最新の更新

【展示機導入】『ワンボディ・セパレートアンプ』をコンセプトに持つ、LUXMANの新しいフラグシップ・プリメインアンプ『L-509X』の展示を開始しました。

お待たせしました。 LUXMANのフラグシップ・プリメインアンプ『L509X』の展示を開始します。 ※LUXMAN L-509X AB級パワーアンプ搭載プリメインアンプ NEW 『ワンボディ・セパレートアンプ』をコンセプトに、新たに開発されたフラグシップモデルで...

2016年12月19日月曜日

DH Labsの、純銀導体を採用した最上位RCAケーブル『REVELATION RCA』のデモ機をご用意しました。

DH Labsは、1992年に設立された、アメリカのオーディオケーブルメーカーです。
レコーディングスタジオ向けの製品で高い評価を得た後、
オーディオメーカー用の内部配線、民生用高級ケーブルとフィールドを広げてきました。


※DH Labs REVELATION RCA 純銀導体採用RCAケーブル

『REVELATION RCA』は、DH Labsのこだわりが詰まった最上位モデルです。

導体には6本の23AWGの純銀を採用。
1本づつ絶縁された導体を、+、-にそれぞれ3本づつ使用しています。
日本国内では『DH Labs』という社名で展開していますが、
他国では『Silver Sonic』というブランド名で展開しています。
ブランドの通り、導体に純銀、銀コートOFC、無鉛銀ハンダ等、
『銀』にこだわった製品を多くラインナップしています。

絶縁体には、『Air Matrix誘導体』と同社が呼ぶ、発砲テフロンを使用しています。
Air Matrix誘導体は、空気を60%含んでおり、
空気絶縁にかなり近い能力を有しているとの事です。

端子もオリジナル。
RCA端子には、伝導率が90%以上という『テルル銅』を使用しています。
通常使われる、青銅、黄銅は、伝導率が20~30%前後ですから、その優秀性がわかります。
また、内部の絶縁体にもケーブル同様『Air Matrix』を採用しています。
ちなみにXLR端子に関しては、外側は汎用品を流用していますが、
ピン等の接点部はOFC削り出しにダイレクト金メッキを行ったものを使用しています。


導体量が十分にあるからでしょうか、多くの方が、
銀を使用したケーブルでイメージするサウンドとは、かなり違うと感じていただけると思います。

低域の量感、エネルギー感もしっかりしており、安定したピラミッドバランスのサウンドです。
空間表現に優れており、音の前後感もしっかりと感じられます。
特に、奥行き感の表現は特筆すべきものがあります。

基本的に音色のキャラクターで押すというよりは、
黒子に徹するタイプで、ディテール描写等クオリティを上げたい方向けの製品です。


DH Labs REVEATION RCA/1.0m
定価84,000円(税別)

長さ : 1.0m
導体 : 純銀単線 23AWG*6本
絶縁体 : 発砲テフロン『Air Matrix誘導体』
端子 : オリジナル・テルル銅製RCAコネクター

同価格でXLRケーブルもございます。
こちらはシースのカラーが、ブルーからレッドになります。




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。