最新の更新

本日12月8日(金)より発売開始。ESOTERICの『名盤復刻シリーズ』のSACD・2タイトルが入荷しました。

本日より発売開始の、ESOTERICのSACDソフト、 『名盤復刻シリーズ』の2タイトルが入荷しました。 ※ESOTERIC ESSD-90171(左) ESSG-09172(右) NEW 今回は、カラヤン指揮、ウィーン・フィル演奏の、 『チャイコフスキー:3...

2016年8月11日木曜日

【期間限定デモ】marantz久々の『SEモデル』、プリメインアンプの『PM-14S1SE』、SACDプレーヤーの『SA-14S1SE』がお盆休みの間お聴き頂けます。

この夏、各100台づつの数量限定で発売された、marantz(マランツ)の、
プリメインアンプ『PM-14S1SE』と、


※marantz PM-14S1SE プリメインアンプ 100台限定生産 NEW

SACDプレーヤー『SA-14S1SE』を、


※marantz SA-14S1SE SACDプレーヤー 100台限定生産 NEW

お盆休みの間の期間限定でご用意しました。


『PM-14S1SE』、『SA-14S1SE』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/06/marantzse.html


この2つのモデルは、長年、マランツの『音質』を決定してきた、
サウンドマネージャーの澤田氏が、自分専用のモデルを作るなら・・・という視点で、
『音』への影響が大きいけれど、価格面等の問題で、
ベースモデルでは採用を見送ったパーツ等を投入した、
サウンドマネージャーとして最後の限定仕様・『Special Edition』です。


フロントパネルの『Special Edition』のロゴと、
『11S3シリーズ』と同様の分厚い天板が、特別な製品であることをアピールしています。


※SA-14S1SEの天板


※SA-14S1(通常モデル)の天板

今なら、ベースモデルの『PM-14S1』、『SA-14S1』との聞き比べも可能です。

メーカー在庫は完売していますが、オーディオスクェアで若干数ご用意があります。

発売台数があまりにも少ないが故に、
販売員ですらほとんど聞いたことがないモデルを、お聴き頂けるチャンスです。


marantz
PM-14S1SE プリメインアンプ 100台限生産 NEW
定価290,000円(税別)

定格出力 : 90w+90w(8Ω)、140w+140w(4Ω)
入力
 ・フォノ(MM/MC)対応*1系統
 ・RCA端子*5系統
 ・パワーアンプダイレクト入力(RCA端子)*1系統
出力
 ・RECアウト*2系統
 ・プリアウト(RCA)*1系統
 ・ヘッドフォン端子(φ6.3mm)*1系統
サイズ : W440mm*H123mm*D457mm
重量 : 19.1kg


SA-14S1SE SACDプレーヤー 100台限定生産 NEW
定価290,000円(税別)

再生対応ディスク : SACD、CD
出力端子 : RCA1系統、ヘッドフォン端子1系統
デジタル出力端子 : 同軸1系統、光1系統
デジタル入力端子
 ・USB-B端子*1系統 : PCM系・最大192kHz/24bit、DSD系・最大5.6MHz
 ・同軸、光*各1系統 : PCM・最大192kHz/24bit対応
 ・USB-A端子*1系統
サイズ : W440mm*H123mm*D419mm
重量 : 15.3kg




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。