最新の更新

【展示品処分】LINNのレコードプレーヤー『Majik LP12』の展示品処分を行います。

LINNのレコードプレーヤーのベーシックモデル、 『Majik LP12』の展示品処分を行います。 ※LINN Majik LP12 ベルトドライブ式レコードプレーヤー 『LP12』は、LINNの歴史そのものとも言える製品。 基本となる『Sondek LP1...

2018年4月3日火曜日

今週末、4月7日(土)の試聴会はTechnicsのリファレンス・ダイレクトドライブ式レコードプレーヤー『SL-1000R』が登場します。

今週末、4月7日(土)の試聴会は、5月25日(金)から正式出荷が開始される、
Technicsのリファレンス・ダイレクトドライブ式レコードプレーヤー『SL-1000R』が登場します。

今回の試聴会はレコードのみで行わせて頂きます。


※Technics SL-1000R リファレンス・ダイレクトドライブ式レコードプレーヤー NEW

今回のメインである『SL-1000R』は、
究極ともいえる高い回転精度を持つとともに、回転のゆらぎを徹底的に抑えた、
新しいダイレクトドライブ式フォノモーター『SP-10R』を搭載しています。
ターンテーブルはアルミダイカストをベースに、10mm厚の真鍮と高減衰ラバーを組合わせ、
さらに外周部に比重の大きなタングステンのウェイトを12個埋め込む事で、
総重量約7.9kg、約1トン・cm²という高い慣性モーメントを実現しています。


モーターの能力を生かすべく、シャーシも極めて剛性の高い仕様となっています。
ベースは30mm厚のアルミ無垢削り出し。
こちらにBMCを組みあわせ、更に『αGEL』を内蔵したインシュレーターを組合わせています。


Technics『SL-1000R』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2018/03/47technicssl-1000r.html


ダイレクトドライブ式レコードプレーヤーの全盛期であった、
1970年代~80年代には到達する事が出来なかった、
高性能レコードプレーヤーの実力を、この機会にぜひご体験下さい。



Technics リファレンス・ダイレクトドライブ式レコードプレーヤー『SL-1000R』発表記念試聴会

開催日 : 4月7日(土)
開催時間 : 14:00~16:00 ※約2時間を予定しています。
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店試聴室

<使用機材>
Technics
 ・SL-1000R : ダイレクトドライブ式レコードプレーヤー NEW
 ・SU-R1 : ネットワークオーディオコントロールプレーヤー
 ・SE-R1 : ステレオパワーアンプ
 ・SB-R1 : トールボーイ型スピーカー

Phasemation EA-1000 : 左右独立3筐体・真空管フォノイコライザー

カートリッジに関しては、Phasemation PP-2000もしくはortofon SPU-Royal Gを使用予定

参考展示 : SP-10R ダイレクトドライブ式フォノモーター NEW


お席のご予約はこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSenGDHMOFqSgfXs-XMggF-qenumn1jMRqnhzn4oNrjBX57eIQ/viewform


お電話でもお席のご予約承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。