最新の更新

コストパフォーマンスの高さが話題!!貴重なPCOCCを使用した、BJ ELECTRIC製ケーブルの取り扱いを開始しました。

BJ ELECTRICは1991年に、 オーディオ機器メーカー出身の石河信彦氏により設立されました。 現在では生産完了となりましたが、手のひらに乗る様な小型音響機器製品の他、 音響用ケーブルの開発製造および楽器用アンプのモディファイ等を行っています。 今回取り扱いを開始...

2018年7月25日水曜日

ESOTERICから上位モデル同様の電流伝送方式『ES-LINK Analog』を搭載したエントリーSACDプレーヤー『X-05Xs』が登場します。

独自の電流伝送方式『ES-LINK Analog』を搭載した、
ESOTERIC・SACDプレーヤーのエントリーモデル『K-05Xs』が、
8月1日(水)より発売開始となります。


※ESOTERIC K-05Xs USB-DAC機能搭載SACDプレーヤー NEW

デザイン的には大きな変更はなく、
表示窓が有機ELに変更になった位ですが中身は大幅に変更されています。


※K-05Xsの有機ELによる表示窓


まず、最大の変更点は電流伝送方式の『ES-LINK Analog』の搭載です。

電流伝送は信号経路のインピーダンスの影響を受けにくく、
オーディオシステムの接続には理想と言われています。
ただし残念な事に統一規格が無く、採用するメーカーはほとんどありませんでしたが、
最近のESOTERICは、通常のXLR端子を用いての、
独自の電流伝送方式『ES-LINK Analog』を積極的に搭載しています。

現在ではESOTERICのプリメインアンプ4モデル、『Grandioso F1』、
『F-03A』、『F-05』、『F-07』が『ES-LINK Analog』の入力に対応しています。
※『F-03A』、『F-05』、『F-07』はオプションボード『OP-ESLA1』(定価50,000円/税別)の搭載が必要です。

今回『K-05Xs』は、先行で登場した『K-01Xs』、『K-03Xs』に続く、
ESITERICのエントリーモデルとして初めて『ES-LINK Analog』を搭載しました。


※K-05XsのD/Aコンバーター部

アナログ出力段を含むD/Aコンバーター部は、
『Grandioso K1』の流れをくむ、デュアルモノラル構成となっています。
左右ch基板がミラーイメージで対象に配置されているのは、
ここ最近のESOTERICの定番と言える構成です。
この構成になってから、ESOTERICの魅力である音像の実在感と、ディテール描写に、
広がりのある空間表現力が加わり、より多くの方から評価される事になりました。

D/A変換には、旭化成エレクトロニクス社の32bitDACチップ『AK4493』を、各ch2基搭載。
DACチップを複数使用する事で、34bit精度でD/A変換を行う、
『34bit D/Aプロセッシング・アルゴリズム』を採用しています。

通常のアナログ出力に関しては、
上位モデル同様の『ESOTERIC-HCLD(High Curent Line Driver)』へと、
アップグレードされています。 ※従来は『ESOTERIC-HCLD Type2』を搭載。
この出力回路をチャンネル辺り2回路搭載しており、
アンバランス出力(RCA端子)時には、2回路をパラレル(並列)で使用し、
バランス出力(XLR端子)時にはディファレンシャル(差動)で使用する事で、
どちらの出力でも搭載されるデバイスの能力をフルに活用する構成になっています。


もちろん搭載されるドライブメカは、ESOTERIC独自の『VRDS-NEO』メカ。


※K-05Xsに搭載されるVRDS-NEOメカ・VMK-5

SACDトランスポートの『P-05X』にも搭載される高品位メカで、
ディスク回転時の面ブレを抑える事で読取精度を高めています。


これらの回路、メカを支える電源部の容量アップと、
コンデンサー類の高品質化も合わせて行われています。


最新のモデルですから、USB-DAC機能も含めデジタル入力も充実しています。


※ESOTERIC K-05Xs 背面

USB入力は、DSD系・最大22.5MHz、PCM系・最大768kHz/32bitに対応しています。
また光と同軸のデジタル入力も、PCM系・最大192kHz/24bitに対応するだけでなく、
DoP方式によるDSD・2.8MHzの入力にも対応しています。
またPCM系の信号を最大768kHzまでアップコンバート可能。
さらにDSD・22.5MHzへの変換も行える、多彩なD/Dコンバート機能も有しています。



ESOTERIC K-05XsUSB-DAC機能搭載SACDプレーヤー NEW
定価650,000円(税別) 8月1日(水)発売開始

アナログ出力
 ・RCA*1系統
 ・XLR*1系統 / 切替えて『ES-LINK Analog』出力端子としても使用
デジタル出力 : 同軸、光各1系統
デジタル入力
 ・同軸、光*各1系統 : PCM系・最大192kHz/24bit、DSD系・2.8MHz(DoP入力)
 ・USB-B端子*1系統 : PCM系・最大786kHz/32bit、DSD系・最大22.5MHz
クロックシンク : BNC*1系統
 ・入力インピーダンス : 50Ω
 ・入力可能周波数 : 44.1、48、88.2、96、176.4、192kHz/10、22.5792、24.576MHz
サイズ : W445mm*H132mm*D357mm(突起物含む)
重量 : 約15.1kg


ご予約受付中です。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603


ESOTERIC『K-05X』の展示品処分も行っています。


ESOTERIC K-05X USB-DAC機能搭載SACDプレーヤー
定価580,000円(税別) → 展示品処分特価398,000円(税込)


ESOTERIC『K-05X』の展示品は完売しました。




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。