最新の更新

今週末8月19日(土)は、日本音響エンジニアリングのルームチューニング用アクセサリー『AGS』の体験試聴会です。

日本音響エンジニアリングのルームチューニング機構、 『Acoustic Grove System(AGS)』の効果を体験頂ける試聴会を、 今週末8月19日(土)に開催します。 『AGS』は、部屋の中に『森の音場』を再現するシステム。 太さの異なる木々が並ぶ森林の...

2017年2月12日日曜日

本日の配送。今日はLUXMANのアームレス型レコードプレーヤー『PD-171AL』のお届けです。トーンアームは、ortofonの『RS-212D』を取り付けてきました。

今日は長年落合をさせて頂いている、平塚市のO様宅まで、
LUXMANのアームレス型のレコードプレーヤー『PD-171AL』のお届けです。


O様からは、一人で移動等が出来るレコードプレーヤーを・・・というお話を頂きました。

比較的移動が楽で、一定水準以上のサウンドクオリティを保証してくれるプレーヤー。

今回はLUXMANの、ベルトドライブ式のアームレス型レコードプレーヤー『PD-171AL』に、
既にお持ちの、ortofonのダイナミックバランス型トーンアーム『RS-212D』を取り付ける、
というご提案をさせて頂きました。


※LUXMAN PD-171AL & ortofon RS-212D

『RS-212D』は、専用オプションのアームベース『OPPD-AB5』を介して取付です。

ダイナミック型トーンアームの『RS-212D』は、
ortofonの『SPUシリーズ』や、DENONの『DL-103』等、
ローコンプライアンスのカートリッジをメインにお使になるO様の様な方に、
最適なトーンアームと言えます。


取付終了後、一先ず『DL-103』をセット。
高さ調整と針圧の設定を行い、音出しチェックです。



※LUXMAN PD-171AL & TANNOY Westminster Royal

O様のスピーカーは、憧れの大型スピーカー、TANNOYの『Westminster Royal』。
長年、大切に使い込まれてきたこともあり、エンクロージャーはきれいな飴色になっています。

使用機器のほとんど全てに、クリーン電源を使用されています。
その電源の取り方にも、経験を活かした細かなこだわりが溢れています。
また、高性能なケーブルを要所要所に使用。
SACDプレーヤーには、外部クロックを使用するなど、
極めてオーディオ的に、ワイドレンジ志向と言える、攻め込まれた調整がされています。

ですが、そのサウンドはそのイメージとは対極。良い意味で裏切られます。
チェックを兼ねて、スピーカーのセンターに置かれたリクライニングチェアに座ると、
チェックの事を忘れ、リラ~ックス、リラ~ックス。
体の緊張が解けて、このままず~っと音楽を聞いていたい・・・と思わせます。
というか、実際に仕事で来ている事を忘れました。


『半日、ストレスなく聞けるシステム』とO様。
数千枚のコレクションを、心おきなく聴けるであろうシステムでした。




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。