最新の更新

明日18日から22日まで、【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。

18日(水)から22日(日)まで、 【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。 本日、イベントの為の準備を行いました。 ※イベントで使用するAccuphaseの製品たち 普段試聴会では、いろいろなパターンをメーカーさ...

2017年8月13日日曜日

【期間限定デモ】TANNOYの人気モデル『Turnberry/GR』を、期間限定でご用意しています。

多くの方が、TANNOYと言われて思い浮かべる、
家具の様なエンクロージャーをまとった『PRESTIGEシリーズ』。

その『PRESTIGEシリーズ』の中でも、サイズとその音質で人気の中心にいるのが、
10インチ(25cm)の同軸ユニット『デュアルコンセントリック・ユニット』を搭載した、
フロアー型スピーカーの『Turnberry/GR』です。


※TANNOY Turnberry/GR フロアー型スピーカー

今回、8月21日(月)までの期間限定で、この人気モデルの試聴機を準備いたしました。


『PRESTIGEシリーズ』は1982年に登場。
『Autograph』、『Arden』や『Berkeley』、『SRMシリーズ』の後継として登場しました。
1983年に、最小モデルで10インチ(25cm)ユニットを搭載した、
『Stirling』(当時はブックシェルフ)がラインナップに加わり、
以後、TANNOYの日本におけるセールスの中心となってきました。


今回ご用意した『Turnberryシリーズ』は、
1998年の『PRESTIGE/HEシリーズ』から、ラインナップに加わったモデルです。
ウーハー径は10インチと、『Stirling/HE』と同じでしたが、
ウーハーのボイスコイル径をアップ(42mm→52mm)し、
ツイーターの振動板の口径をアップ(25mm→33mm)した、新設計のユニットでした。

『Stirling/HE』に対し、一回り大きくなったエンクロージャーと組み合わせる事で、
よりスケール感のある低域を実現するとともに、
ユニットのグレードアップにより、中域により厚みと実在感が加わったサウンドで、
登場とともに、『PRESTIGEシリーズ』の人気の中心となりました。


『GRシリーズ』では、伝統的なエンクロージャーデザインを踏襲しながらも、
より高い再生能力を目指し、多くの改良が行われました。


※TANNOY Turnberry/GR フロントグリルを外した状態

まずは、クロスオーバーネットワークの位置を変更。
伝統的にフロントバッフルの真ん中あたり、ユニットの真下にあったネットワークを、
振動対策も兼ね、エンクロージャーの下部へ移動しています。
外見上は、高域用アッテネーターがエンクロージャー下部に移動している事で確認できます。

この移動は、ユニットからのリーケージフラックスの対策にもなっています。
さらに、このネットワークには、『KINGDAM Royal』等で採用された、
『DCT(ディープ・クライオジェニック処理)』による極低温処理が行われています。
内部配線には、オランダ・van den Hul社製の銀コート線を使用。
基板を用いず、個々のパーツを直接つなぐ『ハードワイヤリング仕様』を採用しています。

ユニットのフロントバッフルへの固定方法も、
従来の4ヶ所から10ヶ所に変更され、よりがっちりと固定されています。
サランネットの布も変更され、今まで以上音の通りが良くなっている点にも注目です。
その他、スピーカーターミナルの端子も変更。
Yラグ等で端末処理されたケーブルの接続も、より容易になりました。


前作『Turnberry/SE』をベースとし、アルニコマグネットを採用したユニットを搭載した、
85周年記念モデル『Turnberry/85LE』にも通じる、透明感のある高域を手に入れています。
『PRESTIGEシリーズ』の伝統ともいえる、豊かな音に、
『Turnberryって、こんなに繊細だっただろうか』と思うほどの、細やかな音が重なります。


『ゆったりと音楽にひたりたい』とお考えの方には、ぜひお聴き頂きたい製品です。

また『PRESTIGEシリーズ』は、今でもほとんど公開されることのない、
スコットランド・コートブリッジのタンノイUK工場で、ハンドメイドで生産されています。
オイルフィニッシュのエンクロージャーは、時間がたつにつれより風格が増します。
この辺りも、機械を超えた、TANNOYの魅力と言えるでしょう。


TANNOY Turnberry/GR フロアー型スピーカー
定価900,000円(ペア/税別)

エンクロージャー形式 : バスレフ
ユニット
 ・デュアルコンセントリック(同軸)ドライバー
   ウーハー : 254mm(10インチ)ペーパーコーン/52mm(2インチ)ボイスコイル
   ツィーター : 33mm(1 1/3インチ)アルミマグネシウム合金振動板
クロス・オーバー : 1.3kHz
高域用アッテネーター : ±3dB(1.3kHz~44kHz)
能率 : 93dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 8Ω
周波数特性 : 34Hz~44kHz(-6dB)
サイズ : W456mm*H950mm*D336mm(サランネット含む) エンクロージャー容積100L
重量 : 30kg(1台)


TANNOYの『PRESTIGEシリーズ』と双璧をなす『Definitionシリーズ』の、
大型トールボーイ型スピーカー『Definition DC10Ti』のお買い得品もご用意しています。
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/08/outlettannoydefinition-dc10ti.html




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。