最新の更新

今週末8月19日(土)は、日本音響エンジニアリングのルームチューニング用アクセサリー『AGS』の体験試聴会です。

日本音響エンジニアリングのルームチューニング機構、 『Acoustic Grove System(AGS)』の効果を体験頂ける試聴会を、 今週末8月19日(土)に開催します。 『AGS』は、部屋の中に『森の音場』を再現するシステム。 太さの異なる木々が並ぶ森林の...

2017年3月21日火曜日

5月19日(金)、Technicsから新製品3モデルが発売されます。事前予約キャンペーンもスタート。

1月に開催された、アメリカのCES(Consumer Electronics Show)でプロトタイプが発表された、
Technicsの新製品3モデルが、5月19日(金)に発売される事になりました。

今回発売されるのは、レコードプレーヤーの『SL-1200GR』、


※Technics SL-1200GR ダイレクトドライブ方式レコードプレーヤー NEW

USB-DAC機能を搭載したプリメインアンプの『SU-G700』、


※Technics USB-DAC機能搭載プリメインアンプ NEW

トールボーイ型スピーカーの『SB-G90』の3モデルです。


※Technics SB-G90 トールボーイ型スピーカー NEW

今回発売される3モデルは、Technicsブランド復活以後、
多くのオーディオファンが待っていたであろう価格帯&ラインナップの製品ではないでしょうか。


『SL-1200GR』は、先行して発売されている上位モデル『SL-1200G』をベースに、
効果的なコストカットを行いつつ、基本能力を高めたモデル。

搭載されるモーターは、『SL-1200G』でも評価の高いコギングを抑える、
コアレスステーターを採用した、ダイレクトドライブ・モーター。


※SL-1200GRに搭載されるモーターの構造

『SL-1200GR』専用に、シングルローター型を新規に開発。
ブルーレイディスク機器の為の制御技術を応用し、安定した回転を実現しています。
ターンテーブルはアルミダイカスト製。
『SL-1200G』の様な真鍮こそ採用を見合わせましたが、
強化リブを追加したアルミダイカストと、デッドニングラバーの2層構造を採用。
『SL-1200MK6』に対し、質量を0.8kg増加し約2.5kgとする事で、
『MK6』対比・2倍以上の振動減衰特性を実現し、よりHi-Fiユースに最適化しました。

筐体はBMCとアルミダイキャストの2層構造。


※SL-1200GR内部構造

インシュレーター内部には『SL-1200G』でも評価の高いシリコンラバーを採用しました。


『SU-G700』は、初のフルサイズプリメインアンプ。
現代の製品らしくUSB-DAC機能が搭載されています。
USB-DACは最新仕様。
PCM系は最大384kHz/32bit、DSD系は最大11.2MHzに対応しています。


※SU-G700内部

搭載されるアンプは、Technicsの最新フルデジタル構成の『JENO Engine』。
もちろん、使用するスピーカーの位相・振幅特性に合わせ、
アンプの特性を最適化する『LAPC』が搭載されています。

筐体内部はインナーシャーシで3分割され、各ブロックごとの影響を抑えています。
ボトムシャーシは2mm厚の鋼板と、1.2mm厚の鋼板を重ねた2重構造。
天板も1.6mm厚の鋼板とし、さらに分割の為の仕切り板も補強を兼ねさせるなど、
剛性の高いシャーシを実現しています。

MMカートリッジに対応したフォノ入力。
パワーアンプ入力、プリアンプ出力も装備されています。


『SB-G90』は、Reference Classのスピーカー『SB-R1』と同様に、
同軸ユニットにウーハーを組み合わせた、トールボーイ型スピーカー。

同軸ユニットは16cmコーン型に、2.5cmドーム型を組み合わせています。
ウーハーも16cm。
振動板に、すべてアルマイト処理をしたアルミを採用する事で、音色の統一も狙っています。


これらのユニットは、フロントバッフルではなく、
エンクロージャー内部のサブバッフルに取り付ける『重心マウント構造』により固定。


※SB-G90内部構造

ユニットの重心位置で固定する事で、不要な揺れを低減し、より明瞭なサウンドを狙っています。
また、フロントバッフルに振動が直接伝わらない構造の為、
エンクロージャー自体の不要振動を低減する効果もあるそうです。

サブバッフルは、エンクロージャー縦方向の補強の役割も持っています。
さらに水平方向に補強を加え、エンクロージャーを高剛性化。
ネットワークは最下部に、ユニットからの背圧を避けるように配置されています。


また、今回発売される3モデルをご購入予定の皆様にむけた
『テクニクス 予約購入キャンペーン』が、
2017年5月19日(金)10:00までの期間限定で開始されました。


予約宣言をして頂いた上で、
『SL-1200GR』、『SU-G700』、『SB-G90(ペア)』の何れかをご購入の方に、
ハイレゾ音源入りのテクニクス・オリジナル・USBメモリーをもれなくプレゼント。

さらに、『SL-1200GR』をご購入の方には、テクニクス・オリジナルレコードを、
『SL-1200G』と『SU-G700』をセットでご購入の方には、オーディオラックを、
『SB-G90』をペアでご購入の方には、スピーカーを設置するオーディオボードを2枚が、
それぞれプレゼントされます。

詳細は、Technicsホームページ内のキャンペーン情報をご覧ください↓
http://jp.technics.com/campaign/



Technics
SL-1200GR ダイレクトドライブ方式レコードプレーヤー NEW
定価148,000円(税別) 5月19日発売予定

回転数 : 33・1/3、45、78r/min
回転数調整範囲 : ±8%、±16%
ワウ・フラッター : 0.025% W.R.M.S(JIS C5521)
SN比 : 78dB(IEC 98A Weighted)
トーンアーム形状 : ユニバーサルS字型トーンアーム・スタティックバランス型
オーバーハング : 15mm
適合カートリッジ質量 : 18.7g~25.1g(ヘッドシェル含む/付属ウェイト1種)
サイズ : W453mm*H173mm*D372mm
重量 : 約11.5kg


SU-G700 USB-DAC機能搭載プリメインアンプ NEW
定価230,000円(税別) 5月19日発売予定

定格出力 : 70w+70w(8Ω)、140w+140w(4Ω) 1kHz、T.H.D.0.5%、20kHz LPF、JEITA
推奨負荷インピーダンス : 4Ω~16Ω
周波数特性
 ・DIGITAL : 5Hz~90kHz(-3dB/8Ω)
 ・LINE : 5Hz~80kHz(-3dB/8Ω)
 ・PHONO(MM) : 20Hz~20kHz
入力端子
 ・同軸デジタル(RCA端子)*2系統 : 192kHz/24bit
 ・光デジタル(TOS)*2系統 : 96kHz/24bit
 ・USB-B端子*1系統 : PCM系・最大384kHz/32bit、DSD系・最大11.2MHz
 ・アナログ入力(RCA端子)*2系統 :うち1系統はMAIN INとして使用可能
 ・PHONO(RCA端子)*1系統 : MM対応
出力端子
 ・アナログ出力(RCA端子)*1系統 : 録音用
 ・プリアウト(RCA端子)*1系統
 ・ヘッドフォン端子(ステレオ・Φ6.3mm)*1系統
サイズ : W430mm*H148mm*D428mm
重量 : 約12.3kg


SB-G90 トールボーイ型スピーカー NEW
定価498,000円(ペア/税別) 5月19日発売予定

形式 : 3ウェイ4スピーカー・バスレフ型
搭載ユニット
 ・ミッド/ツィーター : 同軸16cmアルミ・コーン型/2.5cmアルミ・ドーム型*1基
 ・ウーハー : 16cmアルミ・コーン型*2基
周波数特性 : 27Hz~100kHz(-16dB)、32Hz~85kHz(-10dB)
クロスオーバー周波数 : 480Hz、3.2kHz
能率 : 88dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 4Ω
サイズ
 ・W302mm*H1,114mm*D375mm(スパイク使用時)
 ・W302mm*H1,093mm*D375mm (ゴム脚使用時)
重量 : 約32kg



ご予約受付を開始しました。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。