最新の更新

明日18日から22日まで、【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。

18日(水)から22日(日)まで、 【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。 本日、イベントの為の準備を行いました。 ※イベントで使用するAccuphaseの製品たち 普段試聴会では、いろいろなパターンをメーカーさ...

2017年3月13日月曜日

【期間限定デモ】PMCのトールボーイ型スピーカー『twenty5-23』を期間限定でご用意しました。

イギリス・PMCの25周年記念モデル『twenty5シリーズ』の、
コンパクトなトールボーイ型スピーカー『twenty5-23』を期間限定でご用意しました。


※PMC twenty5-23 トールボーイ型スピーカー NEW


※PMC twenty5-23 側面

タイムアライメントも意識し、全体が後ろに傾いたエンクロージャーが採用されています。


PMCはご存知の通り、
イギリス・BBC放送局に在籍していたエンジニアらが立ち上げたスピーカーメーカー。
BBCのモニタースピーカーとして採用された事で、その実力が認められ、
世界中の放送局、スタジオ、映画会社で使用されています。

『twenty5シリーズ』は、
PMCが初めて家庭用を意識して開発し、日本でのPMC人気の起爆剤となった、
ブックシェルフ型スピーカー『DB1』、『TB1』と、
トールボーイ型スピーカー『FB1』の現代版です。


PMCの魅力は何と言ってもウーハーサイズを超えた豊かな低域。
それを支えるのが『ATL(Advanced Transmission Line)』と呼ばれる構造です。


※PMC ATLの構造(図は『twenty5-24』のもの)

『twenty5シリーズ』では、『ATL』のポート部の空気の流れに注目し、
スムーズな空気の流れを実現した『ATL Laminair』を採用しました。


※ATL Laminairを採用したポート部

縦型のフィンが、ポート部の乱気流を抑える事で、
より自然な感じで低域の拡張が行われています。


PMC『twenty5シリーズ』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/11/pmctwenty5.html


『twenty5-23』は、プライベートルームでもPMCの魅力を感じて頂ける製品です。
豊かで伸びのある低域と、密度感のある中域を、ぜひこの機会にご体験ください。


3月19日(日)までの期間限定展示となります。


PMC twenty5-23 トールボーイ型スピーカー NEW
定価580,000円(ペア/税別)

周波数特性 : 28Hz~25kHz
能率 : 86.5dB(1w/1m)
クロスオーバー : 1.8kHz
インピーダンス : 8Ω
ドライバーユニット
 ・低域 : 140mm Gファイバー・コーン型
 ・高域 : 27mm SONOLEXソフト・ドーム型 / 磁性流体冷却方式
サイズ : W162mm*H907mm*D330mm
重量 : 15kg
ATL長 : 2.4m



▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。