最新の更新

コストパフォーマンスの高さが話題!!貴重なPCOCCを使用した、BJ ELECTRIC製ケーブルの取り扱いを開始しました。

BJ ELECTRICは1991年に、 オーディオ機器メーカー出身の石河信彦氏により設立されました。 現在では生産完了となりましたが、手のひらに乗る様な小型音響機器製品の他、 音響用ケーブルの開発製造および楽器用アンプのモディファイ等を行っています。 今回取り扱いを開始...

2018年7月1日日曜日

【期間限定デモ】Mark Levinsonのプリメインアンプ『No.585』を期間限定でご用意しています。

アメリカを代表する高級機ブランド・Mark Levinsonの、
プリメインアンプ『No.585』を、期間限定でご用意しました。


※Mark Levinson No.585 USB-DAC機能搭載プリメインアンプ

入力部、スピーカー出力部を左右に振り分けたデュアルモノラル構成。


※Mark Levinson No.585 背面

アナログ入力部の左右チャンネルはミラーイメージで配置され、
各回路の差を抑えるように設計されています。
もちろんボリュームは、同社のプリアンプにも搭載される、
抵抗器とアナログ・スイッチを組み合わせた、ステップアップ式アッテネーターを採用。
プリアンプ部はフル・ディスクリート構成で、同じくディスクリート構成のアッテネーターは、
最短の信号経路を実現する為に、プリアンプの基板上に配置されています。


※Mark Levinson No.585 内部

パワー部は左右同一回路を、電源部を挟んで配置。
フロント寄りに配置されるトロイダルトランスは900VAの大容量です。

出力は8Ω負荷時で200w。4Ω負荷時で350wの定格出力を誇ります。
また、2Ω負荷までの動作を保証しています。

現代のアメリカ製アンプらしくUSB-DAC機能も搭載されています。
DSD系・最大5.6MHzに対応するUSB-B端子の他、
光と同軸のデジタル入力が各2系統、AES/EBUのデジタル入力を1系統と、
合計6系統の豊富なデジタル入力を装備しています。

またMM/MCに対応したフォノイコライザーを搭載した、
『No.585.5』も新たに登場しました。



また7月2日(月)までは、試聴会で使用した、
話題のMAGICOの新型スピーカー『A3』との組合せでお聴き頂けます。


※MAGICO A3 トールボーイ型スピーカー NEW

アメリカ・ハイエンド・システムの魅力をぜひ時の機会にご体験下さい。

MAGICO『A3』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2018/05/630magicoa3.html



Mark Levinson
No.585 USB-DAC搭載プリメインアンプ
定価1,300,000円(税別)

定格出力 : 200w+200w(8Ω)、350w+350w(4Ω)
アナログ入力 : XLR*1系統、RCA*3系統
アナログ出力 : RCA*1系統(可変/固定切換可)
デジタル入力
・USB-B端子*1系統
 ・DSD系・最大5.6MHz、PCM系・最大192kHz/32bit ※DoP非対応
・AES/EBU*1系統、RCA、光*各2系統 : 最大192kHz/24bit
ダンピングファクター : 400以上
サイズ : W438mm*H193mm*D507mm(突起部含む)
重量 : 32.6kg


No.585.5 フォノイコライザー搭載モデル NEW
定価1,600,000円(税別)

搭載フォノイコライザー
・RIAAフィルター周波数特性 : 20Hz~20kHz(±0.3dB)
・MMカートリッジ
 ・負荷抵抗 : 47kΩ
 ・容量負荷 : 50pF/100pF/150pF/200pF/680pFから選択
 ・ゲイン : 40dB@1kHz
・MCカートリッジ
 ・負荷抵抗 : 20Ω/33Ω/50Ω/66Ω/100Ω/200Ω/330Ω/550Ω/1,000Ω/47kΩから選択
 ・容量負荷 : 50pF
 ・ゲイン : 40dB/60dB/70dB@1kHzから選択

その他は『No.585』と同一となります。


※Mark Levinson No.585.5 背面




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。