最新の更新

アキュフェーズE-800の展示機導入!

アキュフェーズ50周年記念モデル、 超弩級の純A級動作プリメインアンプE-800の 展示機をついに導入しました! アキュフェーズ主催の試聴会も大盛況で、 皆さま熱心に聴いて頂くことができましたが、 今後は試聴室にて、 じっくりとご試聴いただくことができます。 お客...

2015年12月25日金曜日

2016年・お正月の『アナログ祭』は、各メーカー人気のフォノイコライザーが集合。

2016年・お正月、1月1日から5日まで開催する『アナログ祭』。

今回は、話題のフォノイコライザーを各種ご用意します。
まずは、今年ラインナップが充実した、国産・高級フォノイコライザー3機種をご用意。


Phasemation(フェーズメーション)の、左右独立筐体フォノイコライザー『EA-500』。


※Phasemation EA-500 左右セパレート型フォノイコライザー NEW

Phasemationの最上位モデル『EA-1000』のコンセプトを継承する、
ルディスクリートによる無帰還CR回路採用の、高性能フォノイコライザーです。
MC入力には、評価の高い昇圧トランスを内蔵。
イコライザーカーブは、標準のステレオ用RIAAカーブの他、
モノラル用のDECCAカーブと、コロムビアカーブの2種類が搭載されています。

Phasemation・『EA-500』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2015/11/phasemation21121.html


LUXMAN(ラックスマン)の90周年記念モデルの1つ。真空管フォノイコライザー『EQ-500』。


※LUXMAN EQ-500 真空管フォノイコライザー LUXMAN90周年記念モデル

2015年・設立90周年を迎えたLUXMANが久々に発表した高性能フォノイコライザーです。
全段真空管による無帰還CR型回路を採用しています。
MC入力は、こちらも昇圧トランスを採用。
カートリッジに合わせた負荷インピーダンスの連続可変機能。
3段階のゲイン切替スイッチ。
カートリッジの消磁を行う『アーティキュレーター機能』。
更に、負荷容量切替機能など、
豊富なアクセサリー機能によりカートリッジの魅力を引き出します。

LUXMAN・『EQ-500』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2015/03/luxmaneq-5004.html


このクラスのリファレンス、Accuphase(アキュフェーズ)の『C-37』。


※Accuphase C-37 フォノイコライザー

Accuphaseの40周年記念モデルであった、
プリアンプ『C-3800』と対をなす、フォノイコライザー『C-27』の後継モデルです。
左右独立のMCヘッドアンプを搭載。
イコライザー回路も、左右独立構成となっています。
Accuphaseらしい、回路の並列化により驚異的な低雑音化を実現しています。



今回は、憧れのフォノイコライザーとして、
ドイツ・Burmester(ブルメスター)の『100 Phono EQ』をご用意します。


※Burmester 100 Phono EQ フォノイコライザー

『100 Phono EQ』は、バランス入力専用設計。
フォノイコライザーはモジュール形式となっており、発注時に2つのモジュールを指定します。
MC+MM、MC+MC、MM+MMと、組み合わせは自由になっています。
イコライザー回路は、CR型とNF型のハイブリット型となっています。
MC用モジュールでは、入力インピーダンスを6段階で選択可能、
MM用モジュールでは、静電容量を6段階で選択可能となっています。

またオプションで、A/Dコンバーターモジュールも用意されており、
192kHz/24bitでのデジタル出力にも対応します。

『100 Phono EQ』に搭載される興味深い機能が、左右の音量差を補正する、オートアジャスト機能。
付属のテストレコードを再生する事で、最適な音量バランスを取る事ができます。


Burmester 100 Phono EQ フォノイコライザー
定価2,750,000円(税別)

入力インピーダンス
 ・MC入力 : 33Ω、47Ω、91Ω、120Ω、390Ω、47kΩ
 ・MM入力 : 47kΩ固定
入力キャパシタンス
 ・MC入力 : 68pF固定
 ・MM入力 : 68pF、120pF、180pF、220pF、300pF、400pF
入力 : XLR*2系統
  ※MM、MC用のフォノイコライザーモジュールを発注時に選択
出力 : RCA*1系統、XLR*1系統
増幅度
 ・MC時 : 57dB、60dB、63dB、66dB、69dB、72dB
 ・MM時 : 37dB、40dB、43dB、46dB、49dB、52dB
サイズ : W482mm*H95mm*D345mm
重量 : 10kg

オプション : A/Dコンバーターモジュール/定価390,000円(税別)



新しいコンセプトを持つフォノイコライザー、
アメリカ・PS Audioの『NuWave Phono Converter(NPC)』もご用意します。


※PS Audio NuWave Phono Converter(NPC) A/Dコンバーター内蔵フォノイコライザー NEW

MM/MC対応のフォノイコライザーに、DSD変換が可能なA/Dコンバーターを内蔵させました。
レコードをハイレゾデータに変換したい方にもおすすめです。


PS Audio NuWave Phono Converter(NPC) A/Dコンバーター内蔵フォノイコライザー
定価220,000円(税別)

入力 : フォノ入力(RCA)*1系統、RCA*1系統
出力 : XLR*1系統、RCA*1系統
デジタル出力 : USB*1系統、同軸*1系統
サイズ : W210mm*H61mm*D360mm
重量 : 6.4kg

NPCはデモ機のコンディションの問題で、ご用意が出来ませんでした。申し訳ございません


さらに、皆さんからご要望の多かった、
Aurorasound(オーロラサウンド)の『VIDA(Vinyl Disk Amplifier)』もご用意します。


※Aurorasound VIDA 電源別筐体フォノイコライザー

真空管時代には存在していた、L(コイル)によりRIAAカーブ補正を行う、
LCR型フォノイコライザーを、半導体技術を使用して、コンパクトなサイズで実現した事で、
アナログファンに高い評価を得ている製品です。
小規模なメーカーでありながら、その情熱でプロ器の世界では有名な、
スウェーデンのルンダール社に、専用のフィルターコイルを開発してもらった事でも有名です。
コイルが電源トランスのリケージに影響を受けやすい事を考慮し、
電源部を別筐体にしています。

MM/MC切替、MCインピーダンス切替、サブソニックフィルターのON/OFF、
ステレオ/モノラル切替、カートリッジ消磁機能と、豊富な機能も搭載されています。


Aurorasound VIDA 電源別筐体フォノイコライザー
定価328,000円(税別)

入力 : RCA*2系統・MM/MC独立
入力ゲイン・インピーダンス
 ・MC用 : ゲイン64dB・インピーダンスHight /10~100Ω、Low/0.6~10Ω
 ・MM用 : ゲイン39dB・インピーダンス47kΩ
出力 : RCA*1系統
サイズ
 ・本体 : W260mm*H100mm*D250mm
 ・電源 : W114mm*H70mm*D200mm
重量
 ・本体 : 約3kg
 ・電源 : 約1.4kg

豊富なオプション設定があり、カスタマイズも可能です。
入力に関しては端子をXLRにしたり、MC入力を2系統に変更する事も可能です。
MC入力のインピーダンスを6段階切替にするなど、回路の機能変更も対応しています。
また、左右独立のモノラル仕様にする事も可能です。
詳しくは、店頭でおたずね下さい。



『アナログ祭』は、1月1日から5日まで開催します。
詳細は、『アナログ祭』特設ページでご確認ください↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/aud.html




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。