最新の更新

明日18日から22日まで、【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。

18日(水)から22日(日)まで、 【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。 本日、イベントの為の準備を行いました。 ※イベントで使用するAccuphaseの製品たち 普段試聴会では、いろいろなパターンをメーカーさ...

2017年3月18日土曜日

本日の配送。今日は本日より出荷開始の、Accuphaseの新型CDプレーヤー『DP-430』のお届けです。

今日は、藤沢市のT様宅まで、本日から出荷が開始されたばかりの、
Accuphaseの新型CDプレーヤー『DP-430』のお届けです。

T様は、TRIODEの製作講習会などでも、お手伝い下さる常連さんです。


今回は、15年ぶりのCDプレーヤー入れ替えのご相談を受けました。
この頃のAccuphase製品の進化に注目なさっていたT様が選んだのが、
D/Aコンバーター部などを一新した、新型のCD専用プレーヤー『DP-430』でした。


※T様宅のシステム

ご使用中のスピーカーは、PLATINUMの『SOLO』。
PLATINUMは、自身がベーシストだったフィル・ジョーンズ氏が、
AE、Boston Acousticsを経て、自ら興したスピーカーブランドでした。
搭載されるウーハーは9cmのアルミ製・メタルコーン。
25mmの同じくアルミ製ツィーターと組合わせられています。

『ベースの正確な音程とリズムを引き出すには、大口径ではダメだ』という、
彼の信念が結晶化した、小型スピーカーの白眉ともいえるモデルの1つです。
※現在フィル・ジョーンズ氏は、自らの名前を冠したPJB(Phil Jones Bass)という、
ベースアンプ・ブランドを主催しています。
そして今も、小口径ウーハーにこだわった製品を製造しています。

金属製の小口径ユニットに、剛性の高いエンクロージャーを組み合わせたとなると、
いかにもメリハリのある、高解像度スピーカーをイメージさせますが、
T様のシステムは、キツさなどとは無縁な、細やかでありながら、
豊かさやエネルギー感が損なわれる事無く、音がスムーズに立ち上がる、
ナチュラルな、真の意味でのハイスピードを感じさせました。

またT様のセッティングは、一見シンプルですが、ケーブルを床から浮かす等、
細かい調整と共に、要所要所に効果的にアクセサリーが使用されていました。

特に電源からのノイズ対策に、CSEのクリーン電源をはじめ、
話題のNSアモルメットコアなどが使用されています。
特にアモルメットコアを使用した際の、S/N感のアップはかなりのものだったそうです。


CDプレーヤーを『DP-430』に変更。チェックを兼ねて音出し開始。
おろしたてですが、既にその細やかな高域と、解像度感高い低域は、
T様のご希望に十分に答えてくれる事を想像させるサウンドでした。

Accuphase『DP-430』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/02/accuphase3cddp-430.html


メインシステムの他、長年大切にしてきたアンプなども、
しっかりとメンテナンスされており、こういった点も見習いたいと思う配送でした。


※Accuphase T-107 FMチューナー

写真のAccuphase製FMチューナー『T-107』は、1985年発売開始と30年以上前の製品。
その時間を感じさせない、ぴかぴかの状態で、今も現役で活躍しています。




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。