最新の更新

『ファミリータイム』の会場を回って、3つのスタンプを集めて景品をゲットしよう!7月2日(日)開催のイベント情報です。

7月2日(日)に湘南モールFILLで開催する、 Technics Presents・音楽が家族をつなげる『ファミリータイム』の、 会場3か所を回るスタンプラリーを実施します。参加無料。 『ファミリータイム』の会場のうち、 1F・グルメポート入口『サウンド・トレーラ...

2017年5月15日月曜日

本日の配送。今日はTANNOYのモダンなデザインのスピーカー『Definition DC8Ti』のお届けです。

今日は、平塚市のK様宅まで、
TANNOYのトールボーイ型スピーカー『Definition DC8Ti』のお届けです。

K様からは、現在使用中のスピーカーは、
『高解像度でクリアーなのだけれど、中低域の密度感が乏しい』、というご相談を受けました。

さらに詳しくお話をうかがうと、
サックスやボーカルに厚みが欲しい、
演奏者がスピーカーの少し前に立つような、音像感、実在感が欲しい、
といったご希望も出てきました。

『JBLの、4429などはいかがですか?』とご提案した所、
設置場所の関係で、幅のあるスピーカーは難しいとの事。


そこで、ご提案させて頂いたのがTANNOYの『Definitionシリーズ』でした。

『Definitionシリーズ』の源流は、1990年代に販売されていたプロ用の『STUDIOシリーズ』。
このシリーズは、日本でもビクター・スタジオなど、
ジャズやポピュラー系の、録音、マスタリングスタジオで活躍しました。
この『STUDIOシリーズ』用のユニットを、コンシューマー向けに、
トールボーイ型のエンクロージャーに収めた物が『Definitionシリーズ』のはじまりです。
そんな事もあり、包み込まれるような雰囲気の良い『PRESTIGEシリーズ』とは違い、
1つ1つの音の実在感があり、結構ガツンとした骨太なサウンドを奏でます。
もちろん『PRESTIGEシリーズ』と双璧となる高級機でもありますから、
質感表現も高く、高域の伸びなどはスーパーツィーター要らずといったところです。


K様も、当初は『TANNOYでJAZZ?』という感じでしたが、
実際に『Definition DC8Ti』をお聞きいただくと、
『アンティークなデザインのPRESTIGEシリーズとは、大分違う!!』とお気に召して頂けました。

設置場所にも『Definition DC8Ti』であれば大丈夫と、ご購入頂く事になりました。


※K様宅のシステム

搬入当日(土曜日)はあいにくの雨でしたが、無事設置完了。

いままでのスピーカーに比べ高域がちょっと強めですが、まだまだおろしたて。
TANNOYはツィーターが馴染むのに少々時間が必要なのは、今も昔も変わりません。

アンプの入れ替えなどで、久々にオーディオの魅力を再発見中のK様。
古いレコードを磨きながら、次はレコード再生のグレードアップをお考えとの事です。




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。