最新の更新

【期間限定デモ】TANNOYのPRESTIGEシリーズを代表する大型モデル『Canterbury/GR』を、期間限定でご用意しています。

TANNOYを代表する美しい調度品を思わせるスピーカー『PRESTIGE Series』。 その中でも、『憧れの』と言う言葉にぴったりとはまるのは、 やはり伝統と言えるアルニコマグネットを採用した15インチの同軸ユニット、 『デュアルコンセントリック・ドライバー』を搭載した...

2016年7月4日月曜日

本日の配送。Technics・第2弾。50周年記念モデルのレコードプレーヤー『SL-1200GAE』のお届けです。

前回の配送の後、引き続きもう1件、
同じく藤沢市内のY様宅まで、Technicsの『SL-1200GAE』の配送を行いました。


※Y様宅のシステム

Y様は、アナログレコード復活組の方です。
使いやすい高性能モデルをお考えのところに、『SL-1200GAE』が発表されました。

『SL-1200GAE』は、1975年に、クオーツロックシステムを採用し、回転精度を高め、
ダイレクトドライブ方式の一つの完成系として高い評価を得た『SP-10MK2』を、
現代の技術で甦らせたと言える内容を持つ製品です。

Technicsブランドのアイコンとして、最終的にはSL-1200系のデザインを採用しましたが、
最初期のプロトタイプのデザインからも、『SP-10MK2』を意識している事がうかがえます。
ダイレクトドライブ式のレコードプレーヤーが、日本で全盛期であったころには不可能だった、
より高精度な回転コントロールと、高性能モーターが『SL-1200GAE』の魅力です。

更に、当時の高感度を売りにした高性能トーンアームもびっくりの、
マグネシウム製アームパイプを採用した高感度アームを搭載しながらも、
コンパクトなサイズに収められている点も、『SL-1200GAE』の高い評価につながっています。



使用するカートリッジは、Phasemationの『PP-300』を選んで頂きました。


※Technics SL-1200GAE & Phasemation PP-300

『PP-300』は、先月開催した、
『ヨルのスクェア』第4弾・アナログ編で、ご試聴して頂き決定されました。

『ヨルのスクェア』第4弾・アナログ編の様子はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/06/420.html


また、フォノケーブル、電源ケーブルは付属品ではなく、
ortofonの『6NX-TSW1010R』と、AcousticReviveの『AC-2.0 TripleC』に変更しています。


設置後、ネットワークプレーヤーでハイレゾ音源も楽しまれているY様と、
ハイレゾと、レコードの聞き比べもさせて頂きました。
クリアーで緻密なハイレゾ音源の魅力とは違う、
密度が高く、エネルギーを感じるアナログレコードの魅力を、
『SL-1200GAE』と『PP-300』の組み合わせが引き出してくれていました。


直前の『SL-1200GAE』の配送ブログはこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/07/technics50sl-1200gae.html


限定モデル『SL-1200GAE』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/03/technics50sl-1200gae.html

レギュラーモデル『SL-1200GAE』のご予約受付を開始しました↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/04/technicssl-1200g.html




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。