最新の更新

アキュフェーズE-800の展示機導入!

アキュフェーズ50周年記念モデル、 超弩級の純A級動作プリメインアンプE-800の 展示機をついに導入しました! アキュフェーズ主催の試聴会も大盛況で、 皆さま熱心に聴いて頂くことができましたが、 今後は試聴室にて、 じっくりとご試聴いただくことができます。 お客...

2014年8月4日月曜日

【期間限定デモ】 アメリカ・SPIRAL GROOVE(スパイラル・グルーブ)のレコードプレーヤー 『SG1.1J』 が期間限定で、『夏のアナログ祭』にサプライズ登場。

8月のアナログ月間・『夏のアナログ祭』のサプライズ・ゲストの登場です。

音元出版社の季刊誌『analog(アナログ)』の、2014年SPRING・vol.43号の表紙を飾った、
アメリカ・SPIRAL GROOVE(スパイラル・グルーブ)のレコードプレーヤー『SG1.1J』が、
お盆休みの間、オーディオスクェア藤沢店に登場です。


※SPIRAL GROOVE SG1.1J レコードプレーヤー

電源部は別筐体。



それでは概略を。

『SG1.1J』は6層構造のプラットフォームが、上下に2分割され互いにアイソレーションされています。


※SG1.1Jを背面から見た図

まずは下部3層。
1層目は、インシュレーターを取り付けるアルミ製のベース。
その上に薄い緩衝材の層があり、黒いアルミ(?)層が重なります。
ここにモーターが取り付けられています。

その上にフローティングされた、上部の1層目。
下部と同じく黒い層があり、こちらにターンテーブルの軸が取り付けられています。
下部のベースと同じく薄い緩衝材を挟んで、その上にアルミの層がのります。
この最上部のアルミ製ベースにアームを取り付けます。

振動の大きなモーターと、ターンテーブルを分離し、
さらに細かな振動を緩衝材でキャンセルする設計です。

ターンテーブルはステンレスとカーボンを圧着。
レコードは、ずっしりと重たい専用のステンレス製・ネジ式クランパーでがっちりと固定されます。


電源は別筐体で、プレーヤーとはD-SUB端子を使用して電力供給を行います。
下部がモーター用、上部はコントロール用の電源という事です。


リジッドな筐体でありながら、
再生中にプレーヤーを置いたラックを、指でコツコツと叩いても音には乗らない、
見事なフローティング構造です。


トーンアームは一眼カメラのレンズマウントによく似た、バヨネットマウントシステムを採用。
簡単にアーム交換が出来る様になっています。

付属アームは同社の、1点支持型ストレートアーム『Centroid(セントロイド)』。
軸をカウンター・ウェイトが包み込むような構造になっており、
慣性モーメントが最小になる様に設計されています。

アームチューブはカーボンとアルミで製作されており、大変軽く作られています。
 内部配線は高純度銅のリッツ線を使用しているとの事です。

指掛けの繊細な仕上げは、さすが高級機。
アームリフターのレバーの動きにもため息が・・・。

カウンター・ウェイトのサイドのネジを回転させることで、ラテラルの調整も簡単に行えます。


早速、audio-technicaのMCカートリッジ『AT-ART9』を取り付けて試聴開始。
フォノイコライザーにはPhasemation『EA-300』を使用しました。

レコードプレーヤーだけでこんなに変わるの?という静けさ。
低域がすっと下に伸び(この辺りはフローティング型のベルトドライブらしい)に、
ずっしりとした重みと、がっしりしたエネルギー感が加わります。

貸出期間中に、さら高性能なフォノイコライザーを用意したいと強く思った次第です。


SPIRAL GROOVE(スパイラル・グルーブ) SG1.1J レコードプレーヤー
定価3,500,000円(税別)

駆動方式 : ベルトドライブ式
回転数 : 33-1/3、45rpm(速度調整可能)
サイズ
 ・本体 : W480mm*H168mm*D386mm(本体、Centroidトーンアーム、クランパー含む)
 ・電源 : W317mm*H67mm*D188mm
重量
 ・本体 : 28.0kg
 ・電源 : 2.4kg
付属アーム : Centroid / スピンドル-ピボッド 236.8mm

※カートリッジは付属していません。




展示期間は、8月17日(予定)までとなっています

こんなクラスのレコードプレーヤー、なかなかじっくり聴く機会もありません。
ぜひ、皆様のご来店をお待ちしております。
ストレートアームの為、audio-technica『AT-ART9』のみでの試聴となりますので、ご了承願います。

audio-technica『AT-ART9』についてはこちらを↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/07/audio-technicamcat-art9.html

Phasemation『EA-300』についてはこちらを↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/06/phasemation-ea-300.html




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。