最新の更新

本日12月8日(金)より発売開始。ESOTERICの『名盤復刻シリーズ』のSACD・2タイトルが入荷しました。

本日より発売開始の、ESOTERICのSACDソフト、 『名盤復刻シリーズ』の2タイトルが入荷しました。 ※ESOTERIC ESSD-90171(左) ESSG-09172(右) NEW 今回は、カラヤン指揮、ウィーン・フィル演奏の、 『チャイコフスキー:3...

2014年4月3日木曜日

【緊急告知】 4月12日(土)に、SONYの大人気ESシリーズ 『HAP-Z1ES』&『TA-A1ES』を中心とした試聴会を開催します。

告知が遅くなってすみません。

4月12日(土)に、SONYの人気ESシリーズ『HAP-Z1ES』と『TA-A1ES』を使用した、
ハイレゾ体験試聴会を開催いたします。


※SONY HAP-Z1ES & TA-A1ES


『HAP-Z1ES』は、PCM系の192kHz/24bitファイルのみならず、
最大5.6MHzのDSDファイルの再生にも対応した、最先端プレーヤー。

本体内に1TBのHDDを内蔵しており、再生したいファイルを保存しておけます。
その為再生時にNASへのアクセスをする事無く、安定したファイル再生が出来る点が魅力です。


やはり話題の中心は『HAP-Z1ES』ですが、実はアンプの『TA-A1ES』がなかなかすごい製品。

プリアンプのゲインをコントロールすることで、
実用域でのS/Nをかせぐ『オプティマム・ゲイン・コントロール』システムや、
実用域である10Wまで純A級動作をするシングルPPのパワーアンプを開発。
さらに、通常のアンプであれば、必ず搭載される発振止めのコイル、コンデンサーを無くし、
出力トランジスターとスピーカーが直結されるという、とんでもない製品なのです。


40代以上のオーディオファンにとっては、
懐かしの『It's a SONY』時代の様な、新しい価値を生み出すSONYが帰ってきた!
と思える、とんがった製品が多いのが、今のSONYです。

アンプ、プレーヤーのみならず、
実はスピーカーの世界的評価が高いのも、
皆さんに知っていただきたい、今のSONYの姿です。

アメリカのオーディオショウでは、
SONYのスピーカーを多くのアンプメーカーがデモンストレーションに使用しているのです。


と、話題のハイレゾ再生と共に、新しいSONYの魅力を味わってください。


試聴会のご予約はこちらから↓
https://docs.google.com/forms/d/1LJzn9AB7T7sYCr27w4eAxagMGuyMVLZ79eVn02UlFsw/viewform

開催日 : 4月12日(土)
開催時間 : 14:00~16:00(約2時間を予定しております)
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店 試聴室


お席のご予約はお電話でも承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603



▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。