最新の更新

明日18日から22日まで、【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。

18日(水)から22日(日)まで、 【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。 本日、イベントの為の準備を行いました。 ※イベントで使用するAccuphaseの製品たち 普段試聴会では、いろいろなパターンをメーカーさ...

2016年8月9日火曜日

『アナログ祭・2016夏』に、話題のREGAの最上位モデル『RP10』が登場します。

8月11日(木/祝日)から開始する、『アナログ祭・2016夏』に、
久々に日本に上陸した、イギリス・REGA(レガ)の最上位モデル『RP10』が登場します。


※REGA RP10 ベルトドライブ式レコードプレーヤー NEW

ダストカバーを使用したい方は、写真の様に枠を取り付けて使用しますが、
メーカーの推奨は、枠を取り外した『スケレタル状態』での使用です。


設置していると、何か不思議な感じのする筐体素材が気になります。
断面がザラザラしており、爪で引っ掻けばボロボロ取れそうな・・・。

実はこの素材が『RP10』の最大の特徴。
特殊ポリウレタンに高圧縮をかけてプレート状にしたものがベースとなります。
このプレートを固いフェノール板で挟み込む事で、
高剛性かつ制振性の高いベースを作っています。

また、アーム部と軸受け部を、
マグネシウム・アルミ合金のプレートで結ぶことで、さらに剛性を上げています。

電源部の振動から逃れる為、電源部は独立させています。


プラッターはセラミック製。


※REGA RP10 セラミック製プラッター

表面をダイヤモンド加工する事で、完全に平らな面としているそうです。
この上に、白いフェルトを置いて、レコードを設置します。


トーンアームは、もちろんダイナミックバランス型。
アルミダイキャスト製で、一体成型で作られています。
搭載されるアーム『RB2000』は、ベースとなった『RB808』を更に軽量化したもので、
表面の仕上げに関しても最低限とする事で、『RB808』対比で1グラム軽量化しています。

また、付属でMC型カートリッジ『Apheta 2』が搭載されています。
現在のところ、国内での販売はスタートしていませんが、
近い将来15万円程で導入される予定との事です。


『アナログ祭・2016年夏』は、8月11日から8月16日まで開催いたします。
『アナログ祭』に関しては、こちらの特設ページをご確認ください↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/aud.html


『RP10』の他に参加する、レコードプレーヤーのご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/07/20162.html

参加カートリッジのご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/08/2016.html



REGA RP10 with Apheta 2 ベルトドライブ式レコードプレーヤー NEW
定価630,000円(税別)

駆動方式 : ベルトドライブ
対応回転数 : 33・1/3、45回転
プラッター : セラミック製プラッター
搭載アーム : REGA RB2000 / ダイナミックバランス型
付属カートリッジ : Apheta 2
 ・MC型
 ・インピーダンス : 10Ω
 ・針圧 : 1.75~2.0g
電源別筐体




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。