最新の更新

明日は、日本音響エンジニアリング『AGS(Acoustic Grove System)』の体験試聴会を開催します。ひとまず設置完了です。

明日は、日本音響エンジニアリングのルームチューニング機構、 『Acoustic Grove System(AGS)』の体験試聴会を開催します。 本日、担当さんが色々と運び込んでくださいました。 普段、店頭でデモをしている『SYLVAN』に比べ、『ANKH』は重量もあり、か...

2016年12月4日日曜日

【期間限定デモ】AccuphaseのAB級パワーアンプのトップモデル、モノラルパワーアンプ『M-6200』を期間限定でご用意しました

AccuphaseのAB級パワーアンプのトップモデル、
モノラルパワーアンプの『M-6200』を、期間限定でご用意しました。


※Accuphase M-6200 AB級モノラルパワーアンプ

Accuphaseの40周年記念モデルである、
純A級モノラルパワーアンプ『A-200』と対をなす製品です。

アルミダイキャスト・ケース入りの大型トロイダル・トランスと、
大容量フィルター・コンデンサー(48,000μF*2個)による、強力な電源部。
ディスクリート構成の低雑音インスツルメンテーション・アンプ方式によるバランス伝送。
プロテクション回路の『MOS-FETスイッチ』等、
『A-200』の開発から生まれた回路、パーツが多く採用されています。

また、最上位モデルらしく、プリント基板には、
低誘電率・低損失が魅力の『ガラス布フッ素樹脂基材』を採用しています。


純A級アンプの密度感を重視した音とは別の、
AB級アンプらしい低域のキレと、空間の広がりが魅力のパワーアンプです。


『M-6200』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2015/02/accuphaseabm-6000m-62004.html


Accuphase M-6200 AB級モノラルパワーアンプ
定価900,000円(1台/税別) モノラルアンプですので、ステレオ使用時は2台必要となります。
 
定格出力 : 150w(8Ω)、300w(4Ω)、600w(2Ω)、1,200w(1Ω)※1
BTL接続時(M-6200が片ch辺り2台必要) : 600w(8Ω)、1,200w(4Ω)、2,400w(2Ω)※1
※1の負荷は、音楽信号に限る
ゲイン : 28dB(GAINスイッチ:MAX時)
ゲイン切替 : MAX(28dB)、-3dB、-6dB、-12dB
ダンピングファクター : 1,000
S/N : 127dB(GAINスイッチ:MAX時)、133dB(GAINスイッチ:-12dB時)
サイズ : W465mm*H220mm*D499mm
重量 : 40.2kg(1台)
 
 
 
 
▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。