最新の更新

【展示品処分】LINNのレコードプレーヤー『Majik LP12』の展示品処分を行います。

LINNのレコードプレーヤーのベーシックモデル、 『Majik LP12』の展示品処分を行います。 ※LINN Majik LP12 ベルトドライブ式レコードプレーヤー 『LP12』は、LINNの歴史そのものとも言える製品。 基本となる『Sondek LP1...

2018年7月19日木曜日

【展示品処分】marantz『Music Link Series』の、USB-DAC搭載プリメインアンプ『HD-AMP1』と、CDプレーヤー『HD-CD1』の展示品処分を行います。

『コンパクトで上質なデザイン』と、
『フルサイズに負けない本格的なHi-Fiサウンド』の融合をコンセプトにした、
幅約30cmのmarantz『Music Link Series』の、
プリメインアンプ『HD-AMP1』と、CDプレーヤー『HD-CD1』の展示品処分を行います。


『HD-AMP1』は、DSD系・最大11.2MHzに対応したUSB-DAC機能を搭載しています。
搭載されるD/Aコンバーターのチップには、
marantzブランドとして初めてESS社製(ES9010K2M)が採用されました。
デジタルフィルターに関してはDACチップに内蔵されたものを使用せず、
オリジナルのアルゴリズムで動作する『Marantz Musical Digital Filter』を採用しています。


※marantz HD-AMP1 USB-DAC機能搭載プリメインアンプ

パワーアンプには、Hypex社のスイッチングアンプモジュール、
『Universai Class D(UcD)』が搭載されました。
『HD-AMP1』はmarantzブランドで、初めてHypex社のモジュールを搭載した製品です。
最新モデルの『PM-10』、『PM-12』には、より大出力を取り出せる、
同じくHypex社の上位モジュールが搭載されています。


※HD-AMP1に搭載されるHypex社のUniversai Class D(UcD)モジュール

Hypex社のモジュールは、A/D変換を行わずにスイッチング信号を作り出す仕様の為、
『HD-AMP1』には充実したアナログ・プリアンプが搭載されています。
プリアンプ回路は、独自のモジュール『HDAM-SA2』を採用した、
フルディスクリート構成となっており、パワーアンプ部との信号の受け渡しの為に
最終段にてバランス信号に変換されています。

デジタル領域で音量調整をしない為、
DSD信号をPCM信号に変換する事なく、忠実に再現する事が可能になっています。

また『HDAM』を使用する事で回路全体をコンパクト化、
信号経路の左右チャンネルの等長、平行配置を可能としました。


D/Aコンバーターとプリアンプのアナログオーディオ回路には、
オーディオグレードのフィルムコンデンサーを使用。
パワーアンプモジュールのデカップリングコンデンサーには、
ニチコン『MUSE Sereis』を採用するなど、コンパクトな製品ですが、
音質に関わるパーツには上位モデルに相当するパーツが使用されています。
これらの考えは信号の入力部、スピーカー端子にも徹底されています。


※HD-AMP1のRCA端子とスピーカーターミナル

RCA端子は上位モデルにも採用された真鍮削り出し製。
スピーカー端子は、Yラグ、バナナプラグ対応のオリジナル端子『SPTK-1』を採用しました。
コンパクトな製品ですが、『フルサイズに負けない本格的なHi-Fiサウンド』を目指し、
『価格を超える充実した内容を持つ製品』として設計されている事がうかがえます。


※HD-AMP1 背面

内部は2階建て。上段にアナログ回路、下段にデジタル回路が配されており、
正面左側(セレクターの背面)1/3程のスペースに、パワーアンプ部が配されています。
アナログ入力(RCA端子)は2系統。
デジタル入力はUSB-B端子も含め4系統と充実しています。

コンパクトなサイズを活かしたディスクトップ・オーディオから、
リビングでの本格的なシステムまで、幅広く対応できる製品です。



『HD-CD1』は『HD-AMP1と同サイズのCDプレーヤー。


※marantz HD-CD1 CDプレーヤー

D/Aコンバーターには、marantzが長年使用する、
シーラスロジック社の『CS4398』を採用しています。
アナログ出力には、SACDプレーヤー『SA8005』と同様の、
HDAM、HDAM-SA2による「フルディスクリート回路を採用しています。


※HD-CD1のD/Aコンバーターとアナログ出力段

また『HD-AMP1』のD/Aコンバーター部を活かすように、デジタル出力も装備されています。


※marantz HD-CD1 背面

豊かで広がりのあるサウンドを狙うならアナログ出力。
クリアーで情報量が多く、音の前後感など空間内での音像定位を重視するなら、
デジタル出路で『HD-AMP1』と接続すると良いでしょう。
その際は、同軸ケーブルによる接続をよりお勧めします。


『HD-AMP1』と『HD-CD1』は発売開始当時の、
maranztの同価格帯フルサイズモデル『PM8005』と『SA8005』に肉薄する、
または一部に関しては、より先進的な設計がされたシリーズと言えます。



marantz
HD-AMP1 USB-DAC機能搭載プリメインアンプ
定価140,000円(税別) → 展示品処分価格82,500円 74,800円(税込)

定格出力 : 35w+35w(8Ω)
最大出力 : 70w+70w(4Ω)
アナログ入力
 ・RCA端子*2系統
アナログ出力
 ・サブウーハー用プリアウト(RCA/モノラル)*1系統
 ・ヘッドフォン端子(φ6.3mm)*1系統
デジタル入力端子
 ・USB-B端子*1系統 : PCM系・最大384kHz/24bit、DSD系・最大11.2MHz
 ・同軸、光*各1系統 : PCM・最大192kHz/24bit対応
 ・USB-A端子*1系統 : PCM系・最大192kHz/24bit、DSD系・最大5.6MHz
サイズ : W304mm*H107mm*D352mm(スピーカー端子等突起物含む)
重量 : 5.8kg


HD-CD1 CDプレーヤー
定価60,000円(税別) → 展示品処分価格34,800円(税込)

再生対応ディスク : CD、CD-R/RW、データCD(MP3/WMA/AAC)
出力端子
 ・アナログ出力 : RCA端子*1系統
 ・ヘッドフォン出力 :ステレオジャック(φ6.3mm)*1系統
デジタル出力端子 : 同軸、光*各1系統
サイズ : W304mm*H109mm*D312mm(突起物等含む)
重量 : 5.7kg


『HD-AMP1』『HD-CD1』の展示品は完売しました。


お電話でもご注文承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。