最新の更新

今週末8月19日(土)は、日本音響エンジニアリングのルームチューニング用アクセサリー『AGS』の体験試聴会です。

日本音響エンジニアリングのルームチューニング機構、 『Acoustic Grove System(AGS)』の効果を体験頂ける試聴会を、 今週末8月19日(土)に開催します。 『AGS』は、部屋の中に『森の音場』を再現するシステム。 太さの異なる木々が並ぶ森林の...

2017年3月13日月曜日

【期間限定デモ】イギリス・ATCの人気モデル、3ウェイ・トールボーイ型スピーカー『NEW SCM40』を、期間限定でご用意しています。

プロの世界で高い評価を得ている、イギリスのATC。

ATCが家庭用での使用も考えて開発したのが『SCM40』です。
2013年にモデル名はそのままで、エンクロージャーをラウンドデザインに変更。
ツィーター、ウーハーも新たに設計、改良され、より幅広い音楽への対応を果たしました。

以後、旧型と区別するために『NEW SCM40』という名称で呼ばれています。


※ATC NEW SCM40 トールボーイ型スピーカー

『SCM40』の魅力は、なんと言っても75mm径のソフトドーム型ミッドレンジ。
380Hz~3.5kHzまでの幅広い帯域を、この75mm径ソフトドームでカバーします。
このミッドレンジが持つ、エネルギー感と密度感の高い音を求めて、
多くの方が『SCM40』をご購入されています。


※ATC SCM40 75mm Soft Dome MID

また、『ATCはアンプを選ぶ』という噂の許になるのがウーハー。
サイズは164mmと、よくあるコンパクトなウーハーサイズですが、
実はボイスコイルサイズが50mm径と、コーン紙のサイズからは想像できないサイズです。
50mm径のボイスコイルは、通常25cm~30cmウーハーで採用されるサイズです。

『164mmと比較的コンパクトなサイズのウーハーだから・・・』と考えてアンプを選ぶと、
このオーバースペックともいえる磁気回路の手を焼くことになります。

ツィーターも、スペック以上に高域の伸びが改善。

この様な、確実な進化の結果、今までの『ミッドレンジを聴け!』というサウンドから、
『ミッドレンジの厚みのあるサウンド』を活かしつつ、
より自然に上下が伸びたサウンドへと進化しています。



3月19日(日)までの、期間限定展示です。



ATC NEW SCM40 トールボーイ型スピーカー
定価660,000円(ペア/税別)

形式 : 3ウェイ・3スピーカー / 密閉型
搭載ユニット
 ・ツィーター : 25mm径ソフトドーム型 / ネオジウムマグネット
 ・ミッドレンジ : 75mm径特殊コートポリエステル織ソフトドーム
 ・ウーハー : 164mm径ピュアパルプコーンウーハー
再生周波数帯域 : 48Hz~22kHz(-6dB)
クロスオーバー周波数 : 380Hz、3.5kHz
能率 : 85dB/W/m
最大音圧レベル : 112dB/SPL/(1m/連続入力)
インピーダンス : 8Ω
指向特性 : 水平±80度 / 垂直±10度
入力スピーカー端子 : 4mmΦバナナプラグ対応 / トライワイヤリング対応
サイズ : W265mm*H980mm*D300mm(サランネット含む / ターミナル別)
重量 : 31.0kg
仕上げ : チェリー
付属品 : スパイク4本*2セット


同じく、イギリスのプロフェッショナル・モニターとして有名な、
PMCの小型トールボーイ型スピーカー『twenty5-23』も期間限定でご用意しています。

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/03/pmctwenty5-23.html




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。