最新の更新

明日18日から22日まで、【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。

18日(水)から22日(日)まで、 【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。 本日、イベントの為の準備を行いました。 ※イベントで使用するAccuphaseの製品たち 普段試聴会では、いろいろなパターンをメーカーさ...

2016年10月15日土曜日

DENONの最上位プリメインアンプ、『PMA-SX1』の展示品処分を行います。11月6日・価格改定しました。

DENONの最上位プリメインアンプ『PMA-SX1』の展示品処分を行います。


※DENON PMA-SX1 プリメインアンプ

15mm厚の無垢アルミ板を削り出したフロントパネルが、このモデルのこだわりを感じさせます。


※PMA-SX1のボリューム部

15mmの厚さは、ボリューム周辺の仕上げからもうかがえます。
オレンジ色のイルミネーションはデザイナーのこだわり。
明るさは2段階で調整可能。もちろんOFFにすることも可能です。
またボリュームはリモコンでの調整にも対応しています。

出力回路はDENON独自の『Advanced UHC MOS-FET シングルプッシュプル回路』を採用。
入力からパワーアンプに至るまで、フルバランス構成となっています。


『PMA-SX1』の最大の魅力ともいえるのがフォノイコライザー回路。

MM、MC独立入力の、CR型回路を採用したフォノイコライザーが搭載されています。
MCカートリッジ用にはヘッドアンプを搭載。
また、背面スイッチで入力インピーダンスの切り替えを行う事が出来ます。
このフォノイコライザーは、『PMA-SX1』発売時に、
開発されてから50年(一般販売されて45年)を迎えた、
MCカートリッジ『DL-103』を記念して、その魅力を引き出せるようにと開発されたものです。
Highポジションは『DL-103』用。
Low(2~10Ω)は、ortofon等の為のポジションです。

このフォノイコライザーは、セレクターでフォノを選択していないときには電源をカットし、
他の回路への飛び込みノイズを抑えるように設計されています。


『PMA-SX1』の試聴ブログはこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/09/denonsacd-dcd-sx1-pma-sx1.html



DENON PMA-SX1 プリメインアンプ
定価580,000円(税別) → 展示品処分特価448,000円(税込) 価格改定398,000円(税込)
定格出力 : 50w+50w(8Ω)
最大出力 : 100w+100w(4Ω)
入力
 ・RCA*5系統
 ・XLR*1系統(2、3番切り替え可能)
 ・PHONO*2系統
  ・MM用*1系統
  ・MC用*1系統(入力インピーダンス100Ω(High)、50Ω(Low)切り替え可能)
 ・EXT-PRE入力*1系統
出力
 ・録音用出力 : RCA*1系統
 ・スピーカー出力*1系統
サイズ : W434mm*H181mm*D504mm
重量 : 30.4kg
その他 : リモコン対応


『PMA-SX1』の展示品は、Webからもご注文いただけます。
http://online.nojima.co.jp/commodity/2/PMASX1tenji/



▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。