改善するディフューザーの役目をになって言います。

『Silver300』は、『PlatinumⅡ Series』をイメージさせるプレートに、
近接配置でツィーターとミッドレンジが取り付けられています。

ミッドレンジ、ウーハーの振動板表面には、
強度を上げるとともに振動板面積を増やすティンプル状の補強が加えられています。
振動板とボイスコイルの連結部には『PlatinumⅡ Sereis』で初採用された、
ナイロンリング製の『DCF(ダイナミック・カップリング・フィルター)』を採用。
『DCF』がバネの様に働き、振動板の振幅を素早く収束させる事で、
大幅な歪みの低減を図っています。


歴代『Silver Series』の魅力でもある、
密度のある中域とノリの良いリズミカルな低域再生を残しつつ、
より伸びやかな高域がプラスされ、しなやかさがアップしています。

豊富な仕上げの種類と、その仕上げの良さも魅力です。


MonitorAudio Silver300 トールボーイ型スピーカー NEW
定価360,000円(ペア/税別/ハイグロス・ブラック)
定価335,000円(ペア/税別/その他仕上げ)

形式 : 3ウェイ・バスレフ型
搭載ユニット
 ・ツィーター : 25mm Gold C-CAM ドーム型ツィーター*1基
 ・ミッドレンジ : 100mm C-CAM RST under-hung Midドライバー*1基
 ・ウーハー : 150mm C-CAM RST Bassドライバー*2基
周波数特性 : 32Hz~35,000Hz(-6dB)
クロスオーバー : 570Hz、3,500Hz
能率 : 90dB/1w/1m
インピーダンス : 8Ω
サイズ
 ・W185mm*H1,000mm*D300mm
 ・W252mm*H1,034mm*D367mm(ベース部含む)
重量 : 20.2kg
仕上げ : Satin White、High Gloss Black、Natiral Oak、Walnut、Black Oak、Rosenut


※Silver Seriesの仕上げサンプル




▽△

2017年12月18日月曜日

【特価情報】marantz『PM-10』の訳あり特価品をご用意しています。

marantzの最上位プリメインアンプ『PM-10』の訳あり特価品をご用意しています。


※marantz PM-10 プリメインアンプ

『PM-10』は2月に登場した、marantzの最上位プリメイアンプ。
今までのプリメインアンプのレベルを超えた、
正真正銘単体プリアンプに匹敵する内容をもつ、フルバランス構成のプリ部と、
片chあたり200w(8Ω)、400w(4Ω)という、
単体パワーアンプ以上とも言える高出力を実現したモデルです。

さらにプリアンプと、左右それぞれのパワーアンプの為に、
それぞれ独立した電源を搭載するなど、
プリアンプとモノラル・パワーアンプの3つを1つの筐体に収めたと言える内容です。

『PM-10』のコンセプトと、試聴ブログはこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/01/marantzpm-10.html

『PM-10』のデモ機もご用意しておりますので、サウンドチェックも行えます↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/02/matantzpm-10.html


今回、フロントパネルに小キズがついた訳あり特価品をご用意しました。

もちろんメーカー保証はフルにお付けいたします。
オーディスクェアは正規取扱店ですので、『登録申請』を行って頂くと、
保証期間が2年から3年に延長されます。

『プレミアム3年保証サービス』の詳細はこちらから↓
https://www.marantz.jp/jp/Support/Pages/PremiumWarranty.aspx


marantz PM-10 プリメインアンプ
定価600,000円(税別) → 訳あり品特価421,000円(税込) 35%OFF

定格出力  : 200w+200w(8Ω)、400w+400w(4Ω)
ダンピングファクター : 500(8Ω、20Hz~20kHz)
アナログ入力
 ・RCA端子*4系統
 ・XLR端子*2系統
 ・フォノ入力(RCA端子)*1系統 / MM、MC入力対応
録音出力 : RCA端子*1系統
パワーアンプダイレクト入力 : RCA端子*1系統
スピーカー出力 : 2系統(A/B切り替え可、同時出力可)
サイズ : W440mm*H168mm*D453mm
重量 : 21.5kg


ご売約


フロントパネル2ヶ所の小さな打痕は下の写真でご確認ください。


※フロントパネル左側の打痕

 
※ヘッドフォン端子上部の打痕


お電話でもご注文承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2017年12月17日日曜日

【期間限定デモ】TANNOYのPRESTIGEシリーズを代表する大型モデル『Canterbury/GR』を、期間限定でご用意しています。

TANNOYを代表する美しい調度品を思わせるスピーカー『PRESTIGE Series』。
その中でも、『憧れの』と言う言葉にぴったりとはまるのは、
やはり伝統と言えるアルニコマグネットを採用した15インチの同軸ユニット、
『デュアルコンセントリック・ドライバー』を搭載したモデルでしょう。

現在2機種がラインナップされている、
アルニコマグネットの15インチ・デュアルコンセントリック搭載モデルの1つ、
『Canterbury/GR』を12月24日(日)までの期間限定でご用意しました。


※TANNOY Canterbury/GR フロアー型スピーカー

搭載されるユニットはTANNOYの歴史を代表するユニット、
『モニター・ゴールド』を現代に蘇らせた『ゴールドリファレンス・デュアルコンセントリック』。
マグネットに通常のアルニコマグネットの3倍の磁気エネルギーを持つ、
『ALCOMAX-3』を採用する事でアルニコの魅力である応答性をより高めています。

コーン紙には、近代TANNOYの最上位モデル『Kingdam Royal Series』の技術を投入した、
クルトミューラー社製のマルチファイバーペーパーコーンを採用。
異種パルプ繊維を混合させる事で、
軽量化と高剛性を両立するとともに、分割振動を低減しています。
『Canterbury/GR』に搭載される15インチユニットは、
更なる剛性アップの為に、コーン紙背面に補強用リブが追加される伝統的な仕様です。
また、エッジには伝統的なハードエッジを採用。
コットンクロスをツインロール状に形成し、フェノール樹脂を浸透させることで、
強度だけでなく耐久性も高められています。

ツイーターには現代だからこその素材『アルミ・マグネシウム合金』を採用。
5段階でプレスする事で、振動板内部の歪みを取り除きながら形成します。
この逆ドーム型振動板を使用したコンプレッションドライバーを搭載しています。
エッジには『Kingdam Royal』で初採用された、マイラーフィルム製エッジを採用。
コンプレッションドライバー独特のメタリックな響きが無くなるとともに、
早い段階からスムーズな再生音を楽しめる利点もプラスされています。


※15インチ・アルニコマグネット採用デュアルコンセントリック構造図


アメリカンウォルナットの突板と無垢材を贅沢に使用した、
手作業によるオイルフィニッシュのエンクロージャーも『Canterbury/GR』の魅力。
エンクロージャーのフロント両サイドに設けられた、
ポートを開閉する事で低域をコントロールする『VDPS』も搭載。
『PRESTIGE Series』でも、この方式が残るのは『Canterbury』だけになりました。


搭載されるクロスオーバーネットワークに採用された、
フィルムコンデンサーやコイル、フィルム抵抗を始め、
ハードワイヤリングのネットワークボードの配線には純銀単線、
その他の内部配線には6N-PCOCCを採用するなど、
『Kingdam Royal』の開発プロジェクトの成果がそのまま引き継がれています。
クロスオーバーネットワークはアッセンブリー後に、
マイナス190℃で冷却する『DCT(ディープ・クライオジェニック処理)』を施しています。



幅680mm、高さ1,100mm。重量63kg。

現代のスピーカーとしてはかなり大型のエンクロージャーが奏でる、
ゆったりとしたスケール感あふれるサウンドを、この貴重な機会にぜひご体験下さい。


TANNOY Canterbury/GR フロアー型スピーカー
定価3,300,000円(ペア/税別) 受注生産品

形式 : 2ウェイ・バスレフ型、VDPS(Variable Distrbuted Port System)搭載
搭載ユニット : 15インチ・デュアルコンセントリックドライバー
 ・ウーハー : 380mmマルチファイバーペーパーコーン/52mmボイスコイル
 ・ツィーター : 52mmアルミマグネシウム合金振動板採用・コンプレッションドライバー
クロスオーバー周波数 : 1.1kHz
調整 : ±3dB(1.1kHz~27kHz)、+2dB/oct.~-6dB/oct.(5kHz~27kHz)
能率 : 96dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 8Ω
周波数特性 : 28Hz~27kHz(-6dB)
エンクロージャー構造
 ・高密度バーチ合板、25mm厚フロントバッフル、高剛性ブレーシング(添木)内部加工
仕上げ : ウォルナット無垢材/突板仕上げ
サイズ : W680mm*H1,100mm*D480mm(サランネット含む) エンクロージャー容積235L
重量 : 63kg(1台)


12月24日(日)午後までの期間限定デモとなります。




▽△

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。