最新の更新

8月26日(土)は、YAMAHAのAVアンプを使用して、ホームシアターの魅力を再発見してみたいと思います。大画面&サラウンドシステムで、最新ゲーム『カーズ3』をご体験頂けます。

8月26日(土)は、YAMAHAのAVアンプを使用して、 大画面ホームシアターの魅力を再発見して頂くイベントを開催します。 当日は、お昼からの2部構成。 第1部は、ご家族皆さんで楽しんで頂く、 『映画だけじゃもったいない!!大画面&サラウンドシステムでゲームも...

2016年5月9日月曜日

【中古速報】 MAGNEPANのミドルサイズ・プレーナー型スピーカー『MG1.7』の中古が入荷しました。

アメリカのプレーナー型スピーカーの専業メーカー・MAGNEPAN(マグネパン)の、
ミドルサイズの3Wayスピーカー『MG1.7』の中古品が入荷しました。


※MAGNEPAN MG1.7 3Wayプレーナー型スピーカー

高さは1,660mmとかなりの高さです。


※MAGNEPAN MG1.7 側面

でも、横から見ると5cm程の厚み。
知らない人がみたら、衝立だと思うかもしれません。
まさに、『プレーナー=平面』の名のとおりです。

アメリカで『Hi-END』という、オーディオ再生の考え方が生まれたとき、
当時のスピーカーで最も問題視されたのが、エンクロージャーの鳴きから生まれる、
通称『箱鳴り』と呼ばれるノイズでした。

エンクロージャーがノイズの原因になるのであれば、
エンクロージャーが無いスピーカーを作れば良い、という考え方から、
箱を持たない『ダイポール型スピーカー』が数多く開発される事になりました。

日本に紹介された主なブランドの1つが、このMAGNEPANでした。

振動板は通称リボン型と呼ばれるものの一種、
『クワージリボン型ドライバー』と呼ばれる独自ユニットを、採用しています。
通常のリボン型と違い、振動板である『マイラーフィルム』の表面に、
ボイスコイルにあたるアルミニウム箔を導線として貼り付け、膜全体を直接駆動しています。


ダイポール型ということは、、背面は解放されていますから、
前面と同じ音が、背面からも放出されます。
本来はこの音同士が打ち消しあって、低域を消してしまうため、
ダイポール型は低域が出ないと言われてきましたが、
『MG1.7』は十分にスケール感と、エネルギー感を感じさせる低域再生を行います。


基本がリボン型であるからと思われますが、水平方向への音の広がりは格別。
体の真横辺りまで、ググッと音が広がります。
音像はスピーカーの奥に定位。
ふわっと浮き上がるようで明確な音像は結びませんが、
独特の浮遊感は、ダイポール型ファンの方にはたまらない表現でしょう。
ただ、立って聞いている時と、座って聞いている時の、
空間の奥行き感の表現にはおおきな差があるので、
店頭でちょっと聞いたことがあるだけだと、悪いイメージが残ってしまうかもしれません。


今回の中古品の仕上げは、シルバーのアルミトリムとなります。


MAGNEPAN MG1.7 プレーナー型スピーカー
定価460,000円(ペア/税別) → 中古販売価格250,000円(ペア/税込)

形式 : 3Wayダイポール型
搭載ユニット : クワージリボンドライバー
周波数特性 : 40Hz~24kHz
能率 : 86dB/500Hz/2.83V
インピーダンス : 4Ω
サイズ : W495mm*H1,660mm*D460mm(脚部含む最大寸法)
重量 : 19kg(1台)

元箱あり。付属品あり。


※MAGNEPAN MG1.7 付属品

付属品は、ツィーターのレベルを下げる抵抗(-1~-2dB、-2~-3dB用)2種類と、
Yラグを使用するときのアダプターとなります。

完売しました。




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。