最新の更新

本日12月8日(金)より発売開始。ESOTERICの『名盤復刻シリーズ』のSACD・2タイトルが入荷しました。

本日より発売開始の、ESOTERICのSACDソフト、 『名盤復刻シリーズ』の2タイトルが入荷しました。 ※ESOTERIC ESSD-90171(左) ESSG-09172(右) NEW 今回は、カラヤン指揮、ウィーン・フィル演奏の、 『チャイコフスキー:3...

2017年5月22日月曜日

【展示機導入】USB入力に対応した、Technicsの新しいプリメインアンプ『SU-G700』の展示を開始しました。

Technicsから新しく登場した、幅430mmのプリメインアンプ『SU-G700』の展示を開始しました。


※Technics SU-G700 USB入力対応プリメインアンプ NEW

これまでのTechnicsのアンプは、最上位モデルの『SU-R1』+『SE-R1』からスタートし、
コンパクトな『SU-C700』、ネットワークレシーバーの『SU-G30』と、
どちらかというと王道というよりは、少し外しの変化球的ラインナップでしたが、
今回の『SU-G700』は、ストレート勝負のフルサイズモデルです。

現代のプリメインアンプらしく、PCからの入力に対応したUSB-B端子をはじめ、
同軸、光のデジタル入力を各2系統、合計4系統装備しています。
USB-B端子の入力は、PCM系は最大384kHz/32bit、DSD系は最大11.2MHzに対応しています。
PCからのノイズ対策には、単体アクサセリーでも採用され高い評価を得ている、
非磁性カーボンフィルム抵抗による『パワーコンディショナー』を採用、搭載してます。


※SU-G700 背面の端子

アナログ入力は2系統。
さらにMMカートリッジに対応したフォノ入力も1系統装備しており、
『SU-G700』1台でより多くの音楽再生に対応しています。

パワーアンプは、Technics独自の『JEMO Engine』を搭載したDクラスアンプ。
内部はフルデジタル処理の為、アナログ入力は入力直後に、
192kHz/24bitのデジタル信号にA/D変換されます。


※SU-G700 内部

内部は電源、パワーアンプ部、入力部に3分割されており、
それぞれの干渉を抑えるように設計されています。
ボトムシャーシは2mm厚の鋼板と、1.2mm厚の鋼板を重ねた2重構造。
天板も1.6mm厚の鋼板とし、分割の為の仕切り板も補強を兼ねさせ高い剛性を得ています。
また電源部に関しては、スイッチング電源そのもののノイズを抑えるとともに、
外部への影響を抑えるため,銅シートを使用してシールド性を高めています。

アナログ入力部はL/Rチャンネルを左右対称レイアウトにするとともに、
フォノ入力部はシールドケースの中に収める事で、ノイズ対策を行っています。


Dクラスアンプの弱点の1つと言われる、
出力段に使用されるローパスフィルターの影響による、
インピーダンス変動の影響による周波数特性の乱れを改善する為に、
上位モデル同様に『LAPC(Load Adaptive Phase Calibration)』を搭載しています。
『LAPC』を使用する事で、スピーカーにテスト信号を流し、解析する事で、
周波数特性の乱れを抑えることが出来ます。
また、この『LAPC』はアナログアンプでは改善出来なかった、
低域の位相遅れに関しても最小化、最適化する事が出来ます。
スピーカーのエージングが進んだ時点で、再度『LAPC』を使用する事で、
アンプのより最適な駆動を実現させる事も可能です。

また、フルデジタル処理で問題になるジッターをより抑えるために、
クロック回路の電源を疑似バッテリー駆動させ、電源ノイズの影響を排除しています。


フロントパネルは最大厚7mmのアルミニウムを使用。
ボリュームノブはアルミ削り出し。
Technicsのデザインアイコンでもある大型の2連針メーター。
仕上げ、デザイン面でも、所有する喜びを高めています。


Technics SU-G700 USB入力対応プリメインアンプ NEW
定価230,000円(税別)

定格出力 : 70w+70w(8Ω)、140w+140w(4Ω) 1kHz、T.H.D.0.5%、20kHz LPF、JEITA
推奨負荷インピーダンス : 4Ω~16Ω
周波数特性
 ・DIGITAL : 5Hz~90kHz(-3dB/8Ω)
 ・LINE : 5Hz~80kHz(-3dB/8Ω)
 ・PHONO(MM) : 20Hz~20kHz
入力端子
 ・同軸デジタル(RCA端子)*2系統 : 最大192kHz/24bit
 ・光デジタル(TOS)*2系統 : 最大96kHz/24bit
 ・USB-B端子*1系統 : PCM系・最大384kHz/32bit、DSD系・最大11.2MHz
 ・アナログ入力(RCA端子)*2系統 :うち1系統はMAIN INとして使用可能
 ・PHONO(RCA端子)*1系統 : MM対応
出力端子
 ・アナログ出力(RCA端子)*1系統 : 録音用
 ・プリアウト(RCA端子)*1系統
 ・ヘッドフォン端子(ステレオ・Φ6.3mm)*1系統
サイズ : W430mm*H148mm*D428mm
重量 : 約12.3kg



また今週末、5月27日(土)には、『SU-G700』をはじめ、
今月発売開始の新製品を使用した、試聴会を開催させて頂きます。


試聴会の詳細はこちらから↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/03/527technics3sl-1200grsu-g700sb-g90.html




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。