最新の更新

明日18日から22日まで、【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。

18日(水)から22日(日)まで、 【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。 本日、イベントの為の準備を行いました。 ※イベントで使用するAccuphaseの製品たち 普段試聴会では、いろいろなパターンをメーカーさ...

2017年4月10日月曜日

【緊急告知】4月22日(土)開催決定。marantzの最新リファレンス・プレーヤー『SA-10』と、歴代CD/SACDプレーヤーの聴き比べ試聴会『マランツの歴史~CD/SACDプレーヤー編~』を開催します。

先日のブログで、marantzの新しい4代目リファレンス・プレーヤー『SA-10』と、
2代目リファレンス・プレーヤー『CD-7』の聴き比べ試聴会を計画中と書かせて頂きました。

その企画を聞いた、D&Mホールディングス関係者の方から、
『その他のモデルも用意するので、一緒に開催しませんか?』
という、うれしいお言葉を頂きました。


そこで『マランツの歴史~CD/SACDプレーヤー編~』と題して、
新旧5モデルの聴き比べイベントを開催させて頂く事になりました。



※イベントに参加する、新旧マランツ製品

会場の関係もあり、急ですが4月22日(土)に開催させて頂きます。


ご用意する旧型モデルは4機種。

まず1台目は、CDが誕生した1982年から3年後の製品『CD-34』(定価59,800円)。


※CD-34 CDプレーヤー 1985年発売

marantzがCDプレーヤー登場時から採用を続けた、14bitD/Aコンバーター『TDA-1540』と、
スイングアーム式メカ『CDM-1』を搭載した最終形と言えるモデルです。
生まれたばかりのCDが、当時どんな音で鳴らされていたかを、改めて確認します。


2台目は、2代目リファレンス・プレーヤー『CD-7』(定価450,000円/税別)。


※CD-7 CDプレーヤー 1998年発売

次世代のSACDプレーヤーが発売される寸前に登場した、
marantz最後の、CD専用高級プレーヤーです。
『7』という、marantzにとって特別な型番が付けられた製品。
有名な16bitDAC『TDA-1541A/S2』を搭載した、最後のモデルでもあります。
アナログ出力段に、全段『HDAM』が搭載されるとともに、
プログラムで動作するDSPによるデジタルフィルターを、初めて採用した製品です。
このDSP用のプログラムを書いたのが、『SA-10』に搭載された、
ディスクリートDACを開発した中心人物、ライナー・フィンク氏である点も注目です。


3台目は、marantz初のSACDプレーヤー『SA-1』(定価550,000円/税別)。


※SA-1 SACDプレーヤー 2000年発売

リファレンス・プレーヤーの称号は与えられませんでしたが、
『CD-7』と同規模の充実したアナログ出力段を採用した、高性能モデルです。
こちらに搭載されるDACは、CD時代から高い評価を得ている、
1bit・ビットストリームDAC『TDA-1547(DAC-7)』でした。


4台目は、3代目リファレンス・プレーヤーの『SA-7S1』(定価700,000円/税別)。


※SA-7S1 SACDプレーヤー 2006年発売

『CD-7』以来、18年ぶりに『7』の型番が採用されたモデルです。
自社開発のSACDメカ『SACDM-1』を採用。
『CD-7』以後開発が続けられていた、オリジナル・デジタルフィルター『PEC777f2』と、
NPC社製のDAC『SM5866』を組合わせて使用しています。

デジタルフィルターとDACチップの間に、巨大磁気抵抗(GMR)技術を採用した、
『デジタルアイソレーター』を初めて搭載したモデルです。


歴代リファレンス・プレーヤーのご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/04/marantzsa-10vscd-7.html



今回はこれら4機種と、最新のリファレンス・プレーヤー『SA-10』の聴き比べを行います。


※SA-10 SACDプレーヤー NEW

オリジナルSACDメカ『SACDM-3』、『デジタルアイソレーター』、
全段に『HDAM』を採用したアナログ出力段、
プログラムで動作するデジタルフィルターから発展した、
ディスクリートD/Aコンバーター『Marantz Musical Mastering』の搭載と、
『SA-10』は、『マランツの歴史』がすべて盛り込まれたモデルと言えます。


『SA-10』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/09/marantzsa-10.html



マランツの歴史 ~CD/SACDプレーヤー編~

<使用機器>
marantz
 ・CD-34 : CDプレーヤー 1985年発売
 ・CD-7 : CDプレーヤー 1998年発売 2代目リファレンス・プレーヤー
 ・SA-1 : SACDプレーヤー 2000年発売
 ・SA-7S1 : SACDプレーヤー 2006年発売 3代目リファレンス・プレーヤー
 ・SA-10 : SACDプレーヤー 2016年発売 NEW 4代目リファレンス・プレーヤー
 ・PM-10 : プリメインアンプ NEW
Bowers&Wilkins
 ・803D3 : フロアー型スピーカー

開催日 : 4月22日(土)
開催時間 : 14:00~16:00 ※約2時間を予定しております。
開催場所 : 湘南モールFiLL 2F コミュニティホール


お席のご予約はこちらから↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeOySBWg8p5cXMU5SmVp5mx3JskB7Qv1VD53uUJ-td_Ydm_-Q/viewform


お電話でもお席のご予約承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。