最新の更新

8月26日(土)は、YAMAHAのAVアンプを使用して、ホームシアターの魅力を再発見してみたいと思います。大画面&サラウンドシステムで、最新ゲーム『カーズ3』をご体験頂けます。

8月26日(土)は、YAMAHAのAVアンプを使用して、 大画面ホームシアターの魅力を再発見して頂くイベントを開催します。 当日は、お昼からの2部構成。 第1部は、ご家族皆さんで楽しんで頂く、 『映画だけじゃもったいない!!大画面&サラウンドシステムでゲームも...

2014年3月16日日曜日

PMC創立21周年記念モデル 『DB1 Gold』 展示開始しました。

英国PMCの創立21周年記念モデル『DB1 Gold』の展示を開始しました。


                           ※PMC DB1 Gold 創立21周年記念モデル

PMCは英国国営放送局BBCに所属していた技術者が創立した、スピーカーブランドです。
彼らの設計したスピーカーは、BBCのモニタースピーカーのコンペに(BBCには内緒で)参加し、
並み居る競合ブランドを押しのけ、コンペに優勝してしまいました。
昔と違い、社外からスピーカーを納入する事が基本となっていた為、
彼らはBBCを退社し、自分たちのスピーカーを納品する会社を設立。それがPMCでした。

現在でもDB1シリーズは、スタジオではミキサーの上に置かれ、
ミキシングや定位等のチェックに使用されています。
そのサイズのコンパクトさと、低域の再現性の高さからコンシューマーでも注目され、
現在では、定番小型スピーカーとなっています。

現在ではコンシューマー向け製品は『Twentyシリーズ』に移行していますが、
プロの現場ではDB1は、今でも現役。

記念モデルの『DB1 Gold』はプロの世界で評価の高い、DB1+をベースにしています。
オリジナルはスプレー塗装の簡素な仕上げですが、
Gold仕様は、シルクブラック(他社ではサテンブラック)とよばれる仕上げに変更されています。

PMCの特徴は、通称『ATL』と呼ばれる構造。


                                 ※PMC DB1 ATL構造

トランスミッション・ラインと呼ばれるエンクロージャーです。
ユニット背後に続く音の道は、吸音材で一杯です。
DB1の場合は背面に出口がありますが、
通常のバスレフとは違い、出口から出る低域はユニットと同相。


                            ※PMC DB1 Gold 背面のATLの出口

キレがあり、ふくらまない低域が魅力です。
イメージとしては2サイズ位大きなユニットを搭載した、密閉型に近い低域を楽しめます。

初代モデルは、ある程度音量を上げないと音離れが悪かったのですが、
『Gold』のベースになったDB1+以降は、一般的な家庭での音量でも、
スムーズな音が楽しめるようになりました。
『Twentyシリーズ』のベースになった『DB1i』(DB1の最終形)と比べると、
高域の伸びは若干抑え目ですが、中域の密度感はより高いのが『Gold』の魅力です。

ボーカルや金管楽器がお好きな方は、ぜひ一度聞いてみてください。

PMC DB1 Gold スピーカー 基本スペック
定価150,000円(ペア/税別) → ご販売価格お問い合わせください

周波数特性 : 50Hz~25kHz
能率 : 87dB(1w/1m)
クロスオーバー : 2kHz
インピーダンス : 8Ω
ドライバーユニット
 ・低域 : 140mmコーン型
 ・高域 : 27mmソフト・ドーム型
入力端子 : バイワイヤリング対応
サイズ : W155mm*H290mm*D234mm
重量 : 4.5kg
ATL長 : 1.5m


▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。