最新の更新

今週末の試聴会は、スウェーデン・PRIMAREの新製品『I35』と『CD35』が登場します。

今週末、10月20日(土)の試聴会は、スウェーデン・PRIMAREの新製品、 プリメインアンプ『I35』と、CDプレーヤー『CD35』が登場します。 試聴会に先駆け、本日デモ機が入荷しました。 ※PRIMARE CD35 CDプレーヤー NEW (上段) ...

2018年7月5日木曜日

【期間限定デモ】PS Audioのエントリーシリーズ『Stellarシリーズ』の、USB-DAC機能搭載プリアンプ『Gain Cell DAC』と、モノラル・パワーアンプ『M700』を、期間限定でご用意させて頂きました。

アメリカ・PS Audioの、セパレートアンプのエントリーシリーズ『Stellar Series』の、
USB-DAC機能搭載プリアンプ『Gain Cell DAC』と、
350w(8Ω)の高出力が魅力のモノラル・パワーアンプ『M700』を、
期間限定でご用意しています。


※PS Audio Gain Cell DAC USB-DAC機能搭載プリアンプ(上段)
M700 モノラル・パワーアンプ(中、下段)

『Gain Cell DAC』は、好評だったUSB-DAC『NuWave DSD』の後継モデルでもあります。
搭載されるUSB-DACは、PCM系・最大384kHz、DSD系・最大5.6MHz(DoP)に対応。
USB-B端子の他に、同軸*2系統、光*1系統のデジタル入力と、
同社のSACDトランスポート等とI²S伝送を行えるHDMI端子も装備されています。
入力された信号はPS Audio独自の『Digital Lens』で処理され、D/A変換されます。
多くのメーカーがジッター除去の為にサンプリングレートコンバーターを使用しますが、
『Digital Lens』は独自のアルゴリズムで動くFPGAとメモリーを使用し、
演算処理を行う事で、ジッターやノイズ等を低減します。


※PS Audio Gain Cell DAC 背面

アナログ入力も、RCA端子*3系統、XLR端子*1系統の合計4系統と、
プリアンプとして十分な入力端子を装備しています。
プリアウトはRCA端子、XLR端子共に1系統づつ装備され、
他社のパワーアンプとの接続にも十分に対応可能です。

モデル名の『Gain Cell』は、このモデルに搭載される、
Gain可変型のボリュームコントロール『Gain Cell Technology』に由来します。


※Gain Cell DACに搭載される『Gain Cell Technology』のユニット

音量調整に可変抵抗を使用しない為、キャラクターの変化が少ないというメリットがあります。
また回路のゲインをコントロールする為、ボリューム回路を別途置く必要がなく、
回路の引き回しがシンプルになる、というメリットも持っています。

左右バランス、位相切替、3種のデジタルフィルターの切替等も、
セットアップモードを呼び出すことで対応可能。
さらに、プリ出力を固定出力して一般的なD/Aコンバーターとして使用する事も可能です。


『Gain Cell DAC』とペアになるパワーアンプは、
ステレオ仕様の『S300』とモノラル仕様の『M700』の、2のモデルが用意されています。

筐体サイズは『Gain Cell DAC』と同一。
ともに高音質パワーアンプ・モジュールとして有名な『ICE Power』を搭載しています。
この為、増幅方法としては『Dクラス』ですが、A/D変換を行わない方式となっています。
『M700』は350w(8Ω)、700w(4Ω)とハイパワー。
まずドライブできないスピーカーは無いほどの出力を持っています。
ステレオ仕様の『S300』でも、70w+70w(8Ω)、150w+150w(4Ω)ですから、
一般的なスピーカーを鳴らすのには、十分な出力です。


※PS Audio M700 背面

入力はRCA端子とXLR端子が各1系統。
スピーカー端子は、バイワイヤリング接続の為に2系統装備されています。


上位モデルの高級機『BHK Series』にも通じる中域の密度感が魅力。
緊張感を伴わない、ゆったりとしたサウンドが基本ですが、
モノラル仕様の『M700』は、そこに立ち上がりの良いクリアーさが加わります。

大型ウーハーもしっかりとドライブしますし、
現代的な小口径ウーハーを搭載したトールボーイ型では、
立ち上がりの良いダンピングの効いた低域再生を行います。
また、モノラルらしい空間の広がりも魅力です。


プリアンプ『Gain Cell DAC』と、モノラル・パワーアンプ『M700』の、
合計3台のセットで定価540,000円(税別)と、
価格的には国産高級プリメインアンプとほとんど変わらない価格で、
セパレートアンプを手に入れられる魅力的なシリーズです。
※『Gain Cell DAC』とステレオ・パワーアンプ『S300』の組合せで、定価355,000円(税別)となります。


 
7月14日(土)までお聴き頂けます。



PS Audio
Gain Cell DAC USB-DAC機能搭載プリアンプ
定価170,000円(税別)

デジタル入力
 ・USB-B端子*1系統 : PCM系・最大384kHz、DSD・系最大5.6MHz(DoP)
 ・同軸*2系統 : PCM系・最大192kHz
 ・光*1系統 : PCM系・最大96kHz
 ・I²S(HDMI端子)*1系統 : PCM系・最大384kHz、DSD系・最大5.6MHz
※PS Audio DMPとの接続時にDSD Native伝送に対応
アナログ入力 : RCA端子*3系統、XLR端子*1系統
アナログ出力 : RCA端子、XLR端子*各1系統
周波数特性 : 20Hz~20kHz(+0dB/-0.25dB)、10Hz~100kHz(+0.1dB/-3.0dB)
ヘッドフォンアンプ機能
 ・出力端子 : 6.3mm標準ステレオプラグ
 ・出力 : 300mW(300Ω)、3.25W(16Ω)
サイズ : W438mm*H76mm*D310mm
重量 : 6.2kg
 
 
M700 モノラル・パワーアンプ
定価185,000円(1台/税別)、370,000円(2台/税別)
 
出力 : 350w/ch/8Ω、700w/ch/4Ω
入力端子 : RCA端子、XLR端子*各1系統
周波数特性 : 10Hz~20kHz(±0.5dB)、10Hz~50kHz(+0.1dB/-3.0dB)
ダンピングファクター : 1,100(8Ω)、550(4Ω) / 50Hz、2.8VRMS
サイズ : W438mm*H76mm*D310mm
重量 : 6.2kg
 
 


▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。