最新の更新

【展示品処分】LINNのレコードプレーヤー『Majik LP12』の展示品処分を行います。

LINNのレコードプレーヤーのベーシックモデル、 『Majik LP12』の展示品処分を行います。 ※LINN Majik LP12 ベルトドライブ式レコードプレーヤー 『LP12』は、LINNの歴史そのものとも言える製品。 基本となる『Sondek LP1...

2018年4月27日金曜日

5月26日(土)に、フランス・FOCALの新製品『Kanta No.2』の試聴会を開催します。

フランス・FOCALの新しいラインナップ『Kanta Series』の、
トールボーイ型スピーカーの『Kanta No.2』が登場しました。

最終的にはブックシェルフ型スピーカー(『No.1(仮)』)と、
より大型のトールボーイ型スピーカー(『No.3(仮)』が加わり、
3モデルのラインナップ構成になる予定との事です。


今回は、発売されたばかりの『Kanta No.2』をご用意して、
5月26日(土)に発売開始記念試聴会を開催させて頂く事になりました。



※FOCAL Kanta No.2 トールボーイ型スピーカー NEW

『Kanta(カンタ)』の名前の由来は、
イタリア語の音楽用語、発想標語である『Cantabile(カンタービレ)』から。
『歌うように』と言う意味で、なめらかに、、表情豊かにと言った意味も持っています。

上位モデルである『Utopia Ⅲ EVO Series』、『Sopra Series』の技術を継承しながら、
その名前の由来の様に、より豊かなサウンドの実現と、
より高いインテリア性と設置性を両立させたモデルです。

『Sopra Series』も、今までのスピーカーのイメージを払拭する仕上げを採用しましたが、
『Kanta Series』では、さらにそのデザイン性を高めて、
魅力的な仕上げがラインアップされています。



※Kanta No.2の仕上げ

フロントバッフルがグロス仕上げで、キャビネット後部をブラックラッカー仕上げと、
マット仕上げにウォールナット突板仕上げを組み合わせた、
2パターンの計8種類の仕上げが用意されています。
黄色や水色といった、いかにもFOCALらしい仕上げも用意されています。


デザインが目を引く『Kanta No.2』ですが、
ユニットをはじめFOCALの最新技術が採用された、革新的なモデルでもあります。


特徴的なフロントバッフルは、FOCAL初の高密度ポリマー製。


『Sopra Series』等に採用されているMDFに比べ、
剛性で15%、密度で70%、ダンピングで25%優れる特性を生かし、
Sopra対比で35%薄いにも関わらず同等の剛性を得ているそうです。
また樹脂である事の特性をいかし、バスレフポートをフロントバッフルと連続化させる事で、
ポートノイズを抑え、よりスムーズな空気の出入りを実現しています。

さらにユニット周辺の処理と、バッフル両サイドのカーブも最適化され、
回折などによる音像の乱れも抑えられています。

ユニットの配置に関しても、上位モデル同様にフォーカスを合わせるように、
側面から見ると『く』の字型に配置されており、
『カンタ』のスペルが『C』ではなく『K』になっている由来ともなっています。


構成は3ウェイ・4スピーカー。
ツィーターは27mm径で、上位モデル同様のベリリウム振動板を採用した、
第3世代の『IAL3(インフィニティ・アコースティカル・ローディング・3)』を搭載しています。
逆ドーム型の利点を生かし、背圧をスムーズに処理しています。


※FOCAL IAL3 ベリリウム振動板採用・逆ドーム型ツィーター

ミッドレンジと、ウーハーには、『Aria Series』で初めて採用された、
Flax(亜麻)製のコア材をグラスファイバーでサンドイッチした、独自の構造。
磁気回路には、上位モデル同様にファラデーリングを採用した、
低歪みの磁気回路『NIC(ニュートラル・インダクタンス・サーキット)』を搭載しています。

またミッドレンジのエッジには、『Sopra Series』で初採用されたTMDが採用されています。

ミッドレンジと同サイズの165mmのウーハーは、
素材としては同じFLAXを採用していますが、更に厚みを増す(1.67倍)と共に、
サンドイッチするグラスファイバーも厚みを増して(2倍)、更に強度を高めています。


スピーカーの最上面には強化ガラスが採用され、響きをコントロール。
足元にはアルミダイキャスト製のフットが取り付けられており、
上位モデル同様にデカップリングされたスパイクが取り付けられています。



今回は、より使いやすく、設置性も上がった、
魅力的なFOCALの最新モデルをじっくりとお聴き頂けます。



FOCAL 新製品 Kanta No.2 試聴会

開催日 : 5月26日(土)
開催時間 : 14:00~16:00 ※約2時間を予定しています。
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店試聴室

<使用機材>
FOCAL Kanta No.2 : トールボーイ型スピーカー NEW

LUXMAN
 ・D-08u : SACDプレーヤー
 ・L-509X : プリメインアンプ
 ・CL-38uC : 真空管プリアンプ
 ・MQ-88uC : 真空管パワーアンプ


お席のご予約はこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc544xw7ZKJYuUpgBE2a5kBQ2k7eyJdaOomXO2Fp2Mq9Ebokw/viewform


お電話でもお席のご予約を承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603



FOCAL Kanta No.2 トールボーイ型スピーカー NEW
定価1,200,000円(ペア/税別)

形式 : 3ウェイ・4スピーカー、バスレフ型
搭載ユニット
 ・ツィーター : 27mm IAL3・ピュアベリリウム・インバーテッドドーム型*1基
 ・ミッドレンジ : 165mm Flax・NIC・TMD・Wサンドイッチコーン型*1基
 ・ウーハー : 165mm Flax・NIC・Wサンドイッチコーン型*2基
周波数特性 : 35Hz~40kHz (±3dB)
低域再生能力 : 29Hz (-6dB)
能率 : 91dB/2.83V/1m
インピーダンス : 8Ω (最低3.1Ω)
クロスオーバー周波数 : 260Hz/2,700Hz
サイズ : W321mm*H1,118mm*D477mm
重量 : 35kg




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。