最新の更新

【期間限定デモ】TANNOYのPRESTIGEシリーズを代表する大型モデル『Canterbury/GR』を、期間限定でご用意しています。

TANNOYを代表する美しい調度品を思わせるスピーカー『PRESTIGE Series』。 その中でも、『憧れの』と言う言葉にぴったりとはまるのは、 やはり伝統と言えるアルニコマグネットを採用した15インチの同軸ユニット、 『デュアルコンセントリック・ドライバー』を搭載した...

2016年9月15日木曜日

【期間限定デモ】JBLのミドルサイズ・スタジオモニター『4429』が、3連休中お聴き頂けます。

JBLの30cmウーハー搭載ミドルサイズ・スタジオモニター『4429』を、
3連休最終日、9月19日(月・祝)まで、期間限定でお聴き頂けます。


※JBL S4700(左) 4429(右)

『4429』は2009年9月発売開始と、既に7年以上販売されるロングセラーモデルです。
多くの製品が、数年から5年程度でモデルチェンジしていく中、
『4429』が今もなお高い人気を誇る理由はどこにあるのでしょうか。

搭載されるユニット等を中心に考えてい見たいと思います。

まずはツィーター。
『4429』には、3/4インチ(19mm)径のピュアチタン・ダイヤフラムを採用した、
本格的なコンプレッションドライバー『138Nd』が搭載されています。
ミッドレンジも、2インチ(50mm)径のピュアチタン・ダイヤフラムの表面を、
アクアプラスをコーティングし歪を抑え、強力なネオジュームマグネットを採用した、
こちらも本格的なコンプレッションドライバー『175Nd-3』が搭載されています。

この『175Nd-3』は、JBL設立時の1947年に、ジェームス・バロー・ランシングが自ら設計し、
初めて発売されたドライバー『D175』を源流に持つ、
伝統の『LE175』系コンプレッションドライバーの最新版です。
『LE175』は、大理石のトッププレートでも有名な『L101 Lancer』にも搭載されていました。

『138Nd』と『175Nd-3』は、『4429』のほか、
フロアー型スピーカー『S4700』にも搭載されています。

前モデルの『4428』では、ツィーターがリングラジエターでしたが、
『4429』は本格的なコンプレッションドライバーが採用されている点も魅力です。


2つのコンプレッションドライバーは、上位モデルにも採用された、
『SonoGlass』製のHF/UHFコンビネーション・バイラジアルホーンに装着されています。
この『SonoGlass』は、高質量で剛性も高く共振が少ないという魅力があります。
ホーンはキャビネットの剛性そのものを高める事にも貢献しており、
低域の再生能力を高める役割も果たしています。



※JBL 4429に搭載されるユニット&ネットワーク

そして『4429』の最大の魅力は、搭載される12インチ(30cm)径ウーハーではないでしょうか。

『1200FE-8』、このウーハーの型番で『おっ‼』と思われる方は、
かなりのJBLファンかとお見受けします。

『1200FE-8』は、JBL史上最強の12インチともいわれるウーハーユニットです。
ベースはJBLの最高峰スピーカーシリーズ、
『Project K2』のモデルの1つ、『K2 S5800』の為に開発された『1200FE』。
この『1200FE』を、シングルウーハー用にインピーダンスを8Ωにしたものが『1200FE-8』です。
※JBL『K2 S5800』は2002年に発売された高性能モデル。定価2,100,000円(ペア/税別)

コーン紙、ダンパー等、全ての素材が『Project K2』譲りの高性能ウーハーです。
このウーハーは、前モデル『4428』にも採用され高い評価を得ました。


JBLは38cmウーハーを搭載した大型モデルが、多くの方の憧れであることは認めます。
が、実際に38cmウーハーを搭載したモデルを設置するとなると、
日本の一般的家庭では、正直難しいのもまた事実です。

そんな状況において、歴史的な流れを持つ魅力的なコンプレッションドライバーと、
ペア200万円以上の高性能スピーカーに搭載された、
強力な高性能ウーハーの組み合わせた『4429』は、現実的なサイズであるだけでなく、
ながくチャレンジし続ける、懐の深さを持つスピーカーであると言えます。

しかも価格は、ペア60万円(税別)。

おなじウーハーを搭載した『K2 S5800』よりも70%以上安く、
おなじコンプレッションドライバー類を搭載した『S4700』のおおよそ半額。

『4429』の人気が衰えないのは、こういった点に気が付いたファンの見識からでしょう。


20万から40万くラスの最新型プリメインアンプは、
ひと昔前に比べ、スピーカードライブ力はかなりのものがあります。

まずは、ミドルレンジのプリメインアンプでスタート。

その後は、『4429』がペア60万円である事を少々忘れて頂いて、
さらに1ランク、2ランク上のスピーカーで使用するような、
セパレートアンプ等をご用意いただければ、
まさに『化ける』という言葉に相応しい、ハイクオリティ・サウンドを楽しんで頂けます。


JBL 4429 ブックシェルフ型スピーカー
定価600,000円(ペア/税別)

形式 : 30cmウーハー搭載3ウェイブックシェルフ型
インピーダンス : 6Ω
能率 : 91dB(2.83V/1m)
搭載ユニット
 ・ウーハー : 『1200FE-8』
  300mm径アクアプラス・コーティング・ケブラーコンポジットコーン・ウーハー
 ・ミッドレンジ : 『175Nd-3』
  50mmコンプレッションドライバー&38mm径スロート・バイラジアルホーン
 ・ツィーター : 『138Nd』
  19mmコンプレッションドライバー&10mm径スロート・バイラジアルホーン
周波数特性 : 38Hz~45kHz(-6dB)
クロスオーバー周波数 : 800Hz、7kHz
サイズ : W400mm*H635mm*D335mm
重量 : 32.3kg



▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。