最新の更新

アキュフェーズE-800の展示機導入!

アキュフェーズ50周年記念モデル、 超弩級の純A級動作プリメインアンプE-800の 展示機をついに導入しました! アキュフェーズ主催の試聴会も大盛況で、 皆さま熱心に聴いて頂くことができましたが、 今後は試聴室にて、 じっくりとご試聴いただくことができます。 お客...

2015年11月2日月曜日

11月13日(金)開催。第2回『ヨルのスクェア』に、ESOTERICのトップシリーズ『Grandiosoシリーズ』のセパレートアンプが登場。

11月の平日夜に開催する、『ヨルのスクェア ~平日・夜の試聴会~』の、
第2回には、ESOTERIC(エソテリック)のトップシリーズ・『Grandiosoシリーズ』のセパレートアンプ、
プリアンプの『Grandioso C1』と、ステレオパワーアンプの『Grandioso S1』が登場します。


※ESOTERIC Grandioso C1(奥) Grandioso S1(手前)

ESOTERICの持てる技術を終結した、
特別なモデルに与えられるのが『Grandioso』という名前です。
また、このモデル群は、ESOTERIC製品全ての方向を示す、先端技術の固まりでもあります。

プリアンプの『Grandioso C1』は、電源部からモノブロック構成というこだわりの製品。
なんと、電源ケーブルから左右独立。
電源部は独立しており、増幅部への電源部の影響を抑えるようにもなっています。
その電源部だけでも29kgという、プリアンプの電源とはにわかに信じられない物です。
増幅部は左右独立のフルバランス構成。
左右、正、負の計4回路のボリューム・コントロールは、
全てを一括でする事を可能にした、ESOTERIC-QVCSボリュームシステムにより、
抵抗切換型ボリュームを一括でコントロールしています。

『Grandioso C1』の筐体内部は、立体的な構造になっています。
入力系回路と出力系回路は、背中合わせの2階建てで、立体的に配置されています。
入力部は上面にあり、そのまま折り返して下面にある出力部へと送られます。
この増幅部は、板バネを使用したサスペンション・システムでフローティングされており、
振動が信号に与える影響を抑えるよう、周到な設計をされています。

この辺りは、今までのESOTERICに対するイメージ『超高剛性』とは違う、
新しい筐体設計のコンセプトが採用されている事を表しています。
まさに、近年のESOTERICが持つ、
『しなやかでありながら、エネルギー感が損なわれないサウンド』は、
この様な、新しいコンセプトや技術により生まれているのでしょう。


『Grandioso S1』は、モノラル・パワーアンプ『Grandioso M1』に採用された技術を、
使いやすいステレオ・パワーアンプに収めた製品です。
瞬時電流供給能力が最大34アンペアという、
通常のパワートランジスターの2倍近い能力を誇る、バイポーラLAPTトランジスターを採用。
5パラレル・プッシュプル構成でありながら、定格出力は150w/ch(8Ω)と抑え目。
ただし、電源トランスは大型のトロイダルトランスを搭載。
ドライブ段用にも、専用のトロイダルトランスを搭載するなど、充実した内容です。
もちろん内部は、リアパネルから左右分割された、デュアルモノラル設計となっています。


SACDプレーヤーには一体型の最上位モデル『K-01X』を使用。
マスタークロック『G-01』と組み合わせます。


今回の『ヨルのスクェア』で、個人的に期待しているのがESOTERICです。
近年のESOTERIC製品の特長である、
『高解像度でありながら、エネルギー的な張りが無いスムーズな再生』が、
Bowers&Wilkinsの新しい800シリーズとの親和性が、思いのほか高いのではないか?
と、期待しているのですが、皆さんはどうでしょうか。


11月13日(金)開催。

『ヨルのスクェア』 第2回・ESOTERIC編
『ESOTERICのセパレートアンプでドライブ』

<使用機材>
スピーカー : Bowers&Wilkins 803D3 NEW
パワーアンプ : ESOTERIC Grandioso S1
プリアンプ : ESOTERIC Grandioso C1
SACDプレーヤー : ESOTERIC K-01X
マスタークロック・ジェネレーター : ESOTERIC G-01

開催時間 : 18:00~20:00
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店試聴室


ご参加につきましては、ご予約をお願いいたします

お席のご予約はこちらから↓
https://docs.google.com/forms/d/1-ZPVPsgvp3SaWY8DFwROyk3_Y727dts6G5NVVoYi7GE/viewform

お電話でも、お席のご予約承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603


平日夜の試聴会『ヨルのスクェア』の特設ページは、下のバナーをクリックして下さい↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/blog-page_26.html




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。