最新の更新

コストパフォーマンスの高さが話題!!貴重なPCOCCを使用した、BJ ELECTRIC製ケーブルの取り扱いを開始しました。

BJ ELECTRICは1991年に、 オーディオ機器メーカー出身の石河信彦氏により設立されました。 現在では生産完了となりましたが、手のひらに乗る様な小型音響機器製品の他、 音響用ケーブルの開発製造および楽器用アンプのモディファイ等を行っています。 今回取り扱いを開始...

2019年6月21日金曜日

【展示機導入】薄型だけど本格派。marantzの大ヒットAVアンプの最新モデル『NR1710』の展示を開始しました。

本体の高さが105mmと、AVアンプとしては大変薄型でありながら、
本格的な内容で人気の高いmarantzの『NR1609』がモデルチェンジし、
新たに『NR1710』としてとして登場しました。

デザインがmarantzのHi-Fi製品と共通と言う事もあり、
AVアンプとしてはめずらしいゴールド仕上げもラインナップされています。
そんな事もあり、今回は同社のCDプレーヤー『CD5005』と合わせて、
ゴールド仕上げの方を展示させて頂きました。


※marantz NR1710 DolbyATMOS&DTS:X対応7chアンプ内蔵AVアンプ NEW

このシリーズはAVアンプでありながら、5.1chなどのサラウンドでの使用よりも、
スピーカーをフロントのみに設置して使用している方の割合が多い製品です。

前作『NR1609』も、藤沢店ではステレオ使用の方が圧倒的に多い製品でした。
人気CD/ネットワークレシーバー『M-CR610 Series(現M-CR612)』をお考えの方で、
『TVとの接続が出来ればさらにうれしいのだけれど・・・』と言う方に、
デザインの揃うCDプレーヤーと組合せておすすめしたいです。


今回のモデルチェンジでは、『NR1609』で評価の高かった部分を活かしながら、
機能面のアップと音質向上を目指しています。

サラウンドフォーマットに関しては、
従来の『DolbyATMOS』、『DTS:X』といったオブジェクトオーディオフォーマットの他、
ハイトスピーカーやサラウンドスピーカーを設置していない状況で、
イマーシブオーディオ再生を可能にする、
バーチャル3Dサラウンドテクノロジー『DTS Virtual:X』に加え、
アップデートによる『DolbyATMOS Height Virtualizer』にも対応します。

また、従来デジタル/ネットワーク基板上に配置されていたD/Aコンバーターを、
上位モデル同様に専用基板上に移動する事で、
アナログオーディオ信号へのデジタル系回路の影響を抑えています。



※marantz NR1710 背面

HDMI端子は従来通り、入力8系統の出力1系統と豊富。
デジタル映像コンテンツ著作権保護に関しては『HDCP 2.3』に対応しました。

さらに『eARC』と、『ALLM』にも対応しています。

『eARC』は『Enhanced ARC』の略。従来の『ARC』ではサポートされていなかった、
テレビからAVアンプへの5.1ch、7.1chのリニアPCM信号や、
『Dolby TrueHD』、『DTS-HD Master Audio』等のロスレスオーディオ信号、
『DolbyATMOS』、『DTS:X』等のオブジェクトオーディオ信号の伝送を可能にします。
『ALLM(Auto Low Latency Mode)』はゲーム等で、
音声に対し映像が遅れる『遅延』を低減する技術。
『ALLM』対応のゲーム機およびテレビと接続し、ゲームを楽しむ際に、
テレビのモードを遅延が発生しやすい画質優先モードを、
自動的に低遅延モードに切り替えてくれる便利な機能です。


ネットワーク関連には、ディーアンドエムが展開する『HEOSテクノロジー』を搭載。
様々な音楽をより直感的に楽しむ事が出来るだけでなく、
『HEOS』搭載機器の同時コントロールや、音楽のシェアに対応します。
また『Amazon Alexa』での音声コントロールにも対応しました。

さらに『AirPlay2』にも対応。
iOSデバイスからのApple Musicの再生や、
複数の『AirPlay2』対応機器によるマルチルーム再生にも対応しました。


もちろん『Bluetooth』にも対応。
『NR1710』では新たに『Bluetooth送信機能』も追加され(アップデート対応)、
再生中の音声をBluetoothヘッドフォンやスピーカーに贈る事も可能になります。


定価はこれらの機能アップを果たしながら、
従来の『NR1609』と同じ90,000円(税別)となっています。



marantz NR1710 DolbyATMOS&DTS:X対応7chアンプ内蔵AVアンプ NEW
定価90,000円(税別)

定格出力(20Hz~20kHz) : 50w/ch/8Ω
パワーアンプch数 : 7ch
対応インピーダンス : 4~16Ω
周波数特性 : 10~100kHz(+1、-3dB、ダイレクトモード時)

HDMI入力 : 入力*8系統(フロント*1系統) HDCP2.3、ALLM対応
HDMI出力 : 1系統 HDCP2.3、ALLM、eARC対応
映像入力 : コンポーネント*2系統、コンポジット*3系統
映像出力 : コンポーネント*1系統、コンポジット*1系統
音声入力
 ・デジタル*2系統(同軸*1系統、光*1系統)
 ・アナログ(RCA端子)*3系統
 ・フォノ入力(RCA端子)*1系統 / MM対応
音声出力 : ゾーンプリアウト*1系統、2.2chプリアウト(RCA端子/FL、FR、SW)*1系統
スピーカー出力端子 : 7系統(バナナプラグ対応)
その他出力端子 : ヘッドフォン出力*1系統

無線LAN : Wi-Fi準拠(2.4/5GHz、IEEE802.11a/b/g/n準拠)
ネットワーク機能
 ・PCM系 : 最大192kHz/24bit(WAV、FLAC、AIFF、ALAC)
 ・DSD系 : 最大5.6MHz
インターネットラジオ : TuneIn(MP3/WMA/AAC)
その他
 ・HEOSテクノロジー搭載
 ・AirPlay2
 ・Blutooth受信、送信対応(送信は固定出力のため、受信側で音量調整が必要)
  ・バージョン : 3.0+EDR
  ・対応プロファイル : A2DP 1.2、AVRCP 1.5
  ・対応コーデック : SBC
 ・送信出力 : 通信距離 Class1 / 約30m(見通し距離)
 ・AWA、Spotifi、SoundCloud、Amazon Music対応
※AWA、Spotifi等をご利用の際には、各サービスの有料プラン・アカウントが必要になります。
・Amazon Alexaによる音声コントロール
チューナー : FM(ワイドバンドFM対応)、AM
サイズ : W440mm*H105mm*D378mm(H175mm・Wi-Fiアンテナを立てた場合)
重量 : 8.4kg



展示色の他、AVアンプの定番色ブラックもラインナップされています。


※marantz NR1710 BLACK仕上げ NEW




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。