最新の更新

明日6月24日(土)は、話題の新ブランド・CS Portの試聴会です。只今準備中。

日本発・真空管アンプのトップエンド・ブランド『CS Port』の試聴会を、 明日6月24日(土)に開催させて頂きます。 只今、準備中。 ※CS Portのセッティング中 今回は、CS Portのファーストプロダクツ3モデルをご用意。 ※CS Po...

2016年12月21日水曜日

2017年・お正月の『アナログ祭』に参加する、レコードプレーヤーとトーンアームのご紹介です。

オーディオスクェア藤沢店恒例の『アナログ祭』に参加する、
レコードプレーヤーと、トーンアームをご紹介します。


今回のメインプレーヤーは、
ドイツ・Acoustic Solid(アコースティック・ソリッド)の『Solid 111 Metal』。


※Acoustic Solid Solid 111 Metal アームレスレコードプレーヤー NEW

ターンテーブル、トーンアームを取り付けるベース部に至るまでのすべてが、
アルミ無垢材削り出しと、まさに『Solid Metal』の名にふさわしい製品です。
ターンテーブルは30mm厚、ベース部も20mm厚のアルミ製です。

最大の魅力は、定価370,000円(税別)という、
アームレス機としてはエントリーの価格ながら、ロングアームに対応している点。
さらにオプションベースを取り付ける事で、最大3本のアームを取り付け可能です。

今回は、この『Solid 111 Metal』をダブルアーム化。
ortofonのダイナミックバランス型12インチアーム『RS-309D』と、


※ortofon RS-309D ダイナミックバランス型12インチトーンアーム(手前)

ViV Laboratoryのオイルフロートアーム『Rigid Float 9/Ha』を搭載します。


※ViV Laboratory Rigid Float/Ha オイルフロート・完全ストレートアーム


そしてもう1台。
お店で常設しているレコードプレーヤー、LUXMAN『PD-171A』。


※LUXMAN PD-171A トーンアーム付きレコードプレーヤー

『PD-171A』はご存知の通り、アームレスモデル『PD-171AL』に、
9インチのスタティックバランス型トーンアームを搭載させたモデルです。

アームベースを交換する事で、簡単にアーム交換ができる事が魅力です。

そこで今回は、話題のGLANZのエントリートーンアーム『MH-9B』をご用意。
上位モデルと同様に、アームパイプにステンレス材を使用しています。


※GLANZ MH-9B スタティックバランス型トーンアーム

実際にトーンアームを交換して、アームの違いを楽しみたいと考えています。


次回は、ご用意するフォノイコライザーをご紹介します。


『アナログ祭』に関しては、こちらの特設ページをご確認ください↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/aud.html




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。