最新の更新

【展示品処分】Dynaudioのブックシェルフ型スピーカー『Excite X14』の展示品処分を行います。

デンマークの高級スピーカーブランド・Dynaudioの、 ブックシェルフ型スピーカー『Excite X14』の展示品処分を行います。 ※Dyanudio Excite X14 ブックシェルフ型スピーカー Dynaudioの魅力は、まずはウーハー。 エントリーク...

2018年5月23日水曜日

今週末の5月26日(土)に開催するFOCALの試聴会で使用する、新製品『Kanta No.2』が届きました。さっそく開封です。

今週末に開催する試聴会で使用する、
フランス・FOCALの新製品トールボーイ型スピーカー『Kanta No.2』が届きました。

さっそく開封です。


FOCAL Kanta No.2 トールボーイ型スピーカー NEW

今回届いたのは、ソーライエロー・ラッカー仕上げ。

特徴的なフロントバッフルは、FOCAL初の高密度ポリマー製。


ユニットも上位モデルと同様に、フォーカスを合わせるように配置されており、
それに合わせバッフルは途中で『く』の字に曲がっています。
この形から『カンタ』のスペルが『C』ではなく『K』になっているそうです。
※『Kanta(カンタ)』の名前の由来は、イタリア語の音楽用語、発想標語である『Cantabile(カンタービレ)』から。
『歌うように』と言う意味で、なめらかに、表情豊かにと言った意味も持っています。

フロントバッフルが樹脂である事を活かし、バスレフポートをフロントバッフルと連続化。


※Kanta No.2のフロント・バスレフポート

これによりポートノイズを抑え、よりスムーズな空気の出入りを実現しています。
フロントバッフル以外のエンクロージャーは、曲げ加工による一体成型となっています。
最上面には強化ガラスが貼り付けられており、響きをコントロール。
足元はアルミダイキャスト製のフットが取り付けられています。
取り付けられているスパイクは、『Sopraシリーズ』同様にデカップリングされています。


搭載されるユニットも、上位モデルの技術を積極的に導入しています。

ミッドレンジとウーハーの振動板には、
天然素材『亜麻』をガラス繊維(グラスファイバー)でサンドイッチした『FLAX』を採用。


※TMD技術によるエッジを採用したミッドレンジ

ミッドレンジにはFOCALの最新振動板に、
こちらも最新のTMD技術を採用したエッジを組み合わせています。
これにより、エッジに起因する動的な歪みを低減しクリアーな中音域を実現しています。
聴感上でも透明感のある空間表現や、
音の消えぎわのディテール表現の豊かさを感じられます。

ミッドレンジとウーハーの磁気回路には、上位モデル同様のファラデーリングを採用した、
低歪みの磁気回路『NIC(ニュートラル・インダクタンス・サーキット)』を搭載しています。

ミッドレンジとウーハーのサイズは同じ165mmですが、
ウーハーの振動板では、亜麻の厚みをさらに増すと共に(1.67倍)、
サンドイッチするグラスファイバーの厚みも約2倍とする事で、強度をアップしています。


ツィーターはFOCAL高級機の顔とも言えるベリリウム製振動板を採用。


※ベリリウム振動板採用のツィーター

27mm径の逆ドーム型。
第3世代の『IAL3(インフィニティ・アコースティカル・ローディング・3)』を搭載しています。
逆ドーム型の利点を生かし、背圧をスムーズにコントロールすると共に、
分割振動を効果的に抑え、超高域まで低歪みの再生を実現しています。
ユニットの前面には『Sopraシリーズ』と同様の保護カバーが取り付けられています。


音出しのチェックをしながら試聴。
サウンドの方向は常設の『Sopra No.2』と重なる方向です。
低域に関しては『Sopra No.2』よりも、より量感とエネルギー感を感じさせます。
おそらくこれは、フロントバスレフを採用した事によるものと思われます。
女性ボーカルのしなやかさと、何とも言えない実在感は、
『Sopra No.2』にも通じる魅力と言えます。

今回の仕上げに関しては、事前に聞いた時はちょっと不安でしたが、
現物を見てみると、なかなか良いものだなぁと想像以上の好印象。
すこしレモンイエローっぽい黄色は、他社ではまず選ばない色でしょうが、
この色に惚れて買っても、すぐにそのサウンドの魅力にやられてしまうでしょう。



※Kanta No.2の仕上げ

アイボリーに近いウォームトープと木目の仕上げも、
ナチュラルさあふれる仕上げで魅力的です。


サイズもよりコンパクトになり、設置性もあがった、
新しい『Kanta No.2』の魅力を、じっくりと試聴会でお楽しみください。




FOCAL 新製品 Kanta No.2 試聴会

開催日 : 5月26日(土)
開催時間 : 14:00~16:00 ※約2時間を予定しています。
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店試聴室

<使用機材>
FOCAL Kanta No.2 : トールボーイ型スピーカー NEW

LUXMAN
 ・D-08u : SACDプレーヤー
 ・L-509X : プリメインアンプ
 ・CL-38uC : 真空管プリアンプ
 ・MQ-88uC : 真空管パワーアンプ


お席のご予約はこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc544xw7ZKJYuUpgBE2a5kBQ2k7eyJdaOomXO2Fp2Mq9Ebokw/viewform



お電話でもお席のご予約を承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603



FOCAL Kanta No.2 トールボーイ型スピーカー NEW
定価1,200,000円(ペア/税別)

形式 : 3ウェイ・4スピーカー、バスレフ型
搭載ユニット
 ・ツィーター : 27mm IAL3・ピュアベリリウム・インバーテッドドーム型*1基
 ・ミッドレンジ : 165mm Flax・NIC・TMD・Wサンドイッチコーン型*1基
 ・ウーハー : 165mm Flax・NIC・Wサンドイッチコーン型*2基
周波数特性 : 35Hz~40kHz (±3dB)
低域再生能力 : 29Hz (-6dB)
能率 : 91dB/2.83V/1m
インピーダンス : 8Ω (最低3.1Ω)
クロスオーバー周波数 : 260Hz/2,700Hz
サイズ : W321mm*H1,118mm*D477mm
重量 : 35kg




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。