最新の更新

【期間限定デモ】TANNOYのPRESTIGEシリーズを代表する大型モデル『Canterbury/GR』を、期間限定でご用意しています。

TANNOYを代表する美しい調度品を思わせるスピーカー『PRESTIGE Series』。 その中でも、『憧れの』と言う言葉にぴったりとはまるのは、 やはり伝統と言えるアルニコマグネットを採用した15インチの同軸ユニット、 『デュアルコンセントリック・ドライバー』を搭載した...

2016年8月31日水曜日

【期間限定デモ】McIntoshのプリメインアンプ『MA7900』をご用意しました。JBL『S4700』と組み合わせてお聞きいただけます。

オーディオファン憧れの『ブルー・アイズ』。


※McIntosh MA7900 プリメインアンプ

McIntosh(マッキントッシュ)のプリメインアンプ『MA7900』を、
9月4日(日)までの期間限定でご用意しました。

期間中は、JBLの38cmウーハー搭載スピーカー『S4700』と組み合わます。


※McIntosh MA7900と、JBL S4700の組み合わせ

『MA7900』は、これぞマッキントッシュといえる、
漆黒のガラスパネル、ブルーのメーター、
そして『オートフォーマー』と呼ばれる出力トランスが搭載されています。

『オートフォーマー』のおかげで、2、4、8Ωのどのインピーダンスでも、
200w+200wの高出力を安定して取り出すことが可能となっています。

更にフロントパネル中央には、5バンド(※1)のイコライザーが搭載されています。
このイコライザー回路も、部屋の影響や、再生するソースに合わせ、
積極的にアプローチすべきと考えるマッキントッシュらしいアクセサリー回路といえます。
※1 30Hz、125Hz、500Hz、2kHz、10kHzの5バンド。±12dBで調整可能



※McIntosh MA7900 背面

『MA7900』には、新世代の製品らしくUSB-DAC機能も搭載されています。
USB入力は、PCM系・192kHz/32bitまでに対応する本格的なもの。
その他、同軸と光のデジタル入力も各1系統装備されています。

もちろん、レコード再生も忘れていません。
フォノ入力は、MM、MCに対応。入力端子は、それぞれ独立で装備されています。

デジタルファイル再生から、レコードまで、あらゆるソースの中核となるとともに、
贅沢なマッキントッシュ・サウンドをお楽しみいただける魅力的な製品です。



McIntosh MA7900 USB-DAC機能搭載プリメインアンプ
定価980,000円(税別)

定格出力 : 200w+200w(2、4、8Ω)
アナログ入力
 ・フォノ端子*2系統 : MM/MC独立入力
 ・RCA端子*6系統
 ・XLR端子*1系統
デジタル入力
 ・USB-B端子*1系統 : 32kHz~192kHz / 16bit、24bit、32bit
 ・同軸、光*各1系統 : 32kHz~96kHz / 16bit、24bit
出力
 ・可変(RCA)*2系統
 ・ヘッドフォン端子(φ6.3mm)*1系統 : 20~600Ω
トーンコントロール : 5バンド / 50Hz、125Hz、500Hz、2kHz、10kHz / ±12dB
サイズ : W445mm*H194mm*D476mm(脚部、突起部等含む)
重量 : 34.1kg
付属品 : リモコン




〇◦◎

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。