最新の更新

本日12月8日(金)より発売開始。ESOTERICの『名盤復刻シリーズ』のSACD・2タイトルが入荷しました。

本日より発売開始の、ESOTERICのSACDソフト、 『名盤復刻シリーズ』の2タイトルが入荷しました。 ※ESOTERIC ESSD-90171(左) ESSG-09172(右) NEW 今回は、カラヤン指揮、ウィーン・フィル演奏の、 『チャイコフスキー:3...

2016年11月5日土曜日

『ヨルのスクェア』第8弾。今回は海外製・アッパーミドルクラスのプリメインアンプ聴き比べです。

平日、夜に開催する試聴会『ヨルのスクェア』第8弾は、
海外製・アッパーミドルクラスのプリメインアンプの聴き比べです。



今回の『ヨルのスクェア』では、
イギリス・ATCの『SIA2-150』、
アメリカ・McIntoshの『MA6700』、
ノルウェー・HEGELの『H360』、
イタリア・UNISON RESERCHの真空管アンプ『SINFONIA』の、
計4モデルを、2回に分けてデモンストレーションさせて頂きます。


第1回目は、11月16日(水)。
ATCの『SIA2-150』、


※ATC SIA2-150 プリメインアンプ

UNISON RESERCHの『SINFONIA』を使用します。


※UNISON RESERCH SINFONIA 真空管アンプ


第2回目は、11月19日(土)。
McIntoshの『MA6700』、


※McIntosh MA6700 プリメインアンプ


※HEGEL H360 プリメインアンプ


スピーカーはJBLの『S4700』を、
SACDプレーヤーはmarantzの新製品『SA-10』を使用します。

もちろんレコード再生も行います。プレーヤーはTechnicsの『SL-1200G』を使用します。


イギリス・ATCはスピーカーブランドとして有名で、プロの現場でも活躍しています。
プロの現場での主力は、もちろんアクティブ・スピーカー。
搭載されるチャンネルデバイダーと、パワーアンプはもちろん内製。
そのアンプ技術のノウハウを搭載したのが、プリメインアンプの『SIA2-150』です。


※ATC SIA2-150 内部

プリとパワーは電源部から別。
パワーは150w/chのAB級動作ですが、小音領域ではA級動作となっています。


UNISON RESERCHの『SINFONIA』は、サウンドのみならず、
同社らしい木と金属を組み合わせたデザインが魅力です。


※UNISON RESERCH SINFONIAに搭載されるKT88

UNISON RESERCHといえば、オーガニックなデザインが有名ですが、
出力トランスに関しては、自社で設計、開発だけでなく、自社生産を行う、本格派です。

『SINFONIA』は、出力管に『KT88』を使用しています。
出力回路はプッシュプルではなく、パラ・シングルを採用し、
純A級動作で、最大出力27w+27wを取り出しています。


McIntosh『MA6700』は、2、4、8Ωで安定して200wの出力を取り出す、
伝統の出力トランス『オートフォーマー』を搭載したプリメインアンプ。


※McIntosh MA6700 上面

McIntoshの製品らしく多機能である事も魅力。
『MA6700』は、MM/MCに対応したフォノイコライザーだけでなく、
USB-DAC機能も搭載されており、さらにAM/FMチューナーモジュールも搭載可能です。
※オプション・AM/FMチューナーモジュール『TM-3』(定価150,000円/税別)


HEGELの『H360』は、USB-DAC機能だけでなく、
Ethernet入力端子(RJ-45)も搭載されており、ネットワーク再生にも対応した、
極めて現代的なプリメインアンプです。


※HEGEL HD360 背面

250w+250w(8Ω)という、高出力を誇る、プリメインアンプです。
HEGELの製品は、コンシューマーモデルでありながら、
高品位な録音でも有名な『ECM』レーベルでも使用されています。



『ヨルのスクェア』第8弾・海外製アッパーミドルクラスのプリメインアンプを聴く

第1回 ATC『SIA2-150』 vs UNISON RESERCH『SINFONIA』

開催日 : 11月16日(水)
開催時間 : 18:00~20:00
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店試聴室

<使用機器>
ATC : SIA2-150 プリメインアンプ / 定価640,000円(税別)
UNISON RESERCH : SINFONIA 真空管プリメインアンプ / 定価640,000円(税別)

11月16日(水)・第1回のご予約はこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeuHaH4VTHuLPqMPmwpQl_qUKqQ7Lv7mbdDgw-td9JxWEfxSA/viewform


第2回 McIntosh『MA6700』 vs HEGEL『H360』

開催日 : 11月19日(土)
開催時間 : 18:00~20:00
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店試聴室

<使用機器>
McIntosh : MA6700 USB-DAC機能登載プリメインアンプ / 定価700,000円(税別)
※11月1日・価格改定
HEGEL : H360 USB-DAC機能搭載プリメインアンプ / 定価700,000円(税別) NEW

11月19日(土)・第2回のご予約はこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfw2VxxuRWahJifl--_Fvyy_u6j3RLv5hDqEjK2YyOuWGAbQw/viewform


<各回共通使用機器>
marantz : SA-10 SACDプレーヤー NEW
JBL : S4700 スピーカー
Technics : SL-1200G レコードプレーヤー NEW


『ヨルのスクェア』特設ページはこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/blog-page_26.html




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。