最新の更新

明日は、日本音響エンジニアリング『AGS(Acoustic Grove System)』の体験試聴会を開催します。ひとまず設置完了です。

明日は、日本音響エンジニアリングのルームチューニング機構、 『Acoustic Grove System(AGS)』の体験試聴会を開催します。 本日、担当さんが色々と運び込んでくださいました。 普段、店頭でデモをしている『SYLVAN』に比べ、『ANKH』は重量もあり、か...

2017年3月12日日曜日

【展示機導入】TRIODEから新登場。MM/MC両カートリッジに対応した、コンパクトなフォノイコライザー『TRX-EQ6』の展示を開始しました。

TRIODEの新製品。
コンパクトなサイズのMM/MC対応フォノイコライザー『TRX-EQ6』の展示を開始しました。


※TRIODE TRX-EQ6 MM/MC対応フォノイコライザー NEW

フロントのスイッチで、MM/MCの切替を簡単に行えます。


※TRX-EQ6 背面

入力端子はRCAが1系統。
しっかりとした端子が取り付けられています。アース端子も使いやすいサイズです。

定価38,000円(税別)を考えると、筐体の仕上げ等かなりハイレベル。
この価格帯のフォノイコライザーが、輸入品も含め近年増えていますが、
その中でも『良いモノ』感はトップクラスではないでしょうか。

フロントの電源スイッチを入れると、
TRIODEの真空管アンプを彷彿とさせる、オレンジ色のライトが付きます。
フロントパネルは斜めに面取りがされており、
下部の横に入ったラインなど、最新のTRIODE製品と共通の意匠が施されています。


※TRIODE TRX-EQ6 電源投入時のランプ

さっそく展示後の動作確認を兼ねて試聴開始。

MCポジションにして、DENONの『DL-103R』を使用しました。

迫力のあるサウンドではありませんが、キレのあるリズム感の表現が好印象。
低域の解像度感も価格を考えれば、十分に満足のいくものです。
もさっとしていない、クリアーなサウンドは、ポピュラー系音楽を中心に、
小編成のオーケストラやスタンダードなジャズも聴かれるであろう、
ごくごく一般的な音楽ファンの方にとって、かなり魅力的ではないでしょうか。

フォノイコライザーが搭載されていないアンプをご使用の方だけでなく、
10万円台のフォノイコ内蔵プリメインアンプユーザーのステップアップにもおすすめです。

また近年多い、フォノイコと共にD/Aコンバーターも内蔵されているアンプをご使用の方で、
レコードを聴く機会の多い方には、ノイズの面でも有利な再生が可能、
という事でおすすめしたいと思います。



TRIODE TRX-EQ6 MM/MC対応フォノイコライザー NEW
定価38,000円(税別)

回路形式 : 半導体回路
MC回路 : FET A級増幅
全高調波歪率 : 0.025%
チャンネルセパレーション : 70dB
入力端子 : 1系統(RCA端子)
入力感度 : MM/2.5mV、MC/0.25mV
ゲイン : MM/36dB、MC/55dB
適合カートリッジインピーダンス : MM/47kΩ、MC/2Ω~47Ω
出力端子 : 1系統(RCA端子)
出力インピーダンス : 300Ω
サイズ : W90mm*H100mm*D230mm
重量 : 1.6kg
付属品 : 電源ケーブル




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。