最新の更新

6月2日(土)に、ACOUSTIC REVIVEのアクサセサリー試聴会を開催します。話題の『PC-TripleC/EX』導体を採用した、トップエンド・ケーブルも登場します。

6月2日(土)の試聴会は、ACOUSTIC REVIVEのアクササリーをご体験頂きます。 今回はケーブルをはじめ、オーディオボードやルームチューニング用のパネルまで、 幅広くACOUSTIC REVIVEの魅力をご体験頂きたいと思います。 ケーブルに関しては、話題の導...

2018年2月8日木曜日

ESOTERICから3月上旬に、新しいSACDプレーヤー『K-01Xs』と『K-03Xs』が登場します。『Grandioso K1』で初採用された電流伝送方式『ES-LINK Analog』を搭載しています。

ESOTERICから3月上旬に、
新しいSACDプレーヤーの『K-01Xs』と『K-03Xs』が発売されます。


※ESOTERIC K-01Xs USB-DAC機能搭載SACDプレーヤー NEW

※ESOTERIC K-03Xs USB-DAC機能搭載SACDプレーヤー NEW

ともにSACD再生に対応した、VRDS-NEOメカを搭載したESOTERICを代表するモデルです。


※K-01Xsに搭載されたVRDS-NEOメカ『VMK-3.5-20S』

搭載されるメカは『VMK-3.5』。
『K-01Xs』には20mm厚のスチール製ブリッジを搭載した『VMK-3.5-20S』、
『K-03Xs』には10mm厚のブリッジを搭載した『VMK-3.5-10』が、それぞれ搭載されています。
『VMK-3.5-20S』はメカ単体で5.2kg、『VMK-3.5-10』でさえも4.4kgという、
圧倒的な物量が投入された、世界最高峰のメカニズムです。

これらの基本部分を『K-01X』、『K-03X』から引き継ぎつつ、
ESOTERIC最高峰の『Grandioso Series』の、
一体型SACDプレーヤー『Grandioso K1』に搭載された、
電流伝送方式の『ES-LINK Analog』を新たに採用、搭載しました。
※『ES-LINK Analog』で入力できるアンプは、現在のところプリメインアンプの『Grandioso F1』のみとなります。


※K-01Xsのデュアルモノラル構成のD/Aコンバーターと、
電流伝送方式『ES-LINK Analog』に対応した出力段

DACチップには『Grandioso K1』にも搭載されている、
旭化成エレクトロニクス社の最高峰32bitDAC『AK4497』を採用。
『K-01Xs』では片ch辺り8回路(4基)、『K-03Xs』では片ch辺り4回路(2基)搭載する事で、
32bitを超える高解像度でPCM信号をアナログ信号へ変換します。
※『K-01Xs』では35bit精度、『K-03Xs』では34bit精度で変換を行う『ハイビットD/Aプロセッシング』を搭載しています。


これらの高性能なD/Aコンバーターを活かすべく、デジタル入力にも対応しています。
USB入力に関しては、PCM系・最大768kHz/32bit、DSD系・最大22.5MHzに対応します。
USB入力に関しては、通常のアイソクロナス伝送方式の他にも、
話題の『Bulk Pet伝送』にも対応しています。
USB入力には、もちろん先日発表されたばかりの、
同社初のネットワークオーディオトランスポート『N-03T』を接続可能です。


※ESOTERIC N-03T ネットワークオーディオトランスポート NEW

『N-03T』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2018/02/esotericn-03t.html


高性能な専用VCXOクロック(電圧制御型水晶発振器)、
『GrandiosoカスタムVCXO』を搭載していますが、
更に高精度なマスタークロックを接続する事も可能です。
また、USB入力時にも接続した外部クロックとの同期再生にも対応しています。
※PCに外部クロックを接続しているのと同じ状況を再現できる機能です。


外見に関しては、基本デザインを従来モデルから継承していますが、
今まで天板に彫り込まれていた『ESOTERIC』の掘り込みがフロントパネルへ移動。
トレー上部の『VRDS NEO』の文字が金文字となりました。
表示ディスプレイも、最新のネットワークプレーヤーに採用されている、
有機ELディスプレイに変更され、滑らかな表示になりました。


発売は3月上旬からと予定されています。



ESOTERIC USB-DAC機能搭載SACDプレーヤー NEW
K-01Xs : 定価1,600,000円(税別) 3月上旬発売開始
K-03Xs : 定価980,000円(税別) 3月上旬発売開始

再生可能ディスク : SACD、CD(CD-R、CD-RW対応)
アナログ出力 : XLR、RCA各1系統(切替式) XLR端子は『ES-LINK Analog』対応
デジタル出力 : 同軸、AES/EBU各1系統
デジタル入力
 ・USB-B端子*1系統 : PCM系・最大768kHz/32bit、DSD系・最大22.5MHz
 ・同軸、光*各1系統 : PCM・最大192kHz/24bit、DSD・2.8MHz(DoP)
クロックシンク入力 : BNC*1系統(入力インピーダンス50Ω)
 ・入力可能周波数 : 44.1、48、88.2、96、176.4、192kHz / 10、22.5792、24.576MHz
サイズ : W445mm*H162mm*D438mm
重量
 ・K-01Xs : 約31kg
 ・K-03Xs : 約28kg


また2018年4月より、『K-01X』、『K-03X』の、
D/Aコンバーター部とUSB入力部を『Xs』相当へバージョンアップする、
有償サービスが行われます(お申込み受付は2月より)

『K-01X』バージョンアップ『VUK-K01Xs』 : 定価350,000円(税別)。
『K-03X』バージョンアップ『VUK-K03Xs』 : 定価280,000円(税別)。
※引き取り、納品出張費等は含まれておりません。
バージョンアップ内容
 ・Xsエディションで新採用の最新D/Aコンバーター回路への換装
 ・『ES-LINK Analog』電流伝送への対応
 ・USB入力部のアップグレード(PCM768kHz/32bit、DSD22.5MHz、Bulk Pet対応)


ご予約受付を開始しました。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603


SACDプレーヤー『K-03X』の展示品処分を行っています。
ご販売価格に関しましては、お問い合わせください。




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。