最新の更新

明日12月15日(土)に、Monitor Audioの新製品『Silver Series』の試聴会を開催させていただきます。

今週末、12月15日(土)の試聴会は、 イギリス・Monitor Audioの新製品スピーカー『Silver Series』と、 Monitor Audioの輸入元であるナスペックが新規に取り扱いを開始する、 同じくイギリスのROKSANのCDプレーヤー&アンプをご...

2016年8月19日金曜日

ESOTERIC・SACD『名盤復刻シリーズ』の新譜が、9月10日(土)に発売されます。

ESOTERIC(エソテリック)のSACDソフト、
『名盤復刻シリーズ』の新譜が、9月10日(土)に発売になります。


まず1枚目は、カラヤン指揮・ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による、
リヒャルト・シュトラウスの交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』作品30です。


※ESOTERIC ESSD-90149 SACDハイブリッド・ディスク NEW

録音は1959年3月。
当時のカラヤンは、ベルリン・フィルの常任指揮者(1955年)、
ウィーン国立歌劇場の芸術監督(1956年)と、
文字通りヨーロッパ・クラシック音楽界の『皇帝』と目され、1つの頂点を迎えていた時代です。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との蜜月の関係の中、
ステレオ録音の導入に合わせ、カラヤンは積極的な録音を行っていました。

そしてこの演奏、実は多くの方が知らず知らずのうちに、耳にした事のある演奏でもあります。
※1968年公開の、スタンリー・キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』で使用

カップリングは、1960年6月録音の、
交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』作品28、
歌劇『サロメ』作品54より『7つのヴェールの踊り』、
交響詩『ドン・ファン』作品20となります。


もう1枚は、マウリツィオ・ポリーニによる、ベートーヴェンのピアノ・ソナタです。


※ESOTERIC ESSG-90150 SACDハイブリッド・ディスク NEW

1975年から1977年にかけて録音された、
ベートーヴェン後期ピアノ・ソナタ集からのカップリングです。

このピアノ・ソナタ集からは、2015年9月に『名盤復刻シリーズ』として、
28番と29番『ハンマークラヴィーア』(ESSG-90128)が発売されています。

昨年発売、ESSG-90128の内容はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2015/09/esotericsacd915.html

今回収録されているのは、
第30番ホ長調、第31番変イ長調(1975年6月)、第32番ハ短調(1977年1月)の、
ベートーヴェン・後期三大ソナタの3曲です。


定価はそれぞれ、3,143円(税別)。
SACDハイブリッド仕様です。
今回も、数量限定となっておりますのでご注意下さい。


本日より、ご予約承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。