最新の更新

本日12月8日(金)より発売開始。ESOTERICの『名盤復刻シリーズ』のSACD・2タイトルが入荷しました。

本日より発売開始の、ESOTERICのSACDソフト、 『名盤復刻シリーズ』の2タイトルが入荷しました。 ※ESOTERIC ESSD-90171(左) ESSG-09172(右) NEW 今回は、カラヤン指揮、ウィーン・フィル演奏の、 『チャイコフスキー:3...

2014年4月14日月曜日

SONY 『HAP-Z1ES』 のHDD再スキャン。文字化けとかしていたらやってみると効果的。

お店の『HAP-Z1ES』ですが、
いくつかのデータが文字化けしてしまっていました。


こんな感じです。

このファイルを再生しても、音が途切れる等の問題はないのですが、
これじゃなんだかわかりません。

もちろん、タブレットから見ても、この様に文字化けしています。

音楽データそのものは、大丈夫のようです。

SONYの方に相談したところ、
『HAP-Z1ES』にデータを移行する際に、インターネットへの接続時にトラブルが起こり、
タイトルや曲名等のデータを割り振るのに失敗したのではないか、と言う結論に達しました。

※『HAP-Z1ES』はHDDにコピーを取る際、ネットに接続してメタデーダを再取得しています。

こんな時には、HDDの再スキャンを行うと改善される事がある、という事でやってみました。


まずは、HOMEの『設定』を選びます。


その中から『HDD設定』を選んで、ENTERを押します。


そして『HDDを再スキャンする』を選んで、ENTER。

すると、


この様な画面になり、内蔵されているHDDの再スキャンを行います。

音楽データのファイルは既に取り込んでいますから、
再度NAS等にアクセスする訳ではありませんので、結構スムーズに進行します。
インターネット回線のスピードの問題もありますが、
お店では300GB程度のデータの再スキャンに30分ほどでした。

完了後、画面上部にくるくる回る矢印が表示され、
その隣の数字がカウントダウンされていきます。

この時に、音楽ジャンルや、おまかせチャンネルの割り振りを行っているようです。

合計で約1時間。
再スキャンと、カウントダウンが完了しました。


こちらが、一番上の写真のファイルの内容でした。

見事、問題解決。
同様な文字化けをしていたファイルもすべて問題解決されました。


どうもこの文字化けは、
WAVファイルに無理やりメタデータを貼り付けたものでおきやすいようです。
(リッピングしたソフトと、データをつけたソフトが違うと更におきやすい?!)


SONYのHDDネットワークプレーヤーで文字化けがおこった方は、試してみてください。


上記とは関係ありませんが、
明日4月15日(火)にHAP-Z1ESのファームウェア・アップデートが行われる予定です。
radikoへの対応と、フォルダーからの検索機能が追加されます。


▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。