最新の更新

明日18日から22日まで、【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。

18日(水)から22日(日)まで、 【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。 本日、イベントの為の準備を行いました。 ※イベントで使用するAccuphaseの製品たち 普段試聴会では、いろいろなパターンをメーカーさ...

2014年5月27日火曜日

【新製品】 『KOJO(光城精工)』のハイコストパフォーマンス電源タップ 『Force bar6.1』入荷しました。

当店でも人気の高い『KOJO(光城精工)』の電源タップ『Force bar3.1』の姉妹モデル、
『Force bar6.1』の出荷が開始されました。


※KOJO(光城精工) Force bar6.1(左)&Force bar3.1(右)

『Force bar』の特徴は、筐体構造。


※Force bar6.1 筐体構造

『M.I.S.(メカニカルアイソレーションシステム)』と名付けられた構造を採用。
独立したサブシャーシに、入力インレット、出力コンセント、内部配線を搭載。
このサブシャーシをチタン製パーツを介して外装ケースからフローティングマウントしています。
(本体の白い〇印のところが、フローティングする為のネジとなります)

さらに、出力コンセントを外装ケースよりわずかに持ち上げてマウント。
外装ケースと差し込まれた電源プラグとの間に約1mmのすき間ができるようにし、
不要振動が伝わるのを防ぐ様にしています。


出力コンセントは名前の通り3Pコンセントが6口。
さらに『.1』として、予備用の2Pコンセント1口を設けています。

また、近年ACアダプターを使用した製品が増えていることも考え、
複数のアダプターが干渉しないよう、
独立したコンセントを通常とは違い90度ずらしてマウントされています。

この辺りの使いやすさも人気の秘密でしょう。


KOJO(光城精工) Force bar6.1 電源タップ 基本スペック
定価20,000円(税別) → ご販売価格お問い合わせください。

出力コンセント : 3P*6口、2P*1口 / 単相2線アース付
入力インレット : IECインレット3P*1
サイズ : W56mm*H35mm*D363mm(突起物含まず)
重量 : 約907g

※電源ケーブルは付属しておりません。別途お買い求めください。


はじめてのオーディオ用電源タップとして最適な製品です。


▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。