最新の更新

『ファミリータイム』の会場を回って、3つのスタンプを集めて景品をゲットしよう!7月2日(日)開催のイベント情報です。

7月2日(日)に湘南モールFILLで開催する、 Technics Presents・音楽が家族をつなげる『ファミリータイム』の、 会場3か所を回るスタンプラリーを実施します。参加無料。 『ファミリータイム』の会場のうち、 1F・グルメポート入口『サウンド・トレーラ...

2016年8月16日火曜日

ortofonの新しいSPU・『SPU#1E』と、『SPU Classic GE MK2』の聞き比べを行いました。

『アナログ祭・2016年夏』でも、ご参加いただいた方々から注目されていた、
ortofonn(オルトフォン)の新しいSPU・『SPU#1E』。


※ortofon SPU#1E MC型カートリッジ NEW

いままでのエントリーモデルであった、
『SPU Classic GE MK2』』もご用意して、聞き比べも行わせて頂きました。


※ortofon SPU Classic GE MK2 MC型カートリッジ

外見上はご覧のとおり、『#1』のロゴ以外に目でわかる差はありません。
今回は、GRANZ(グランツ)の12インチアーム『MH-124S』に取り付けて試聴開始です。


『SPU#1E』を聴いた後、『SPU Classic GE MK2』を聴くと、
どちらもSPUらしい豊かな低域が魅力である事がわかります。

ただし『SPU Classic GE MK2』の方が、全体的にタイトである事もわかります。
反対に『SPU#1E』は、より豊かさや響きを感じさせる方向です。
ウッドベースなどは、『SPU#1E』の方が量感を感じ、
『SPU Classic GE MK2』の方が、エネルギー感を感じるとともに、
弦を弾く様子がよりしっかりと感じられます。

ただし、その差はあくまでもSPUという枠の中でのものである事も事実です。

オリジナルの『SPU』に敬意をこめて、図太く、豊かな低域をより多くのユーザーへ届けたい、
というメーカーの狙いは、十分に達成できているのではないでしょうか。


『SPU#1E』と『SPU Classic GE MK2』の聞き比べは、8月17日まで実施しています。


ortofon SPU#1 シェル一体型MCカートリッジ

SPU#1S(丸針) : 定価58,000円(税別) NEW
SPU#1E(楕円針) : 定価69,000円(税別) NEW

出力電圧 : 0.18mV
周波数特性 : 20Hz~20kHz(±3dB)
スタイラスタイプ
 ・SPU#1S : 丸針 / 半径 R18μm
 ・SPU#1E : 楕円針 / r/R 8/18μm
カンチレバー素材 : アルミニウム
針圧範囲 : 3.0~5.0g / 適正針圧 4.0g
内部インピーダンス : 2Ω
推奨負荷インピーダンス : 10Ω以上
コイル素材 : OFC
カートリッジシェル素材 : 木粉および樹脂の複合素材
自重 : 30g


『SPU#1』は大変ご好評で、メーカー在庫は欠品中です。
次回入荷8月末以降。只今、ご予約受付中です。


オーディオスクェア藤沢店
TEL 0466-31-0603




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。