最新の更新

明日18日から22日まで、【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。

18日(水)から22日(日)まで、 【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。 本日、イベントの為の準備を行いました。 ※イベントで使用するAccuphaseの製品たち 普段試聴会では、いろいろなパターンをメーカーさ...

2016年7月7日木曜日

本日の配送。今日はTAOCのオーディオラック『ASRⅡシリーズ』のお届けです。

今日は、鎌倉市の常連さん・K様宅まで、
TAOC(タオック)のオーディオラックのお届けです。

ラックのお届けとともに、機材の移動、再セッティングも、合わせて行わせて頂きました。


※K様宅システム

K様は今まで、自作の木製オーディオラックをご使用になれていました。
『工作が好き』というK様、自作レベルとしては、
かなり強固なラックを作られていましたが、ご使用の機器が大型化。
重量も、どんどんアップ。
SACDプレーヤーのAccuphase『DP`-900』&『DC-901』でさえ、
2台合わせると50kgオーバー(!!)と、大型パワーアンプも真っ青な重量となります。

今回は、より機器をスマートに収納するのとともに、
スピーカーの反対側にあったオーディオ機器を、スピーカーの奥へと移動。
その分スピーカーを前に出す事で、ラック等からの影響を抑える設置を行いました。


K様が選んだオーディオラックは、TAOCの『ASRⅡシリーズ』。
TAOC伝統の、金属製フレームに棚板をスパイクで設置する構造を採用しています。

『ASRⅡシリーズ』は、アルミ製のフレームと支柱を採用。
連結部には、鋳鉄製のスペーサーを挟むことで制振を高めています。
棚板は、鋳鉄入りのハニカムコアを高密度木質ボードで挟んだ、
TAOCのオーディオボードと同様の構造の、制振性の高いものが採用されるなど、
同社の技術の粋を集めた、高性能オーディオラックです。

支柱の高さもオーダー時に指定する事ができ、
ご使用のシステムのあわせ、最適な組み合わせを選べるのも魅力です。


今回は、機器の移動に伴い、スピーカーケーブルも変更。
長さが短くなった分、ケーブルのグレードアップも併せて行いました。


※ZONOTONE 6NSP-Granster7700α スピーカーケーブル


『いままで気になっていた、低域のふくらみが無くなった』と、
K様も、今回のレイアウト変更を喜ばれていました。




SGM

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。