最新の更新

今週末8月19日(土)は、日本音響エンジニアリングのルームチューニング用アクセサリー『AGS』の体験試聴会です。

日本音響エンジニアリングのルームチューニング機構、 『Acoustic Grove System(AGS)』の効果を体験頂ける試聴会を、 今週末8月19日(土)に開催します。 『AGS』は、部屋の中に『森の音場』を再現するシステム。 太さの異なる木々が並ぶ森林の...

2016年7月2日土曜日

注目のエントリークラス・スピーカー、FOSTEXの『GX100Basic』の展示を開始しました。

お待たせしました。
FOSTEXの小型ブックシェルフ型スピーカー『GX100Basic』の展示を開始しました。


※FOSTEX GX100Basic 小型ブックシェルフ型スピーカー NEW

先行試聴ブログはこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/06/7fostexgx100basic.html


表からの見た目ではわかりませんが、実はウーハーが新設計になっています。
ボイスコイルと、振動板の接続部分の形状を見直すことで、
クロスオーバー付近のつながりが大幅に改善されており、
ボーカル再生では、その恩恵が特に受けられます。

また、背面のバスレフポートの形状を見直すことで、
『GX100MA』に対し、より豊かな低域を引き出すことに成功したそうです。


※GX100Basicのバスレフ形状

ほんの少し、斜めにカットされた開口部。
これだけでも、低域再生に変化があるのだそうです。

実際に10cmウーハーというサイズを忘れさせてくれる、
豊かで、解像度感のある低域は、限られたスペースで音楽を楽しみたい方におススメです。


ツィーターの前面グリルも変更されました。


※GX100Basic ツィーターグリル

『GX100MA』や、『G1001MG』では、
このグリルを外した状態がベストになるようチューニングしていたそうですが、
『GX100Basic 』では、グリルが付いた状態でチューニングしています。
かなり力を入れれも潰れない強度を持っていますから、
お子さんにツィーターを潰される・・・というリスクは、だいぶ少なくなると思われます。


FOSTEX GX100Basic ブックシェルフ型スピーカー NEW
定価110,000円(ペア/税別)

形式 : 2Wayバスレフ型
使用ユニット
 ・ツィーター : 20mm純マグネシウムリジッドドーム型
 ・ウーハー : 10cmアルミニウム合金HR形状振動板
周波数特性 : 55~45kHz(-10dB)
クロスオーバー : 1.8kHz
能率 : 82dB/w/m(83.5dB/2.83V/m)
インピーダンス : 6Ω (最小値・4.27Ω/210Hz)
サイズ : W161mm*H262mm*D231.5mm(グリル含む)
重量 : 5.7kg(グリル含む)


7月26日(火)、28日(木)に、『GX100Basic 』を使用した試聴会、
『ヨルのスクェア』第6弾・『アナログ再生・はじめの一歩』を開催します。

詳細は、下のバナーをクリック↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/06/76.html




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。