最新の更新

アキュフェーズE-800の展示機導入!

アキュフェーズ50周年記念モデル、 超弩級の純A級動作プリメインアンプE-800の 展示機をついに導入しました! アキュフェーズ主催の試聴会も大盛況で、 皆さま熱心に聴いて頂くことができましたが、 今後は試聴室にて、 じっくりとご試聴いただくことができます。 お客...

2014年12月29日月曜日

『アナログ祭』に、audio-technica(オーディオテクニカ)の最新VM型カートリッジ『AT440MLb』と『AT120Eb』が登場。

この頃は、カートリッジの新製品発表というと、
『高級なMCカートリッジ』、というイメージが大きいですが、
audio-technica(オーディオテクニカ)は、
針交換の容易なMM型(audio-technicaの場合はVM型)の、
新製品開発も積極的に行っています。

VM型はMM=ムービング・マグネット型と呼ばれる発電システムの亜種です。

MM型は、その基本的な構造の特許の大半を、
アメリカのSHURE(シュアー)とドイツのELAC(エラック)に押さえられており、
この方式のカートリッジを販売するには、特許料を払う必要があります。

audio-technicaは、独自の発電回路を開発する道を選び、
VM型と呼ばれる発電回路を開発しました。

1967年に『AT-35X』を発売以来、
海外のレコードプレーヤーの付属品にも採用されるなど、
世界中で愛されるカートリッジの1つとなりました。




※VM型の基本構造

VM型は、その基本構造がレコードの溝を刻むカッターヘッドと相似している事が特徴です。
溝を刻むカッターヘッドと、ちょうど逆の動きで溝をトレースし発電します。
左右のチャンネルセパレーションに優れていると、世界的に高い評価を得てきました。


一昨年の『AT100E』、昨年の『AT5V』とエントリーモデルの新製品を発売。
今年はミドルレンジと、高級機の2モデルを投入してきました。


まずは『AT120Eb』。


※audio-technica AT120Eb VM型カートリッジ

楕円針にアルミカンチレバー。PCOCCコイルを採用しています。
周波数特性は前作『AT120Ea』の18Hz~20,000Hzから、
20Hz~25,000Hzとよりワイドレンジになっています。


audio-technica AT120Eb 基本スペック
定価23,000円(税別)

形式 : VM型 (MMポジションで使用可能)
周波数特性 : 20Hz~25,000Hz
出力電圧 : 4.0mV
針圧 : 1.0~1.8g(1.4g標準)
自重 : 6.5g
交換針 : ATN120Eb ・ 定価14,375円(税別)


もう一つは『AT440MLb』。


※audio-technica AT440MLb VM型カートリッジ

型番のMLは、マイクロリニアの略。
特殊研磨のML針にアルミニウムテーパードパイプのカンチレバーを採用しています。
発電コイルには、もちろんPCOCCを採用。
高解像度が特徴である、従来のaudio-technicaカートリッジとは、
一味違う方向を具現化した新世代カートリッジです。


audio-technica AT440MLb 基本スペック
定価32,000円(税別)

形式 : VM型 (MMポジションで使用可能)
周波数特性 : 20Hz~25,000Hz
出力電圧 : 4.0mV
針圧 : 1.0~1.8g(1.4g標準)
自重 : 6.5g
交換針 : ATN440MLb ・ 定価20,000円(税別)



お正月恒例の『アナログ祭』は1月1日~5日まで開催します。
『アナログ祭』特設ページは、下のバナーをクリック↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/aud.html




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。