最新の更新

【展示機導入】『ワンボディ・セパレートアンプ』をコンセプトに持つ、LUXMANの新しいフラグシップ・プリメインアンプ『L-509X』の展示を開始しました。

お待たせしました。 LUXMANのフラグシップ・プリメインアンプ『L509X』の展示を開始します。 ※LUXMAN L-509X AB級パワーアンプ搭載プリメインアンプ NEW 『ワンボディ・セパレートアンプ』をコンセプトに、新たに開発されたフラグシップモデルで...

2015年12月25日金曜日

『アナログ祭』に参加する、カートリッジのご紹介です。

2016年・お正月、1月1日から5日まで開催する『アナログ祭』。

『アナログ祭』でご用意する、カートリッジのご紹介です。


まずは、昨今積極的な開発を行っている、audio-technica(オーディオテクニカ)のカートリッジ。
テクニカの定番MC型カートリッジ『33シリーズ』の最新モデル、『AT33Sa』。


※audio-technica AT33Sa MC型カートリッジ

テクニカのカートリッジとしては、初めて『シバタ針』を採用した意欲作です。
『33シリーズ』では良く使われる、ボロン製カンチレバーを採用。
カンチレバーは先に行くほど径が細くなる、テーパー加工が施されています。
その他、ネオジウムマグネット、パーメンジュールヨーク、PCOCC製コイル採用と、
『33シリーズ』の最上位モデルとして贅沢な仕様となっています。


audio-technica AT33Sa MC型カートリッジ
定価112,500円(税別)

形式 : MC型
出力電圧 : 0.4mV
針圧 : 1.8g~2.2g(2.0g標準)
インピーダンス : 10Ω
コンプライアンス : 10*10-6cm/dyne
針先形状 : 無垢シバタ針
カンチレバー : ボロン無垢テーパー
重量 : 6.9g


高級機ばかりではなく、積極的にベーシックモデルを発表しているのもテクニカの特徴です。
初めてのMCカートリッジとして、
普段使いのMCカートリッジとして、おすすめの『AT-F2』もご用意します。


※audio-technica AT-F2 MC型カートリッジ

低価格機ながら、PCOCCコイルや楕円無垢針を採用するなど、
価格を超えた魅力を持つカートリッジです。


audio-technica AT-F2 MC型カートリッジ
定価30,000円(税別)

形式 : MC型
出力電圧 : 0.32mV
針圧 : 1.8g~2.2g(2.0g標準)
インピーダンス : 12Ω
コンプライアンス : 9*10-6cm/dyne
針先形状 : 無垢楕円針
カンチレバー : アルミパイプ
重量 : 5.0g


VM(MM)型カートリッジの積極的な展開もテクニカの魅力です。
MCカートリッジ『AT33Sa』のノウハウを、VMカートリッジに移植したら・・・、
と生れたのが、新しいリファレンスVMカートリッジ『AT150Sa』です。


※audio-technica AT150Sa VM型カートリッジ NEW

伝統の100系メタルダイキャストボデイに、『AT33Sa』で好評のシバタ針を組み合わせました。
カンチレバーは、アルミテーパーパイプを採用しています。


audio-technica AT150Sa VM型カートリッジ
定価91,000円(税別)

形式 : VM(MM)型
出力電圧 : 4.0mV
針圧 : 1.0g~1.8g(1.4g標準)
針先形状 : 無垢シバタ針
カンチレバー : アルミテーパーパイプ
重量 : 8.0g


2015年・お正月の『アナログ祭』で、高い評価を頂いた『AT440MLb』もご用意します。


※audio-technica AT440MLb VM型カートリッジ

型番のMLは、マイクロリニア針の略。
レコードのミゾに、線でコンタクトする高性能なスタイラスを搭載しています。
解像度が高いだけでなく、音に密度と厚みを感じさせる、
新しい魅力が加わったテクニカの高級VMカートリッジです。

AT440MLbのご紹介&VM型カートリッジに関してはこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/12/audio-technicavmat440mlat120eb.html


audio-technica AT440MLb VM型カートリッジ
定価32,000円(税別)

形式 : VM(MM)型
出力電圧 : 4.0mV
針圧 : 1.0g~1.8g(1.4g標準)
針先形状 : マイクロリニア針
カンチレバー : アルミテーパーパイプ
重量 : 6.5g



人気の高い、国産高級MCカートリッジ、
Phasemation(フェーズメーション)の『PP-1000』もご用意します。


※Phasemation PP-1000 MC型カートリッジ

評価の高いPhasemationのカートリッジの基本形にしてリファレンス。
更に上位にあたる『PP-2000』も登場しましたが、豊かな低域は『PP-1000』の魅力です。


Phasemation PP-1000 MC型カートリッジ
定価320,000円(税別)

形式 : MC型
出力電圧 : 0.29mV
針圧 : 1.7g~2.0g
インピーダンス : 4Ω
コンプライアンス : 8*10-6cm/dyne
針先形状 : 無垢ラインコンタクト
カンチレバー : 無垢ボロン
重量 : 14.3g



忘れてはいけないのがortofon(オルトフォン)。今回は、人気モデル2機種をご用意します。
まずは、定番『MCシリーズ』の最新・最上位モデル『MC-Q30』。


※ortofon MC-Q30 MC型カートリッジ

多くのメーカーが試聴会でリファレンスとして使用する、定番高級MCカートリッジです。
無垢シバタ針、ボロンカンチレバーと、まさに高級機の方程式に則った製品です。
さらにコイルには『Aucurum(金メッキ6N高純度銅線)』を採用。
『Aucurum』は、ortofon85周年モデルとして登場した『SPU85 Anniversary』で、
初めて採用されて以来、上位モデルでのみ採用されている導体です。

解像度の高さと、空間の透明度は、ortofon自ら『史上最高のMC30』と言うだけのクオリティです。
それでいながら、定価は95,000円(税別)。
高価な事には間違いありませんが、内容を考えるとお買い得な高性能モデルです。


ortofon MC-Q30 MC型カートリッジ
定価95,000円(税別)

形式 : MC型
出力電圧 : 0.3mV
針圧 : 2.3g
インピーダンス : 5Ω
針先形状 : 無垢シバタ針
カンチレバー : 無垢ボロン
重量 : 9g


もちろん『SPUシリーズ』もご用意します。
今回は、特に繊細感が魅力の『SPU Royal G MK2』をご用意します。


※ortofon SPU Royal G MK2 MC型カートリッジ

金と銀の自然合金と同等の組成をもつ合金『electrum(エレクトラム)』をコイルに採用。
スタイラスは、ortofonの最上位モデルに多く採用される、
特殊ラインコンタクト針の『Replicant 100(レプリカント100)』を採用。
繊細感と、SPUシリーズらしい密度感が両立する、ファン垂涎のモデルです。


ortofon SPU Royal G MK2 MC型カートリッジ
定価232,000円(税別)

形式 : MC型
出力電圧 : 0.2mV
針圧 : 3.0g
インピーダンス : 6Ω
針先形状 : 特殊ラインコンタクト(Replicant 100)
カンチレバー : アルミ
重量 : 31.5g



『アナログ祭』は、1月1日から5日まで開催します。
詳細は、『アナログ祭』特設ページでご確認ください↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/aud.html




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。