最新の更新

今週末8月19日(土)は、日本音響エンジニアリングのルームチューニング用アクセサリー『AGS』の体験試聴会です。

日本音響エンジニアリングのルームチューニング機構、 『Acoustic Grove System(AGS)』の効果を体験頂ける試聴会を、 今週末8月19日(土)に開催します。 『AGS』は、部屋の中に『森の音場』を再現するシステム。 太さの異なる木々が並ぶ森林の...

2015年12月29日火曜日

1月30日(土)に、JBLのスタジオモニターシリーズの、新しいフラグシップモデル『4367WX』の試聴会を開催します。

JBLからスタジオモニターシリーズの、新しいフラグシップモデル『4367WX』が登場しました。


※JBL 4367WX 38cmウーハー搭載2Wayモニタースピーカー

『4367WX』は、JBLのリアル・プロフェッショナル・モニタースピーカー『M2』をベースに、
ネットワークを搭載し、一般的なアンプでも鳴らせるようにしたモデルともいえます。

ベースの『M2』は、PCで制御を行うエレクトリック・クロスオーバー(チャンデバ)を使用した、
2Wayマルチ・アンプ駆動でドライブするモデルです。

最大の注目点は、搭載される高域用ドライバー・『D2デュアルドライバー』

今までのコンプレッション・ドライバーとは、
振動板(ダイヤフラム)の形が全く違う、新しい設計のドライバーです。
リングラジエターの様な形状の振動板を、『デュアル』と名の付く通り2枚搭載
振動板のサイズは3インチ。2つの振動板の出力をミックスして、1つのホーンへ送り込みます。
高域特性は振動板の可動重量が小さくなった為、
スーパーツィーターを使用せずに、~40kHz(-6dB)を実現しました。
また、2枚搭載する事で合計面積は3インチ径のドライバーと同等の為、
クロスオーバー周波数は700Hzと、38cmウーハーとスムーズにつながります。

搭載されるホーンは、『M2』にも採用されている、
『HDI(High Difinition Imaging)技術』を採用した、新しい『Xウェーブガイド・ホーン』。
広いエリアに均一に音を送り届けます。


今回はアンプに、Mark Levinson(マークレビンソン)のプリメインアンプ『No585』をご用意。


※Mark Levinson No585 USB-DAC搭載プリメインアンプ 40周年記念モデル
 
『No585』は、Mark Levinsonの40周年記念モデルの1つとして開発されました。
プリ部は、左右の回路を対象に配置。
上位モデルのプリアンプと同様に、
電子切換式のアッテネーター方式を採用したボリュームコントロールを採用しています。
パワーアンプも、同一のモジュールを左右独立で搭載。
900VAの大型トロイダル・トランスによって電源供給されています。

DSDファイルにも対応した、最新USB-DAC機能も搭載された、現代的なアンプです。


SACDプレーヤーには、JBLユーザーにも利用者の多い、
ESOTERICの一体型最上位モデル『K-01X』をご用意します。


JBL・スタジオモニターの新しいフラグシップ『4367WX』登場

開催日 : 1月30日(土)
開催時間 : 14:00~16:00 ※約2時間を予定しています。

開催場所 : オーディオスクェア藤沢店 試聴室

<使用機器>
JBL : 4367WX スピーカー NEW
Mark Levinson : No585 プリメインアンプ
ESOTERIC : K-01X SACDプレーヤー


試聴会のご予約はこちらから↓
https://docs.google.com/forms/d/1H9F6tyz2X8tRBJ5XijYCm_ulEkKj94V2ccR-56DuDis/viewform


お電話でも、お席のご予約承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。