最新の更新

今週末8月19日(土)は、日本音響エンジニアリングのルームチューニング用アクセサリー『AGS』の体験試聴会です。

日本音響エンジニアリングのルームチューニング機構、 『Acoustic Grove System(AGS)』の効果を体験頂ける試聴会を、 今週末8月19日(土)に開催します。 『AGS』は、部屋の中に『森の音場』を再現するシステム。 太さの異なる木々が並ぶ森林の...

2017年2月28日火曜日

ESOTERIC・SACD『名盤復刻シリーズ』の新譜が、3月20日(月/祝)に発売されます。

ESOTERICの『名盤復刻シリーズ』の新譜が、3月20日(月/祝)に発売されます。
今回も、2タイトル同時発売となります。
※3月10日(金)には、ESOTERIC・創立30周年&ソフト制作10周年を記念した、
SACDソフト、エフゲニー・ザラフィアンツ(ピアノ)『ベートーヴェン&ショパン』が発売されます。


1枚目は、オットー・クレンペラー指揮の、
『メンデルスゾーン:交響曲第3番《スコットランド》&シューマン:交響曲第3番《ライン》』。


※ESOTERIC
『メンデルスゾーン:交響曲第3番《スコットランド》&シューマン:交響曲第3番《ライン》』
ESSW-90159 NEW

『スコットランド』は1960年録音。演奏は、フィルハーモニア管弦楽団です。
1958年に重篤な火傷を負ったクレンペラーが、演奏活動に付記してからの、
勢力的かつ輝きをもった晩年10年のスタートを告げる演奏です。
『ライン』は最晩年1969年に録音された、シューマン交響曲全集の最後を飾る録音です。

録音は2曲とも、フルオーケストラを収容できる、
ロンドンのアビーロード・スタジオ第1スタジオで行われた、セッション録音です。


もう1枚は、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ)による、
『ドビュッシー:前奏曲集第1巻&子供の領分』です。


※ESOTERIC 『ドビュッシー:前奏曲集第1巻&子供の領分』 ESSG-90160 NEW

ミケランジェリはどちらかというと録音嫌いだったようで、演奏活動期間が長い割には、
本人の許諾を得ての録音、ソフトが比較的少ない事でも有名です。

音質面でも評価が高い録音は、今回カップリングされた『子供の領分』が収録された、
1971年、51歳の『ドビュッシー作品集』等まで待たなければいけなかったそうです。
それらの録音後も、定期的な録音はほとんど行われず、
グラモフォンでの録音は、1978年まで待たなければなりませんでした。
その1978年の録音が『ドビュッシー:前奏曲集第1巻』です。
今回は、この貴重な2タイトルをカップリングしています。

また、今回のSACD化に当たっては、
新たにアナログマスターテープからトランスファーされた音源を使用しています。



メンデルスゾーン : 交響曲第3番《スコットランド》 & シューマン : 交響曲第3番《ライン》 NEW
定価3,143円(税別) 3月20日発売予定

指揮 : オットー・クレンペラー
演奏
 ・フィルハーモニア管弦楽団(メンデルスゾーン)
 ・ニュー・フィルハーモニア管弦楽団(シューマン)
品番 : ESSW-90159
仕様 : SACDハイブリッド
収録曲
 ・メンデルスゾーン : 交響曲第3番《スコットランド》 / 1960年1月録音
 ・シューマン : 交響曲第3番《ライン》 / 1969年2月録音


ドビュッシー : 前奏曲集第1巻&子供の領分 NEW
定価3,143円(税別) 3月20日発売予定

演奏 : アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ
品番 : ESSG-90160
仕様 : SACDハイブリッド
収録曲
 ・前奏曲集 第1巻 / 1978年6月録音
 ・子供の領分 / 1971年7月録音


ともに数量限定となります。


ご予約受付開始しました。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。