最新の更新

【展示品処分】AccuphaseのAB級ステレオパワーアンプ『P-7300』の展示品処分を行います。展示期間約6カ月のお買い得品です。

AccuphaseのAB級ステレオパワーアンプの、 現行モデルで、最上位モデルでもある『P-7300』の展示品処分を行います。 ※Accuphase P-7300 AB級ステレオパワーアンプ 今年(2018年)の1月中旬に展示を始めたばかりですが、 予定より早...

2018年4月30日月曜日

【台数限定特価】Pioneerの高画質&高音質Blu-ray・ユニバーサルプレーヤー『BDP-LX88』がお買い得です!!

PioneerのBlu-rayプレーヤー『BDP-LX88』が大変お買い得です。


※Pioneer BDP-LX88 Blu-ray・ユニバーサルプレーヤー

国内メーカーの中で唯一、孤軍奮闘で高性能なBlu-rayプレーヤーを販売しているのがPionner。

OPPOがディスクプレーヤー事業から撤退を公表。
4K・Ultra HD Blu-rayプレーヤーの『UDP-205』の入手も正直難しくなっています。

その様な中、『Ultra HD Blu-rayに関しては未対応で良い』と言う方が、
今現在狙える、最も高性能なユニバーサルプレーヤーが『BDP-LX88』となります。


Blu-rayのソフトも充実してきましたし、
いまCDの初回限定を購入すると、おまけでBlu-rayによるライブ映像や、
Music Videoが付属してくると言う事も増えてきました。
またヨーロッパからは、CDを超えるハイレゾリューションの音楽ソフトとして、
『Blu-ray Audio』というパッケージメディアも登場しています。

でも、これらをオーディオファイルが楽しもうとすると、
高音質での再生方法がほとんど無いという現実に突き当たります。


再生専用のBDプレーヤーもいくつかあるのですが、ほとんどのモデルが数万円。
片手で持てるような製品ばかりです。
スペック的にはハイフォーマットに対応していますが、それらでBlu-ray Audioを再生しても、
中堅どころのCDプレーヤーでCDを聴いた方がより高音質と感じる事も・・・。
それではデジタル出力を使用して外部でD/A変換を行おうと考えても、
ステレオ用D/AコンバーターにはHDMI入力があるものはありません。
仮にBDプレーヤーに、同軸や光というデジタル出力があっても、
出力に制限が設けられているケースもあり、
192kHzといったハイサンプリングのままでの出力が行えないケースもあります。


といった悩みをお持ちの方に、
今提案できる最良の方法が、この『BDP-LX88』と言う事になります。



※Pioneer BDP-LX88 内部

筐体の設計は、Pioneerの2chオーディオ製品の最上位である『70Sereie』と同等。

内部は電源部、ドライブ&デジタル回路部、アナログ回路部に3分割されており、
それぞれの影響を抑えるように、各ブロックごとにシールドされています。
底面は1.6mm厚の鋼板シャーシと、3mm厚の鋼板レイヤードシャーシを組み合わせています。
このシャーシを支えるのが、亜鉛ダイキャスト製の重量級インシュレーターです。
さらに、共振を抑える独立したアルミサイドパネルなど、
高級なSACD/CDプレーヤーと同等と言える筐体設計が行われています。


搭載されるD/Aコンバーターは、ESS社の高性能DAC『ES9018S』。
このDACには8回路分のD/Aコンバーターが内蔵されており、
『BDP-LX88』では各chあたり4回路の並列処理を行っています。


※Pioneer BDP-LX88 ES9018Sを搭載したD/Aコンバーター回路

『ES9018S』はプレーヤーだと30万円以上のモデルに搭載される事が多い高級チップ。
この事からも『BDP-LX88』のポテンシャルの高さがうかがわれます。


アナログ出力の音声は、まさに正統派Hi-Fiサウンド。
開発時のライバルであったOPPOの前作『BDP-105』が、
中低域の密度感と、重心の低さで聴かせるのに対し、
低域は解像度感重視で、高域がすっきりと伸びた見通しの良いクリアーサウンドと、
AVアンプに接続するユーザーよりは、ステレオ機器に接続を前提としたバランスです。

アナログ音声出力はステレオ専用。RCA端子とXLR端子を各1系統装備しています。
マルチチャンネルはHDMIでAVアンプにと、割り切った設計です。


※BDP-LX88 背面
 
HDMI端子は2系統装備。
映像と音声を別々に出力する『セパレート・モード』、
2台のTVに同時に出力する『デュアル・モード』、
2系統の端子に機器を接続していても、音声のみを出力する『ピュアオーディオ・モード』、
といった、多彩な出力モードを備えています。
 
出力される映像も、4K/60P 4:4:4までアップコンバートするなど、
精密で質感表現に優れる、超高精細画像に変換する事が可能です。
 
これらの映像、音声をより一層正確に伝送する為、
機器間の基準レベル(GND)を揃える為の『ZERO SIGNAL』端子(※)も装備されています。
※Pioneer専用端子
 
 
Pioneer BDP-LX88 Blu-ray・ユニバーサルプレーヤー
定価278,000円(税別) → 台数限定特別価格148,000円(税込) 50%OFF
 
再生可能メディア : Blu-ray、DVD、SACD、CD、DSDディスク他
映像出力解像度 : 480/60P、720/60P、1080/60i、1080/60P、1080/24P、4K/24P、4K/60P
ネットワーク : DLNA1.5準拠(LAN端子)
出力端子
 ・HDMI*2系統
 ・USB-A端子*2系統(フロント、背面各1系統)
 ・同軸、光デジタル出力*各1系統
 ・アナログ2ch音声出力 : RCA端子、XLR端子*各1系統
対応音声ファイル
 ・MP3、WMA、AAC等
 ・WAV、FLAC、AIFF、ALAC : 最大192kHz/24bit
 ・DFF、DSF : 2.8MHz / 5.1ch対応
サイズ : W435mm*H131mm*D339mm
重量 : 14.2kg
 
 
台数限定の為、お早めにお声がけください。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603
 
 
 
 
▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。